一度使ったらクセになる!全身の保湿ケアができるオーガニックバームとは

肌ケアをする女性のイメージ
顔だけでなく全身に使えるので世代を問わず注目を集めはじめているのが、注目を集めているのが天然由来の「オーガニックバーム」です。
今回は、オーガニックバームの効果や、使い方を見ていきましょう。

オーガニックバームとは?

化粧品ボトルのイメージ

そもそもバームとは「軟膏」のこと。日本では「ワセリン」と呼ばれるものをよく耳にするのではないでしょうか?「オーガニックバーム」とは、天然成分が含まれた軟膏のイメージで、肌表面に膜を作って保湿する、保湿クリームに似たアイテムです。
テクスチャーは半固形で、一般的なクリームより硬いのが特徴です。元々はハーブでできた家庭薬のような位置づけでしたが、現在は美容の目的で広く使われています。

オーガニックだから安心して使える

オーガニックバームは医薬品とは異なり、時間をかけて肌の状態を改善するアイテム。天然由来のオーガニックバームは、世代を問わず比較的安心して使用することができます。
また、肌だけでなく髪の毛や爪、リップケアにも使える万能アイテムなので、全身まとめて保湿できる時短アイテムとしても人気です。テクスチャーは油膜感があるので、多少べたつく感じがします。寝る前のスキンケアとしてオススメです。

使い方は保湿がメイン

保湿がメイン

オーガニックバームは保湿の役割を果たすアイテムなので、まずは「化粧水」で肌に水分を補給してから、ふたをするように重ねて使うのが基本です。

スキンケア・ヘアケアとして全身に使える

バームは少し硬めのテクスチャーなので体温で溶かすようにして肌に塗ります。油分感が強くベタベタするので、つけすぎないのがポイント。また、テクスチャを生かしてパーツケアのアイテムとしても使うことができます。

パーツ別!オーガニックバームの使い方

パーツ別のオーガニックバームの使い方

油分が多めのテクスチャが特徴のオーガニックバームは、保湿ケアをメインにさまざまなパーツケアに利用することができます。パーツごとのオーガニックバームの使い方を見てみましょう。

ヘアケア

パサつく毛先や紫外線を浴びていたんだ髪の毛に使うことができます。バームを手のひらで伸ばしあたためてから薄く髪全体にワックスを付けるのと同じ様に伸ばします。

ボディケア

オーガニックバームは頭の先から足の先まで使うことができるので、顔だけではなく首や腕足などの保湿ケアにも有用です。乾燥してカサカサのお肌ではせっかくのメイクも台無し。冬だけでなく肌を露出する夏も全身の保湿は欠かせません。

リップケア

オーガニックパームは、リップケアにも使うことができます。このときにはリップクリームのように唇全体に塗りましょう。唇のかさつきや荒れ・ひび割れなどに向いています。リップパックとしてオーガニックバームを塗った上からラップでふたをして、しばらく待つ方法も効果的です。

ハンドケア・ネイルケア

オーガニックバームは、ハンドクリームやネイルオイルとしても活用できます。普段お手入れをしないという方でも、顔や体に付けた残りを手や爪に塗り込むだけで指先までお手入れができます。爪の縦筋やささくれなどが気になるときにはオススメの使い方です。

かかと・ひじ・ひざ

体の中でもお手入れを怠りがちなのがひじやひざ、かかとのパーツです。年齢を重ねるにつれて乾燥やひび割れが悪化してくるこれらの箇所は、ひどくなる前に保湿ケアが必須です。特に粉をふいている人は要注意。寝る前にオーガニックバームを塗り込み、キチンと保湿しましょう。

おわりに

オーガニックバームは頭の先から足の先まで全身使える万能アイテム。全身の保湿ケアはしていないという方にオススメできる、お手軽な保湿グッズです。
普段気にとめない箇所も、オーガニックバームを使って身ぎれいな女性を目指しましょう!

misia(みーしゃ)
美容ライターmisiaと申します。大手化粧品メーカーで美容部員を経験し、日本化粧品検定1級・2級の知識を活かしてをwebを中心に活動しております。新作コスメやメイク方法、美容など幅広い分野の執筆が得意です。有益な情報提供ができるよう心がけております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう