絶対に焼けない日焼け止めの塗り方とは?

日焼け止め

「日焼け止めをきちんと塗っていたのに日焼けしてしまった!」なんて経験はありませんか?それ、もしかしたら塗り方が間違っているのかもしれません!
今回は、絶対に日焼けをしたくないという人のために、正しい日焼け止めの塗り方についてご紹介します。

日焼け止めの塗り方

腕にクリームを塗る女性

無色透明な日焼け止めは、まんべんなく塗れているかが見えにくく、塗り方によっては塗りムラができてしまうことも。日焼け止めの塗りムラを防ぐためには、塗り方に工夫が必要です。

サッと伸ばしたら手のひらでぎゅっぎゅっ

日焼け止めを塗るときには、手にとって伸ばして定着させるイメージで、手のひらで優しく押しこみます。位置を変えながら全身に広げることで、塗りムラが少なく、きれいに塗ることができます。

日焼け止めを塗るタイミング

手の甲にクリームを塗る

まずは日焼け止めを塗るタイミングを見てみましょう。長時間屋外にいるときにはもちろん日焼け止めを使いますよね。では、一体どのタイミングで塗るのが一番良いのでしょうか。

紫外線を浴びる30分前に塗る

日焼け止めを塗るベストタイミングは、出かける30分前。外出まである程度の時間を置くことで、日焼け止めが肌になじんで、効果が最大限発揮されるようになります。

日焼け止めの塗りなおし方

日焼け止めの塗りなおし

日焼け止めの効果は長くは続かず、塗り直しをしないと意味がありません。せっかく塗った日焼け止めの効果を存分に得るためにも、塗り直しの方法も見直しておきましょう。

汗を拭いてから塗る

日焼け止めを塗りなおすときには、汗や皮脂をオフしましょう。そのまま汗や皮脂をそのままにして塗りなおしても、肌に定着せずに流れてしまいます。
塗りなおすときには、ティッシュやタオルなどある程度オフしてから、最初の塗り方を踏まえて塗りなおす
ことで、より効果が得られます。

塗りなおしにはスプレー式の日焼け止めが便利

塗りなおしにはスプレータイプが便利

最近ではさまざまなタイプの日焼け止めが販売されていますが、塗りなおしには手軽なスプレータイプの日焼け止めがおすすめです。持ち運びやすいだけではなく、吹き付けるだけなので手が汚れず、外出先でも手軽に扱えます。

メイク済みの顔にはパウダーがマッチ

ひんぱんに外出するときに困るのが、ばっちりメイクをした顔の日焼け止めの塗りなおし。メイクの上から日焼け止めをぬるわけにはいかないので、朝一に日焼け止めをするだけのことも。
顔の日焼け止めの塗りなおしには、日焼け止め効果があるメイク直しのパウダーがおすすめ。外出先でもメイク直しのついでに日焼けも防止できます。

用法・用量はきちんと守る

用法・用量は厳守する

市販されている日焼け止めにも適量があることは、あまり知られていません。しかし、用法・用量を守らないと、効果が減少してしまうのです。

正しく使って効果を実感

記載されている分量を出してみると、それまで使っていた量よりも多いことは珍しくありません。適量を使わないと十分な効果が得られず、効果が薄まってしまいます。びっくりするような量でも、正しく使ってその効果を実感しましょう。

おわりに

日常的に使うスキンケアアイテムの一つとなり、年中活用する人も珍しくなくなった日焼け止めですが、塗り方や塗りなおしのタイミングなど、正しい使い方で塗っている人はあまり多くはありません。
きちんと塗って正しく効果を得ることで、スキンケアで得た美肌を守っていきましょう!

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう