おすすめのクレンジングミルクはどれ?あなたの疑問に答えます。

おすすめのクレンジングミルクはどれ?あなたの疑問に答えます。

適度な洗浄力で刺激も低めのクレンジングミルクは、ナチュラルメイクの方や肌が弱い方にぴったり!でも、落とせるメイクの範囲や正しい使い方をきちんと理解しておかないと、メイクが落としきれなかったり、かえって肌に負担をかけたりすることもあります。
そこで今回は、クレンジングミルクの特長から使い方、おすすめの商品まで、詳しく解説していきます。

クレンジングミルクってどんなもの?他のクレンジング剤との違いは?

配合されている油分が少なく水分が多い

油分が少なく水分が多い
クレンジング剤にはメイクを落とすために油分と水分そしてそれらを混ぜ合わせるための界面活性剤が配合されていますが、その油分と水分のバランスにより、オイル、ジェル、クリーム、ミルク、リキッドとタイプが分かれています。メイク用化粧品は油でできているので、油分が多いほどメイクとのなじみがよく、洗浄力が強くなります。
クレンジングミルクの特長は比較的油分が少なく、水分が多めのクレンジング剤でテクスチャーは乳液に近く、洗い上がりがさっぱりしていること。水分の一部は肌に浸透するので、スキンケア効果が期待できるのもポイントです。

洗浄力が弱めなので肌に優しい

肌に優しい
クレンジングミルクは水分が多めで、オイルクやクリーム、ジェルタイプのクレンジングと比較して洗浄力はやや弱め。肌に必要な油分を取り過ぎることがなく、肌トラブルや乾燥しにくいというメリットがあるので、肌の調子が良くないときは、メイクも薄めにしてクレンジングミルクを使うと肌の負担を減らすことができます。

洗い流すタイプとふき取りタイプがある

洗い流しと拭き取りタイプ
クレンジングミルクには手で直接肌になじませてメイクを浮かせ洗い流すタイプと、コットンなどにつけてメイクをふき取るタイプの2種類があります。
使い勝手の良い方を選ばれると良いと思いますが、肌への負担を考えるとコットンの摩擦が生じるふき取りタイプよりも、洗い流すタイプがおすすめです。

クレンジングミルクで落とせるメイクの濃さはどのくらいまで?

BBクリーム・パウダーファンデーションはOK!

BBクリーム・パウダーファンデーションはOK!
CCクリーム、BBクリーム、ミネラルファンデーション、パウダーファンデーションといったベースメイクはクレンジングミルクで落とせます。ナチュラルメイクなら、クレンジングミルクできれいにメイクをオフ。

ポイントメイクは専用リムーバーであらかじめ落とそう

専用リムーバーであらかじめ落とそう
ベースメイクは控えめでも、濃いめのポイントメイクをしているときには要注意!お湯で落ちるマスカラなら問題ありませんが、ウォータープルーフのマスカラや密着度の高い口紅はクレンジングミルクでは落としきれないので、専用のリムーバーであらかじめ落としておきましょう。

リキッドファンデーションなどはより強いクレンジング剤

リキッドファンデーションはクレンジングで落とす
リキッドファンデーションや油性のエマルジョンファンデーション、ウォータープルーフタイプの日焼け止めなどを使ってしっかりメイクをされていると、クレンジングミルクではきれいに落とすことができません。ばっちりメイクをした日はオイルやクリーム、ジェルタイプの洗浄力の強いクレンジング剤で、しっかりメイクを落としてあげましょう。

これで完璧!クレンジングミルクの正しい使い方

専用のリムーバーでポイントメイクをオフ!

専用リムーバーでポイントメイクをオフ
専用のリムーバーを使ってマスカラや口紅を落としておきましょう。多少メイクが残っていても、クレンジングで落とせるので大丈夫!ある程度落とせたら、次のステップへ進みましょう。

乾いた手に適量のクレンジングミルクをたっぷり取る

乾いた手にたっぷり取る
手が濡れたままだったり、使う量が少なかったりするとクレンジング効果が落ちてしまうので、必ず乾いた手使用量を守ってたっぷりと使うのが大切です。もったいないからと量を減らしてしまうと、それだけ肌への摩擦が強くなり、ダメージの原因となるので注意しましょう。

手の平でクレンジングミルクを温める

手のひらで温める
クレンジングミルクは水分と油分が混ざったものですが、表面に水分の層がありその中に油分を包み込むような構造をしています。外側が水分で覆われているので、オイルクレンジングなどと比べてつけ心地がサラッとしています。
そのクレンジングミルクを手のひらで温めると、油分が水分の層の内側から出てくる転相という現象が起こります。転相により、メイク汚れ(=油分)に良くなじむようになるので、短時間でしっかりとメイクを落とすことができます。ほんのひと手間で肌の負担軽減にもなるので、ぜひ取り入れてみてください。

顔全体に優しくなじませてメイクをオフ

顔全体になじませる
温めたクレンジングミルクを指の腹を使ってマッサージをするように、顔全体になじませます。クレンジングミルクはオイルクレンジングやジェルクレンジングと比べるとなじむまでに時間がかかるので、じっくりとメイクを落としていきましょう。1分程度なじませたら、洗い流していきます。

少量のぬるま湯で軽くすすぐ

少量のぬるま湯ですすぐ
まずは少量のぬるま湯で軽くすすいでいきます。するとお湯が白くにごってくるのですが、これはメイク汚れを包み込んだ油分が再び水分の層の内側に取り込まれている証拠。油分が水分の層に包まれることで、次のすすぎでしっかりと汚れを洗い流すことができるのですよ。

ぬるま湯でしっかりとすすぐ

たっぷりのぬるま湯ですすぐ
最後にたっぷりのぬるま湯ですすぎ、メイクを落としきりましょう。

おすすめのクレンジングミルクはこれ!

プチプラからブランドまで。おすすめのクレンジングミルク3選

おすすめのクレンジングミルク3選
手頃な価格帯のものから、高価なブランドのものまで、クレンジングミルクはさまざまな種類があります。最後におすすめしたいクレンジングミルクをご紹介。

ダヴ モイスチャーミルク クレンジング

ダヴ モイスチャーミルク クレンジング

ユニリーバジャパン
ダヴ モイスチャーミルク クレンジング

  • 内容量|195mL(本体)・180mL(詰め替え用)
  • 価 格|-
  • 発売日|2015年9月14日
おすすめ度 ★★★★

4.7

さくら

うるおい美容液ニュートリアムモイスチャーを配合したダヴのモイスチャーミルククレンジングは、しっとりとした洗い上がりで肌が乾燥気味の方にもおすすめしたい一品。やや重めのテクスチャーで肌にも良くなじみ、メイクもしっかり落としてくれます。店頭価格が600円前後とお手ごろなのも魅力的ですね。

カウブランド 無添加メイク落としミルク

カウブランド 無添加メイク落としミルク

カウブランド
無添加メイク落としミルク

  • 内容量|150mL(本体)・130mL(詰め替え用)
  • 価 格|879円(本体・税抜)/701円(詰め替え用・税抜)
  • 発売日|2015年10月1日
おすすめ度 ★★★★★

4.9

さくら

こちらは牛のイラストで有名な牛乳石鹸が開発した無添加のクレンジングミルク。肌への優しさを考え、アレルギーを起こす可能性のある原料を配合しない低刺激処方となっている点が特長です。さらに潤い成分としてセラミドも配合されているので、洗い上がりも突っ張りません。リーズナブルで詰め替え用もあるのでたっぷり使えるのが嬉しいですね。

L’ORACLE(オラクル) メイクアップリムーバーミルク

L’ORACLE(オラクル) メイクアップリムーバーミルク

メゾンクレシア
L’ORACLE(オラクル) メイクアップリムーバーミルク

  • 内容量|150g
  • 価 格|5000円(税抜)
  • 発売日|2013年5月21日
おすすめ度 ★★★★

4.6

さくら

数十万種類もある植物の中から、スキンケアに有用なものを厳選して配合しているオラクルのスキンケアシリーズ。クレンジングミルクにもオリーブ油やヒマワリ種子油、ニンジン根エキスなど多くの植物成分が配合されていて、メイクを落としながら肌をやわらかくほぐしてうるおいを与えてくれます。年齢による肌の乾燥が気になる方や、肌への負担をできるだけ減らしたいという方におすすめしたいクレンジングミルクです。

おわりに

メイクをする女性にとって日々のクレンジングは欠かせないものですが、必要以上に洗浄力の高いものを使うのは肌にとって良いことではありませんよね。
いつも同じクレンジングを使うのではなく、その日のメイクの濃さに合わせてクレンジングも選べるようになると美肌マスターへと一歩近づけます。

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

error: コンテンツは保護されています!