ジュレマスクで肌に潤いを。ジュレマスクの正しい使い方

ジュレマスクで肌に潤いを。ジュレマスクの正しい使い方

普段のスキンケアや保湿ケアのスペシャルケアとして、フェイスマスクを週に数回使うのが当たり前になっている方も多いのではないでしょうか。
メジャーなアイテムの一つに数えられるフェイスマスクですが、使い方がイマイチわからない…という人も少なくないようです。
今回は、フェイスマスクの中でも徐々にファンが増えているジュレマスクがどのようなものかを見てみましょう。

ジュレマスクとは

ジュレマスクはシートマスクの一種で、美容液をジュレ状にして染みこませたシートを言います。保湿成分などの有効成分などがギュっとジュレに凝縮されているので、秋冬の乾燥肌にも使いやすいと人気のアイテムです。

乾燥肌でも有効成分が浸透しやすい

乾燥肌でも浸透する

乾燥が進みすぎているお肌や、加齢による影響でお肌の角質が肥大していると、さらっとした美容液タイプのフェイスマスクは有効成分が十分にお肌に行きわたらないことがあります。
ジュレは水分蒸発が少なく、乾燥でゴワついたお肌もゆっくり柔らかくさせて角質層にまで潤いが浸透しやすい状態を作る効果が期待されています。角質層まで潤いが浸透する肌環境が整えば、お肌の乾燥を内側から防ぐことも期待できるので、保湿ケアをしたい方はもちろん、「最近お肌がゴワついて化粧水が染み込みにくくなった」「うまく保湿できない」という方に、特におすすめのアイテムです。

シートそのものが乾燥しにくい

シートが乾燥しにくい

通常のマスクに浸透している美容液はテクスチャーがさらっとしています。普段使いにちょうど良いのですが、使っていると口の周りなどマスクの一部分から美容液が蒸発して「そこだけ保湿されなかった!」ということもありがちですよね。
その点、ジュレマスクならシートそのものの乾燥を防止でき、顔の保湿状態の偏りも防ぎやすくなります。

ジュレマスクの使い方

乾燥に悩む方の救世主として人気のジュレマスクですが、どう使うのがベストなのでしょうか?

シートマスクと変わらないジュレマスク

ジェルマスクの使い方

ジュレマスクはシートマスクに含まれている美容成分がジュレ状である以外はシートマスクと変わりません。おさらいがてら基本の使いかたを見てみましょう。

ジュレマスクの基本の使いかた

  1. パッケージをよくもむ
  2. パッケージの三方を切って開封する。こうすることで開封時にジュレが落ちるのを防止できます
  3. 他のシートマスクと同じようにお肌にのせます
  4. 15分から20分程度待つ。待機時間はまちまちですが、パッケージに記載された使用時間は必ず守りましょう!
  5. ゆっくりはがす。使用時間が過ぎたらゆっくりとはがします。顔に残ったジュレを顔全体に伸ばしておきましょう
  6. 保湿ケアをして完了!ジュレを顔全体になじませた後は乳液やクリームなどで保湿して完了です

なじませるときにマッサージをする

フェイスマッサージ

そのまま顔になじませるのも良いですが、マッサージすることでリンパの流れを促進できます。リンパの流れが改善されるとフェイスラインがシャープになる他、肌にツヤを出すことが期待できます。

使ったジュレマスクは裂いて他のパーツの保湿に使う

他の部位を保湿する

使い終わったジュレマスクにはジュレがたくさん残っているなら、ひじやひざ、かかとなど、乾燥が気になる部分に使ってみてください。無駄なくジュレを使いきることができます。

おわりに

開封方法以外に使い方は他のシートマスクと変わらないジュレマスクは、比較的使いやすいスキンケアアイテムです。
加齢によるお肌の乾燥や季節性の乾燥肌にお悩みの方だけでなく、保湿ケアを入念に行いたい方もぜひ一度ジュレマスクをトライしてみてはいかがでしょうか。

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう