気になる目元は念入りなケアを!アイクリームの効果と正しい使い方

アイクリームを塗る女性
夕方、メイク直しをしようとして朝、なかったシワを目元に見つけてびっくりしたことはありませんか?顔の中でも目元は年齢や疲れが出やすいパーツ。「まだ、早いかも?」なんて思わず、1日でも早くアイクリームを使ったお手入れをはじめましょう。
今回は、アイクリームの効果と正しい使い方を詳しく解説していきます。

目元の肌が老化しやすい理由とは

皮膚が薄く乾燥やダメージに弱い目元の肌

ほほや額などに目立ったシワのない20代の女性でも、目元に細かい「ちりめんジワ」ができることがあります。まずは目元にシワができるメカニズムを理解しておきましょう。
目元の肌は顔の他の部分の肌と比較すると3分の1程度の厚みしかなく、肌の保湿機能とバリアー機能を維持している表面の角層も薄め。水分保持がしにくく、肌が乾燥しやすくなります。肌は乾燥すると角層の細胞が厚くなってごわつき、すき間ができるようになります。これが目元の乾燥ジワの正体です。
目元は汗腺や皮脂腺が少なく、自ら潤うことはできません。乾燥によってバリアー機能が減退すれば、さらに外部刺激からのダメージも受けやすくなります。乾燥による小じわはアイクリームなどで保湿することで改善できます。深いシワが刻まれる前に、ケアをはじめましょう。

若いうちはお手入れがおろそかになりがち?

目の周りは皮脂線が少ない分、ニキビもできなければ毛穴が開くこともありません。顔の他のパーツよりトラブルが起こりにくいのはメリットですが、それだけお手入れがおろそかになりがち。
20代の皆さんの中には「アイクリームはまだ必要ない」と考える人も少なくないかもしれません。しかし、最近はパソコンやスマホの普及によって若いうちから血行不良や眼精疲労などが原因のシワに悩まされる人が多く、以前よりも老化が進みやすい環境と言えます。
アイクリームはできればエイジングサインが現れていない20代のうちから使いはじめるべきです。早めにお手入れをはじめることで、5年後のあなたは、周りより若々しく見えるはずです。

アイクリームを使うべき理由とは

クリームや乳液でも代用は可能

「アイクリームじゃなくて、普通の乳液やクリームじゃだめなの?」「アイクリームは高いから、買うのを考えてしまう…」こんな声もよく聞きます。
結論から言うと、目元のケアは乳液やクリームでもできますが、目元の肌は薄くデリケート。配合されている成分によっては目元への使用を控えるべきものもあるので、含まれている成分には注意する必要があります。
目元専用に作られているアイクリームなら、安心して使うことができます。また、乳液やクリームではベタつきやメイクのヨレが気になることもありますが、アイクリームは浸透性の高い、マットなテクスチャーのものがほとんど。メイクにひびいたり、ベタつきによる不快感を覚えたりすることもありません。

アイクリームの選び方

20代、30代のうちから何万円もするアイクリーム使う必要はないでしょう。オススメは細胞間脂質であるセラミドや天然保湿因子(NMF)であるアミノ酸を配合したアイクリーム。肌がもつ保湿機能とバリアー機能を高めてくれます。

フローフシ THE アイクリーム

手ごろな価格でも理想のアイクリームは作れる、というコンセプトで作られたアイクリーム。パソコンやスマホの連用でこわばった目元をゆるめてから、ペプチド(アミノ酸)で保湿、肌なじみのいいシアバターで潤いを閉じ込めるという今ドキの女子にぴったりなアイテムです。価格は通常購入で税抜き2,500円。

キュレル アイゾーン美容液

セラミドで穏やかに保湿してくれる目元用美容液。角層浸透性パック処方で目元の薄い角層にもしっかりセラミドがとどまって保湿してくれます。オープン価格ですが相場は2,000円前後。

アイクリームの正しい使い方

アイクリームの正しい使い方

アイクリームを使う正しい順序と塗り方

アイクリームは少ない量に対して、値段が高め。せっかくなら、効果は最大限に発揮させたいもの。でも、「アイクリームを買ったはいいけど、塗る順番が分からない」という人もいるのではないでしょうか。アイクリームの正しい使い方を見てみましょう。

アイクリームは、洗顔→化粧水→美容液→乳液→アイクリーム→クリームの順番で使用します。目元に使用する美容液や乳液は少な目でOK。清潔な肌に使用しましょう。

手の甲で温め、点で肌におくようにのせる

まずは適量を手の甲にとって温め、薬指を使って点で肌におくようにのせます。薬指なら余分な力が入ることがないため、目元の肌を刺激しないで済みます。

指の腹でやさしく伸ばす

指の腹を使ってやさしく、目頭から目尻に向かって伸ばすのがコツ。力を入れるとシワができやすくなるので注意しましょう。

中指と薬指でじんわりプレス

最後に中指と薬指をそろえて、肌をじんわりとプレス。アイクリームを浸透させて終了です。

おわりに

目元は乾燥によってシワができやすいパーツ。放置しておくと、深いシワが刻まれることになってしまいます。
アイクリームを使ったお手入れで、ピンと張りのあるイキイキとした目元をキープしましょう!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!
No tags for this post.