実は何も必要ない!?スキンケアをしないと肌はどうなる?

実は何も必要ない!?スキンケアをしないと肌はどうなる?
「毎日スキンケアをするのがめんどくさい!」「化粧水やクリームって本当に意味があるの?」と思う方、結構いるようです。
今回はスキンケアをしない場合、肌がどのような状態になるのかを元美容部員のわたしが解説していきます!

保湿不足がすべての肌悩みにつながる

肌トラブルの原因は乾燥
肌に起こる不調にはさまざまなものがあります。吹き出物や毛穴の開き、ざらつき、シミ、シワ、たるみ…
実はこの悩みのほとんどは乾燥が関係していることをご存じですか?
そして肌の乾燥はおろそかなスキンケアから引き起こされていることが多いのです。

クレンジング後、洗顔をおろそかにする人

洗顔をおろそかにする
メイクを落とした後、洗顔はせずにそのまま化粧水をつけてしまう人が案外多いのではないでしょうか。メイクが落ちたら肌の汚れがすべてとれたと思っていたら大間違いです!
クレンジングはファンデーションや皮脂などの油性の汚れ、洗顔は汗やちり、ほこりなどの水性の汚れを落とします。どちらか1つでは顔の汚れは残ったままになってしまいます。汚れが残ったままの肌に高価な化粧水をつけても、なかなか浸透していかないので乾燥が進んでしまいます。
まずは汚れをしっかり落とすことからはじめましょう!洗顔こそスキンケアの基本です!

クリームはべたつくから化粧水だけの人

化粧水だけ
お風呂上がり乾燥するので化粧水はつけるけど、顔がべたべたするのが嫌だからクリームはつけないという人。化粧水だけでももちろん肌の保湿は可能ですが、肌に入れた水分は時間がたてば蒸発してしまいます。

油分を含んだクリームは肌の表面に密着して、水分を逃さないためのフタの役割を果たします。フタをしなければ肌の水分が蒸発してしまうのは当然、化粧水の意味もなくなってしまいます。

べたつきが気になる人はクリームをなじませた後、ティッシュで肌表面の油分を抑えればOK。美容成分は目に見えないほど細かく、皮膚の奥に吸収されているので表面の油分を抑えるのは問題ありません。

「皮脂が出やすいからスキンケアはいらない」は大間違い!

スキンケアの必要性
もともと皮脂が出やすい肌質だから、スキンケアなんてしなくても肌は乾燥しないというのは大間違いです!
顔から皮脂が分泌される理由は、肌が乾燥していることが原因の可能性があります。これ以上肌から水分が逃げていくのを防ぐために、油分を分泌することで表面に油膜を張っているのです。乾燥が進めば進むほど、脂ぎったテカテカの肌になってしまいます!

また油分の多い肌は吹き出物ができやすく、毛穴に皮脂が詰まって開いてしまう原因にもなるので注意が必要です!

できてしまったシミがいつまでも消えないのも乾燥が原因

消えないシミ
いつのまにか顔にあらわれたシミ。「いつまでも消えないどころか濃くなっている…」という人は肌が乾燥している可能性があります。
本来、肌内部が水分で満たされていれば、新しい細胞が生まれてシミの部分が薄くなっていくもの。いつまでもシミが消えないのならば、肌の細胞が入れ替わらない、代謝の悪い状態になっていることが考えられます。

過度なスキンケアより基本を丁寧に

丁寧なスキンケア
スキンケアが面倒に感じる人は、「あれもこれもやらないといけない」なんてイメージを持っていませんか?
実際に必要なスキンケアはとてもシンプルなんです。毎日のメイクの汚れをきちんと落として肌表面がきれいな状態に水分を丁寧に入れ込み、さらに水分が逃げないようにフタをしてあげるだけです。

うるおいのある肌はキメが整い、ふっくらとしてなめらかです。毛穴も目立たないしファンデーションもきれいに仕上がります。肌ダメージによって引き起こされたシミやシワ、たるみも肌の代謝を上げてあげれば少しずつ改善できるといわれています。

難しく考えず、できることから丁寧に行うことが大切です!

おわりに

高価な化粧水やクリームをたくさん使うより汚れを丁寧に落とし、時間をかけて肌にうるおいを与えていくやり方のほうが効果を実感できる可能性があります。
「何事も丁寧に」が大切です!今日から実践してみてください!

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう