家にあるもので簡単美肌!ハチミツパックの効果とやり方

はちみつのイメージ

美容家たちをはじめ、美容に敏感な人たちの間で人気の食材といえば「はちみつ」。食材である以上「食べる」ことを考えてしまいますが、注目されているのは化粧品として「塗る」方法です。
今回は、はちみつパックで期待できる効果と、はちみつパックパックの作り方と使い方、使うときの注意点をご紹介します。

はちみつに期待されるさまざまな美容効果

フェイスパックをする女性のイメージ

そもそも、はちみつは美容面においてどのような効果を発揮するのでしょうか?まずはその美容効果をチェックしてみましょう。

お肌にうるおいを与える(保湿)

はちみつには空気中の水分を吸収する性質があるので、お肌に塗ることで保湿効果が期待できます。年間を通じてお肌が乾燥に悩んでいる方にはうれしい効果が期待できそうですよね。

抗炎症作用(ニキビ予防)にも効果を発揮

はるか昔からケガの治療の一環として使われるなど、はちみつの殺菌作用は広く知られています。美容面では、ニキビの原因となる「アクネ菌」の繁殖防止や撃退効果が期待できます。

抗酸化作用(アンチエイジング)で老化防止

はちみつには、シミやシワなどの老化現象を促進させてしまう活性酸素の活動を抑制する「抗酸化作用」をもつビタミンやポリフェノールが含まれているため、パックとしてお肌に塗ることでシミやシワの改善効果が期待できます。

パーツ別!はちみつパックの作り方と使い方

はちみつパックの作り方と使い方

では、はちみつパックはどう作れば良いのでしょうか?パーツ別の作り方と使い方をご紹介します。

顔のはちみつパックのやり方

あのクレオパトラも実践していたという、はちみつを直接塗る方法がおすすめです。用意するものは、小さじ1杯程度のはちみつと蒸しタオル1枚だけでOK。

顔のはちみつパックの基本のやり方

  1. 洗顔後、小さじ1のはちみつを顔全体に塗ります
  2. 蒸しタオルを顔にのせ、10分程度放置します
  3. 洗い流していつも通りに保湿ケアをして完了です

唇のはちみつパックのやり方

唇のはちみつパックには、ワセリンとはちみつを1:1で混ぜたものを使うのがおすすめ。

唇のはちみつパックの基本のやり方

  1. できあがったパックを唇に満遍なく塗ります
  2. 唇をラップでカバーし、5分〜10分程度放置します
  3. ラップを取り、ぬるま湯で流します
  4. ワセリンもしくはリップクリームを塗って完了です

はちみつパックをするときの注意点

はちみつパックに関する注意点

はちみつは天然のもので比較的安全に使えますが、注意すべき点も存在します。はちみつパックをトライする前に、必ず下記の項目をご確認くださいね!

純度100%のはちみつを使う

純度100%でないはちみつを使うと、はちみつがもつせっかくの効果が現れにくいだけでなく、お肌にトラブルを引き起こす可能性もあります。はちみつは必ず純度100%のものを使いましょう。

非加熱のはちみつを使う

加熱されたはちみつは成分が変質しているため、はちみつの美肌効果が得られない可能性があります。はちみつパックに使うはちみつは、必ず非加熱のものを選びましょう。

使用前にはパッチテスト

はちみつは天然素材ですが、まれにアレルギー反応がある人もいます。使用前に必ずパッチテストをして、かゆみやかぶれなどの異常がないかを確認しましょう。

おわりに

身近にあるもので作れるはちみつパックは継続もしやすく、口に入れても比較的安心なのも魅力です。
はちみつパックで、みなさんのお肌のお悩みが解決に向かうことを祈っています!

メイ
メイクやネイルが大好きな30代自女性。新作のコスメをチェックするのが楽しみ。セルフネイルが得意でジェルネイルもこなします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう