いちご鼻はもういや!毛穴の汚れを落とすコツ

鼻パックしている人
黒くブツブツしたいちご鼻になってしまうと、鏡を見るたびに憂鬱(ゆううつ)な気持ちになっちゃいますよね。しかも一度できてしまうとなかなかきれいにならないので、ケア方法を模索されている方も多いのではないでしょうか?
実はこの毛穴の詰まり、いつものスキンケアにひと手間加えるだけでかなり取れやすくなるんです!今日はいちご鼻ができる原因と対策方法について詳しくレクチャーします。ぜひご覧ください。

いちご鼻の原因は皮脂・古い角質・活性酸素!

手で苺を持っている写真

皮脂や古い角質が詰まると白い角栓になる

毛穴に皮脂や古い角質、ホコリなどの汚れが混ざって詰まると、白いブツブツとした角栓ができてしまいます。これは皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れによって古い角質が肌にとどまり、角栓ができやすい肌状態になってしまうことが原因です。

白い角栓が活性酸素で酸化されると黒く変色していちご鼻に

詰まってしまった角栓は、活性酸素によって酸化すると黒く変色します。これがいわゆるいちご鼻の状態です。
鼻は特に空気や紫外線に触れやすい部分なので、角栓が酸化されやすく毛穴の黒ずみがより目立ってしまうのです。

皮脂の分泌過剰は男性ホルモンによって引き起こされる

角栓の原因である皮脂の分泌は、男性ホルモンの分泌量に影響されることが分かっています。男性ホルモンの分泌量が増加すると、皮脂の分泌量も増加するのです。
皮脂の過剰分泌は毛穴の詰まりだけでなく、毛穴の開かせる原因にもなるので、早め早めのお手入れが大切です。

いちご鼻をきれいな毛穴に戻すためのポイント

鼻に手をあて鏡を見る人

毛穴をゆるめてやわらかくするのがポイント

洗顔前に小鼻を温める

洗顔の前には小鼻を温めて毛穴を開かせ、皮脂をゆるめておきましょう。人肌程度の蒸しタオルやスチーマー、お湯を張った洗面器などできる範囲のものでかまいません。半身浴などでしっかりと温めることができればなお良いですね。

しっかりと泡立てた洗顔料で包み込むように

洗顔はしっかりと泡立てた洗顔料で顔全体を包み込むように洗います。ゴシゴシと強い刺激を加えて洗うのは、肌への負担となるので、やわらかく洗いましょう。

保湿ケアはしっかりと

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌を引き起こしたり、ターンオーバーの周期を乱して古い角質の排出を滞らせたり、さまざまな悪影響を及ぼします。
洗顔後はしっかりと肌を保湿して、古い角質がスムーズに排出されるようにターンオーバーを整えてあげましょう。

美容液で小鼻をマッサージして柔らか毛穴に

スキンケアの仕上げに、美容液を浸透させながら指先を使った小鼻のマッサージで毛穴を柔らかくしてあげましょう。
普段からマッサージをしておくことで毛穴が柔らかくなり、汚れも取れやすくなります。

ビタミンCとビタミンEがおすすめ

いちご鼻対策としてスキンケアに取り入れてたい美容成分は、ビタミンCとビタミンE!
ビタミンCは皮脂抑制作用やターンオーバーの促進などさまざまな美肌効果が期待できます。ビタミンEには抗酸化作用があり、油に溶けやすいので毛穴に詰まっている皮脂の酸化防止が期待できます。
ビタミンCにも高い抗酸化作用がありますが、水溶性ビタミンのため、皮脂の酸化防止には向いていません。2種類のビタミンは、それぞれの得意な部分を生かして毛穴の黒ずみケアをサポートしてくれる成分といえます。

スペシャル洗顔で毛穴の詰まりをオフ

吸着力の高いクレイ洗顔や、たんぱく質(古い角質)汚れを分解してくれる酵素洗顔などを定期的に行って、毛穴の汚れを大掃除してあげましょう。ただし、洗顔後はしっかりと保湿ケアをすることを忘れずに!

規則正しい生活で男性ホルモンをコントロール

皮脂の過剰分泌を防ぐためには男性ホルモンの分泌量を増やしすぎないことが大切です。男性ホルモンの分泌は、睡眠不足やストレスによって増加することが分かっています。規則正しい睡眠とストレスをため込まない生活を心がけていきしょう。

毛穴ケアのNG行為

無理やり皮脂を押し出さない

毛穴の黒ずみが気になるからといって、無理やり押し出したり引っ張り出すやり過ぎケアは、肌を傷める原因となります。
どうしても気になるなら、専門店でバキュームなどのお手入れを受けてみるのも良いでしょう。

冷水で毛穴は引き締まらない

毛穴を引き締めるために冷水ですすぐという方法が紹介されていますが、皮膚は筋肉と違って運動能力はなく、冷水ですすいでも毛穴が縮むことはありません。反対に肌に急激な温度変化を加え続けると、赤ら顔になる原因にもなるので、冷水ですすぐのは気分転換以外の効能はないといえます。

おわりに

皮脂は本来、肌の表面に皮脂膜を作って細菌などから肌を守り、肌に潤いやツヤを与えてくれる大切な成分です。詰まりを取り除いてスムーズな皮脂分泌ができる肌にすることは、美しく元気な肌を保つことと同じと言っても過言ではありません。
皮脂を取り除かなきゃ!と躍起になるのではなく、適切な皮脂量をキープできる肌作りを目指していきましょう。

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう