絶対に焼けない日焼け止めの塗り方とは?

日焼け止め

「日焼け止めをきちんと塗っていたのに日焼けしてしまった!」なんて経験はありませんか?それ、もしかしたら塗り方が間違っているのかもしれません!今回は、絶対に日焼けをしたくないという人のための日焼け止めの正しい塗り方についてご紹介します。

日焼け止めを塗るタイミング

まずは日焼け止めを塗るタイミングから。長時間屋外にいるときにはもちろん日焼け止めを使いますよね。でも一体いつから塗るのが一番良いのかご存じですか?日に当たる直前?それとも屋外でOKなのでしょうか。

紫外線を浴びる30分前に塗る

実は日焼け止めには塗るベストなタイミングというのがあり、日焼け止め効果にも大きく影響してくるんです。ベストなのは外へと出る30分前に塗ること。日焼け止めが肌へ馴染(なじ)むことで効果が発揮されるのでこのタイミングは守るようにします。

日焼け止めの塗りなおし方

腕にクリームを塗る女性
朝、スキンケアやメイクと一緒に日焼け止めを塗ってそのまま…なんてことをしていませんか?日焼け止めの効果は長くは続かず、塗り直しをしないと意味がないんです。せっかく日に焼けたくない!と塗った日焼け止めですから、塗りなおして完璧な日焼け対策にしましょう!

汗を拭いてから塗る

長時間紫外線を浴びるのなら塗り直しが必須の日焼け止めですが、きちんと汗や皮脂をティッシュやタオルなどで押さえてから塗らなくては、効果が発揮されないことも。日焼け止めが流れてしまったりするのを防止するため、汗や皮脂をある程度拭いてから日焼け止めを塗りなおすようにしましょう。

スプレー式の日焼け止めが便利

最近ではさまざまなタイプの日焼け止めが販売されています。そこで塗りなおすためだけの日焼け止めを購入するのも良いでしょう。特にスプレー式の日焼け止めはバッグに入れやすく、持ち運びにも便利。吹き付けるだけなので手が汚れず、外出先でも手軽に扱えます。

メイク済みのお顔にはパウダーを!

メイクを日常的にする女性にとって悩むのが「お顔の日焼け止めの塗り直し」。もうメイクをしているから日焼け止めを直接塗るわけにもいかず、どうしたらいいの?とそのままにしちゃうことも。そういった場合には日焼け止め効果のあるメイク直し用のパウダーがオススメです。外出先でもメイク直しのついでに日焼けも防止できます。

使用量について

手の甲にクリームを塗る
市販されている日焼け止めの裏には指定の量が記載されているのをご存じですか?多くの人が「見てなかった!」なんて思う箇所ではないでしょうか。でも実は量を守らないと意味がない場合があるんです。

記載の量を守って塗る

パッケージの裏には「500円玉サイズの手に取り…」など、使う量の記載がされています。実はその量でこそ日焼け止めとしての効果が確認されている、ということなんです。ですから記載の量よりも少なく塗ってしまうと日焼け止めとしての効果が薄くなってしまう場合が!

実際に記載通りの量を出してみると「えっこんなに多いの!?」とビックリしてしまうこともありますが、量を守ることで本来のチカラを発揮してくれるのです。

日焼け止めの塗り方

急いでいるときなどに日焼け止めを塗る際、ぱぱっと終わらせてしまうことはありませんか?日焼け止めは満遍(まんべん)なく塗れているかが目視では分かりにくく、実はムラになってしまってた!なんてことも。ムラになってしまうと上手に塗れていない一部分だけが日に焼けてしまうこともあるので注意が必要です。

サッと伸ばしたら手のひらでぎゅっぎゅっ

日焼け止めのムラを防ぐには塗り方に少し工夫をしてみましょう。まず日焼け止めを手にとり、サッと伸ばします。そのあと手のひらで優しくぎゅっぎゅっと押さえつけます。こするのではなく、定着させるようなイメージで、位置を変えながら全体に行ってください。そうすることで日焼け止めのムラが少なく、全体に広がるようになります。

おわりに

日焼け止めには意外にコツが多いことがわかりました。年中活用する人も大勢いるほど、日焼け止めは日常的に使うもの。きちんと正しく塗って美肌を守りましょう!

おりはらまいご
24歳/2人の男の子のママです。内側からの美容法や食養生などの勉強をしながらライター活動をしています。コスメやセルフジェルネイルも大好きです。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう