間違えないで!ローションパックの正しいやり方と注意点について

ローションパックをしている女性

ローション(化粧水)は直接お肌につけて使う方が多いかと思います。そのほかの使いかたとして、コットンに化粧水を染み込ませてローションパックとして使うのも洗顔後の水分を補うのに便利だということ、ご存じでしたか?
今回は、そのローションパックの正しい方法と注意すべきポイントを紹介します。

ローションパックに期待できる効果とは

ローションパックの正しいやり方

ローションを手のひらに広げ、手のひらの温度で温めながらパッティングするローションパックは、保湿に有効なだけではなく、お肌の表面が水分でなめらかになることで、美容液や乳液がより吸収されやすくなります。
また、水分が均等に染みわたることで、お肌の引き締め効果だけではなく、お肌のキメを整えることもできます。

日焼けしたお肌の鎮静に

日焼けと言えば夏のイメージが強いですが、実は冬もスノーリゾートでの雪焼けや、積もった雪に太陽光が反射することで日焼けすることがあります。
日焼け・乾燥したお肌にローションパックをすることで、日焼けでダメージを受けたお肌が徐々に落ち着きます。

ローションパックの正しい方法

ローションパックの正しいやり方

ローションパックは正しいやり方でないとその効果を十分に発揮することができません。正しいローションパックのやり方は、どのようにするとよいのでしょうか。

ローションパックをするときのポイント

ローションパックをするときには、ローションの種類によって時間を調整しましょう。また、パックした部分が浮くようなら、新しいローションパックで浮いたところをカバーするするようにしましょう。

ローションパックの手順

  1. 数枚に裂けるコットンを水道水もしくはミネラルウォーターにひたします
  2. ひたしたコットンを手のひらでやさしく押さえ、コットンの水分を絞ります
  3. コットンを広げたらひたひたになるようにローションを染み込ませます
  4. ローションが染みこませたコットンを細かく裂いて、パーツごとに貼りつけます
  5. 時間がたったらパックをはがし、保湿をして完了です

ローションパックの注意点

ローションパックの注意点

使用するローションの質感を問わず、ローションパックが乾きはじめたら、すぐにはがしましょう。パックをつけたままだと、お肌そのものの水分も蒸発してしまいます。
忘れがちなのがパック後の保湿。パック後の肌は乾燥しやすいので、ローションで補った水分を乳液やクリームなどでフタをして、必ず保湿をしておきましょう!

アルコール入りのローションはNG

ローションによっては、アルコールやエタノールが入ったものもあります。アルコール類は水分の蒸発を早める特性があるので、パックに使うとお肌をより乾燥させてしまうのでローションパックにはNG。パック前にローションがアルコール・エタノールフリーか必ず確認しておきましょう。
また、肌の状態によっては、美容液入りのローションなど成分豊富なものがお肌の負担になることも。トラブルが起きたら、成分がシンプルなローションを使うよう心がけましょう。

おわりに

身近にあるローションやコットンで好きなときに実践できるローションパック。お肌の負担が少ないため、デイリーユースできる点も魅力的です。
トラブル肌の鎮静や保湿にも活躍が期待できるパックですので、ぜひやり方を覚えてトライしてみてくださいね!

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう