ニキビにも種類があった!種類ごとのケア方法を紹介

ニキビケアをする女性
あるときにふとポツリと登場するニキビ。大人になってからも悩まされ、ホルモンのバランスの乱れや生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因で引き起こされます。そんなニキビにも種類があることを知っていたでしょうか?
種類ごとによってケア方法に違いがあるので、この機会にチェックして正しいケアでニキビ解消に望んでみてくださいね。

ニキビは主に5種類ある!それぞれの特徴を知って正しいケアを

ニキビの種類ごとのケア方法

「ニキビができている」と気づいたときのニキビの色、何色でしょう?ニキビには5種類ありますが、それぞれの色で特徴に違いがあります。
もちろん、ケア方法もニキビによって変わってくるので、ニキビの炎症の段階に合った方法で処置していく必要があります。

ニキビに見えない?白ニキビ

白ニキビ

過剰分泌された皮脂や老廃物が原因?

毛穴に過剰に分泌された皮脂や老廃物が詰まって盛り上がってできているのが白ニキビ。炎症を起こす前の段階で、痛みやかゆみといったニキビ特有の症状は見られません。
このときにニキビケアをして進行を食い止めれば、この先の黒ニキビ、赤ニキビへと成長するのを防げます。またニキビ跡になってなかなか消えない事態も逃れることができるでしょう。
ただし、白ニキビだからと油断して不摂生して過ごしていると、炎症を悪化させるので注意が必要です。

基本の洗顔と保湿がカギ!白ニキビのケア方法

おでこや口周り、あごにできやすい白ニキビはニキビの初期の段階。自宅ケアで治していくことができます。
基本の洗顔を丁寧にして余分な皮脂や古くなった角質を取り除き、十分な保湿で乾燥を防ぎ、食事の見直しをして栄養のバランスのとれた食事を心がけ、特にビタミンB群の食品を多めにとるようにします。
睡眠を十分にとったり、ニキビの原因であるストレスを発散したりして生活の質を高めることも大切です。炎症を起こす前の白ニキビが次の段階へと進行するのを防ぐには、たまっているアクネ菌を外に出してあげることです。指でつぶすと悪化させてしまうこともあるので、できれば専用の器具を使うといいでしょう。

ニキビのでき始めの段階に入る黒ニキビ

黒ニキビ

古くなった角質が酸化!黒ニキビの原因

白ニキビのときにアクネ菌の増殖を放置することで皮脂の毛穴の詰まりが引き金となり、古くなった角質が酸化して黒く変色してしまいます。
黒ニキビも白ニキビと同じようにニキビのできはじめなので、早めに対処することが大切です。

洗浄成分のマイルドな洗顔料で黒ニキビケア

黒ニキビへと変化することで次第に芯が気になってきますよね。このとき強引に取り除こうとすると肌にダメージを与えることとなり、毛穴トラブルやニキビ跡の原因となる恐れがあります。黒ニキビはアクネ菌がさらに増えた段階なので、白ニキビと同様に、基本に立ち返ってまずは洗顔に力を入れていきます。
肌表面を清潔に保つためには洗顔は欠かせませんが、ゴシゴシ洗いや1日に過剰に何度も洗顔することはお肌に負担となってしまうためNG。洗顔料は刺激が少ないマイルドなものがベストですが、余分な皮脂や古くなった角質を取り除いてくれるタイプもオススメです。
ニキビ治療にとって乾燥は天敵。洗顔後のスキンケアでは保湿に注意しましょう。

アクネ菌がさらに増殖!赤ニキビ

赤ニキビ

毛穴の皮脂詰まりがひどく炎症が悪化?赤ニキビの原因とは

赤ニキビは過剰な皮脂分泌により毛穴が詰まり、皮脂が排出されずに、ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖して炎症がひどくなった状態です。アクネ菌は皮脂を栄養源として大量に増えますが、この赤ニキビの段階へ進行するとかゆみだけではなく、時には痛みも伴ってきます。

ニキビ専用スキンケア商品を使用!赤ニキビのケア

ニキビには皮脂がよくないからといって、過度な洗顔をしたり十分な保湿をしないなどの間違ったスキンケアをすると、さらに炎症を悪化させてしまいます。炎症が進行した赤ニキビのケアは保湿をしっかりすることだけではなく、ニキビ専用洗顔料やその他スキンケアアイテムを使うのがオススメです。

炎症が進みニキビが化膿(かのう)?黄ニキビ

黄ニキビ

赤ニキビを放置?黄ニキビになる原因

赤ニキビのときに処置を怠ってしまうとさらに炎症が進み、ニキビが膿を持ち、痛みを伴います。これが黄ニキビです。あごやほほ、髪の毛の生え際などにできやすいのが特徴です。

セルフケアは避けるべき?黄ニキビに必要なケアとは

黄ニキビの段階になると、セルフケアは避けたほうがいいでしょう。たとえ炎症が治まったとしてもニキビ跡として残りやすくなるため、皮膚科への受診をオススメします。黄ニキビにまで進行してしまったら触れない・つぶさないことを念頭に置いて、いかに炎症を抑えていくかを考えます。
生活習慣の改善や食事の見直しをして、洗顔料をニキビ対策用のものに切り替え、保湿を十分にすることでそれ以上の炎症の進行を抑えることが欠かせません。

ニキビ跡が心配!紫ニキビ

紫ニキビ

皮膚の内部にまで炎症が進んだ?紫ニキビの原因とは

黄ニキビの炎症がさらに進むことで皮膚内部にまで炎症が進み、血と膿の両方がたまって紫色に腫れあがっている状態が紫ニキビです。痛みはないものの炎症が皮膚の奥のほうでたまっているので、ニキビ跡になる確率が高くなります。

肌代謝を高めるのが先決!紫ニキビのケア

紫ニキビをケアするには、お肌の新陳代謝を活発にすることが効果的です。肌代謝も改善されてターンオーバーが促進されることで、ニキビ跡が解消されやすくなってきます。この他にも専用のスキンケア商品を利用して、直接ニキビ跡にアプローチする手段もあります。

おわりに

あなたのニキビ、どの段階にありますか?一言でニキビといっても5種類あり、それぞれの種類によってケア方法が異なります。今、顔にできているニキビがどれにあたるのか、まずチェックしてそのニキビに効果のあるケアを行っていきましょう。

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう