注目の美容法!グリーンピールのメカニズムや施術の流れ・注意点

ドイツ生まれのハーブトリートメント

有機ハーブを使ったトリートメント法の「グリーンピール」はヨーロッパでは、美容関係のアワードを何回も受賞しているほど実績もある美容法として知られています。
今回は、注目のグリーンピールのメカニズムや施術の流れ、グリーンピールを受けるときの注意点を見てみましょう。

グリーンピールとは?

ドイツ生まれのハーブトリートメント

グリーンピールのメカニズムや施術の流れ・注意点

グリーンピールはドイツのシュラメック社が開発したハーブトリートメントのことで、元々はニキビや、やけど痕などの治療を目的として研究開発されました。1958年に発表されてから、ヨーロッパの美容専門雑誌が主催するBEAUTY FORUM Reader’s choice 最も結果の出るトリートメント部門で5回も1位に輝いている、歴史と実績のある美容法として知られています。

ターンオーバーの乱れを整えて肌を美しくしてくれる

ターンオーバーの乱れを整えて肌を美しくしてくれる

グリーンピールは、有機栽培されたハーブを乾燥させたものを配合したパックをマッサージによって肌に塗りこみ、自然の力で角質のターンオーバーを正常化していくことで、肌悩みを解消してくれます。

グリーンピールとピーリングとの違いは?

グリーンピールとピーリングとの違いは?

「ピーリング」と聞くと、クリニックなどで受けられるケミカルピーリングや、市販のピーリング化粧品をイメージされる方も多いと思いますが、グリーンピールとピーリングは全くの別物です。
グリーンピールは、ハーブを使ったトリートメントで、自然の力で細胞の生まれ変わりを促し、ターンオーバーを整えるのに対して、ケミカルピーリングは、乳酸やグリコール酸といったAHA(アルファヒトドキシ酸)などの酸性の薬剤を肌に塗ることで古い角質を溶かし、強制的に取り除くことで、ターンオーバーを促す施術です。市販のピーリング化粧品は、ケミカルピーリングで使用される薬剤よりもマイルドなピーリング剤で角質を取り除くものや、酵素で角質を分解するもの、スクラブで物理的に角質を除去するものがあります。
大まかに、肌細胞にターンオーバーの促進を直接働きかけるのがグリーンピールで、物理的なアプローチから古い角質を取り除いてターンオーバーを促すのがピーリングと分けられるでしょう。

ターンオーバーを整えると肌に良いことがたくさん!

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは?

肌は外側から表皮、真皮、皮下組織の3層から成り立っており、この内の表皮細胞の生まれ変わりのことをターンオーバーと言います。
表皮細胞は表皮と真皮の境目基底層で生まれ、2週間かけて徐々に外側へと移動します。そして、表皮の最も外側になる角質層に到達すると、さらに2週間ほどとどまり、最後は老廃物(あか)となって剥がれていきます。

ターンオーバーの周期は年齢やストレスで乱れる

ターンオーバーの周期は年齢やストレスで乱れる

20代の頃の肌のターンオーバーの周期は約28日間ですが、加齢やストレスなどによってその周期は乱れます。紫外線などの外的ストレスで肌荒れが起きると、ダメージを早く回復させようとターンオーバーが早まり、結果的に未成熟な細胞ができてバリア機能が低下してしまうのです。
また、加齢もターンオーバーの周期を遅らせる要因の一つ。40代に入る頃には40~50日、60歳になる頃には何と100日もかかってしまうように。ターンオーバーがとどこおると、古い角質が長く肌にとどまり、肌のゴワつきや小ジワ、さらに毛穴が詰まってニキビなどの肌荒れも起こりやすくなってしまいます。

ターンオーバーを整えることで期待できる美肌効果

ターンオーバーで期待できる美肌効果

保湿効果

肌の潤いに欠かせないセラミドは、肌のターンオーバー中に細胞内で作られ、表皮細胞が角質層に到達したときに細胞から外に放出されて、肌の水分を保ってくれています。つまり、スムーズなターンオーバーは、セラミドの生成もサポートにもつながるんです。

バリア機能の保護

ターンオーバーが乱れると未成熟な細胞が増えて角質層に隙間ができて乾燥が進み、バリア機能が低下して肌の乾燥やかゆみなどの原因になります。
ターンオーバーを整えて新しい表皮細胞が次々に生まれることで、肌のうるおいが保たれると同時に、角質層の隙間もなくなり、バリア機能が整って外部からの刺激に強い健やかな肌へと変化していきます。

シミの予防

紫外線を浴びると、表皮細胞の中にシミの元となるメラニン色素が作られるのですが、このメラニン色素を含んだ細胞が角質層に長くとどまっているほど、シミは濃く見えるようになってしまいます。
ターンオーバーがスムーズになるとメラニン色素を含んだ細胞も速やかに体外に排出されるので、シミのできにくい肌になるのです。

くすみケア

古い角質が肌にとどまり続けると肌がくすんで見えてしまいますが、ターンオーバーの滞りを解消することでこうしたくすみもできにくくなり、肌の透明感アップも期待できるでしょう。

毛穴トラブルやニキビが起こりにくくなる

肌に残ってきる古い角質は、毛穴を詰まらせてニキビなどの肌荒れを引き起こす原因にもなります。また、詰まった毛穴の皮脂が酸化して黒ずみ、いわゆるイチゴ鼻となってしまうことも。
ターンオーバーの滞りを解消すると、こうした肌荒れや毛穴トラブルの予防にもつながっていきます。

グリーンピールの手順とNG行為

基本のコースは5日間

基本のコースは5日間

グリーンピールの施術は5日間のコースが最もポピュラーですが、その他にも1日、2日、3日で完了するコースもあります。今回は、シュラメック社の開発した5日間のコースの流れについてご紹介します。

1日目:専門店でのハーブトリートメント

1日目はエステなどの専門店での施術になります。毛穴の詰まりを丁寧に落とした後、乾燥させた有機ハーブを含んだパックを肌に塗りこんでいきます。パックの塗り心地はスクラブのような感触で、結晶化した微細なハーブの成分がゆっくりとお肌に入っていきます。

2~4日目:専用の化粧品を使ってホームケア

2~4日目はシュラメック社製の専用の化粧品を使ってホームケアを行います。洗顔は行うことができないので、専用ローションをコットンにとり肌の洗浄を行います。その後ブレミッシュバルム(元祖BBクリーム)と専用のクリームを1:1で混ぜたものを肌に塗っていきます。外出時には専用の日焼け止めクリームを塗って紫外線からお肌を守ります。

5日目:専門店にてアフターケア

最終日の5日目は再び専門店に行き、お肌のチェックとアフタートリートメント。これで全ての施術が完了です。個人差がありますが、古い角質が剥がれてつるりとしたお肌を実感できるでしょう。

グリーンピールの注意点

グリーンピールの注意点

28日は間隔を空ける

グリーンピールを続けて行いたい!という場合も最低でも28日間は間隔を空けるようにしましょう。また、連続して施術を受ける回数は、年齢÷10を月1度が良いとされています。30代の方なら、毎月一回3カ月間トリートメントを受けるのが良いということになります。

化粧はポイントメイクのみ!

グリーンピール中のメイクは口紅とマスカラのみOK。ファンデーションやチーク、シャドウは毛穴に入ってトリートメントを妨げる恐れがあるので控えましょう。

グリーンピール後2ヶ月は紫外線に要注意

グリーンピールを行った後はお肌が敏感になっているので、日焼けには要注意!シュラメック社の公式サイト*によると、トリートメント後2ヶ月は日光浴や日焼けサロンに行くのは控えた方が良いとしています。

施術は認定サロンで受けよう!

グリーンピールはシュラメック社の認定サロンでのみ受けられるトリートメントですので、お店を選ぶ際には認定されているサロンかどうかを必ずチェックしてくださいね!

おわりに

いかがでしたか?自然の恵みを使ったトリートメントは、あらゆる肌悩みのケアが期待できるだけでなく、肌への優しさも考えると魅力的ですよね。お肌の調子がイマイチだな…と感じている方は、グリーンピールに挑戦されてみてはいかがでしょうか?

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう