美肌レーザーと同じ効果がある?「氷水洗顔」の魅力と注意点

美肌レーザーと同じ効果がある氷水洗顔ってなに?

美容家たちが実践するスキンケアとして一躍有名になった「氷水洗顔」。その名の通り、氷でお肌を冷やすこの洗顔方法は、やり方を間違えると美肌どころか肌ダメージの原因になることも。
今回は、気になる氷水洗顔の効果と、正しい氷水洗顔の手順を見てみましょう。

話題の「氷水洗顔」とはどんなもの?

氷水洗顔とは

「氷水洗顔」とは、氷の冷却作用を利用した洗顔方法であり、本来は洗顔の直後に氷でお肌を一気に冷却させるスキンケアです。
いわゆる「氷マッサージ」と重複する部分もありますが、ポイントは洗顔から時間を空けずに一気にお肌を冷却すること。洗顔直後のお肌をスピーディーにクールダウンすることで、さまざまな美容効果が期待できます。

氷水洗顔で期待できる効果とは?

氷冷洗顔は毛穴を引き締めて、化粧ノリをよくすることが期待されていて、その効果は美肌レーザーに匹敵するともいわれています。オイリー肌でお悩みの人にとっては、過剰な皮脂を抑えるのにも効果的です。
さらに、氷で冷却する際の刺激によってお肌の血行促進を助け、代謝アップにも有効です。

危険!間違った「氷水洗顔」が拡散中

魅力的な氷水洗顔ですが、その名前のせいか間違えた方法が広まってしまっています。誤った方法で洗顔をしても、スキンケアどころか肌ダメージの原因になることも。正しい氷水洗顔の方法を知った上で実践しましょう。

正しい氷水洗顔の方法をご紹介

正しい氷水洗顔

いきなり氷水で洗顔しても、汚れが落ちずにお肌に残ってしまいます。氷水洗顔には下準備が欠かせません。まずはぬるま湯で洗顔し、顔に付着した皮脂やメイクを落としてスタンバイ。

正しい氷水洗顔の手順

意外と誤解している人が多い氷水洗顔。その正しいやり方の一つを見てみましょう。

正しい氷水洗顔のやり方

  1. 適量の氷を清潔なガーゼか布巾に包みます
  2. タオルでお肌の水滴を軽く吸い取り、準備しておいた氷をお肌にあてます
  3. 氷を軽くお肌に当てたまま、Tゾーンやあごなど、皮脂が多く分泌されるパーツから順番に、マッサージするように移動していきます
  4. 顔全体を冷やしたら、化粧水や乳液で保湿すれば完了

勘違い厳禁! 間違えやすい点をおさらい

氷水洗顔はさまざまな手法があり、自分流にアレンジできるのも魅力の一つですが、間違ったやり方では期待する効果を得られない恐れがあります。氷水洗顔をアレンジするときには、次の点に気を付けてください。

氷水洗顔のポイント

  • 冷やすのは洗顔の後
  • 直接氷水ですすぐのはNG
  • 氷をお肌にじかに当てない

トラブル肌には危険!氷水洗顔の注意点

氷水洗顔の注意点

氷水洗顔は、普段のスキンケアのプラスアルファとして取り入れたい美容法。お肌にトラブルや疾患がない時にすることが前提です。

ニキビや肌荒れが悪化するおそれも

バリア機能が低下している状態のお肌で実践すると、思わぬ悪影響につながる恐れがあります。お肌が炎症を起こしていると、氷水の刺激で悪化してしまうかもしれません。また、日頃からお肌がゆらぎがちな人や、敏感肌の人も要注意です。
氷水洗顔を試す際は、お肌の状態が良い時期を選び、最初は短時間の冷却でお肌の様子を見るようにしましょう。

氷水洗顔後はスキンケアをしっかりと

お肌に刺激を与え過ぎないためにも、氷水洗顔のあとは十分な保湿ケアが欠かせません。氷水洗顔後はお肌が引き締まるため、何もケアせずに過ごしてしまいがちですが、乾燥しやすいなので、普段使いの基礎化粧品でしっかりと保湿ケアをしてください。

おわりに

 
ベタつきがちなお肌や、ほてったお肌を心地よく引き締めてくれる氷水洗顔は、毛穴対策や代謝アップに効果的ですが、美容効果を得るには正しい手順を守ることが重要です。
今回ご紹介したポイントを押さえて、ぜひ氷水洗顔を取り入れてみてくださいね!

きゃりー
都内で営業として勤務した後、現在では美容・医療系ライターとして活動中。コスメの成分情報などマニアックなネタを好む。プライベートでは1男1女の子育てに追われ、コスメと洋服の購買欲が止まらない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう