目元と口元を集中ケア!話題のアイセラムについて

アイセラムを塗る女性

顔用の保湿ケアアイテムだけじゃなく、乾燥小じわが出やすい口元や目元のケアアイテムがあれば…。そんな悩みを抱えている人おすすめしたいケアアイテムが「アイセラム」です。
今回は、目元をはじめとした、顔の皮膚の薄いパーツのための集中ケアアイテムであるアイセラムの使い方や、期待できる効果をご紹介します。

目元ケアの新スタンダード「アイセラム」

アイセラム

アイセラムは、乾燥した時期に出やすい目元や口元の乾燥小じわや、加齢によるたるみ・シワなどの改善を目的とする美容液です。他の化粧品と比べてより成分の分子がナノ化されたものが多いので、化粧水やクリームを塗るよりお肌に浸透しやすいのがメリット。

各社が力を入れているスキンケアアイテム

アイセラムをはじめとした美容液(セラム)は、他の基礎化粧品より有効成分が多く配合されているので美容効果も高められていて、化粧品メーカーがそれまで培ってきた独自技術の集大成といっても過言ではありません。
特に悩みがなくても、使いたいブランドや興味のあるメーカーの使用感を体感したいときは、アイセラムをはじめとした美容液を試してみるとよいかもしれません。

アイセラムとアイクリームの違いは?

アイセラムとアイクリームの違い

目元のスキンケアアイテムとしては、すでにアイクリームがあります。では、アイクリームとアイセラムでは、どのような点が違うのでしょうか。
アイセラムは先ほども触れた通り、目元など皮膚が薄い場所に起こりがちなトラブルを早期改善すべく、浸透力に優れているのが特徴であり、分量も少なめのものがほとんどです。

アイクリームは乾燥を防ぐために使う

これに対してアイクリームは、主に目元の乾燥を防ぐために使うクリームで、油分が多めに入っているのが特徴です。目元の乾燥小じわ対策に有効な成分も配合されていますが、浸透力よりも保湿力に力を入れられています。

成分・お悩み別!アイセラムの選び方

成分・お悩み別!アイセラムの選び方

アイセラムを使いたいけど、はじめてならどのアイセラムを選べばよいのかはわかりにくいところ。そこでおすすめなのが、悩みに応じた成分を配合しているかで選ぶ方法です。

一目でわかる!お肌の悩みとおすすめの成分

乾燥でお悩みの方には、保湿成分であるヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンを配合したものがおすすめ。優れた保水力で、乾燥したお肌のキメを整えてくれます。
シミやシワが気になる人には、アンチエイジング効果が期待できるレチノインやポリフェノール、ナイアシンが配合されているものがおすすめ。ハリ・弾力を作る線維芽細胞にはたらきかけて、アンチエイジングに効果を発揮します。
肌のくすみや目元のクマには、やくすみなどのトラブルなら、色素沈着を防ぐビタミンC誘導体やターンオーバーを促すプラセンタ配合のものがおすすめです。

アイセラムを使うときの注意点

アイセラムを使うときの注意点

お悩みに応じた成分が配合されたアイセラムを選んでも、体質や肌質によっては目元や口元にかゆみなどの異常が生じることがあります。異常を感じたら、すぐに使用を控えてください。

おわりに

アイセラムという名前ですが、目元と同じように口元など皮膚が薄い場所に使える部分用スペシャルセラムとして使用も可能です。
口元や目元にお悩みがある方は、普段の基礎化粧品との併用を検討してみても良いかもしれません。

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう