しわやたるみのない肌に!スプリングリフトの効果と施術方法

スプリングリフトの効果
最近巷ではやりのスプリングリフト。しわやたるみのない肌になれると噂の美容技術ですが、どんな効果があって他の施術とどう違うのでしょうか?今回は、気になるスプリングリフトについて、効果やメリット、施術方法を解説してきます。

スプリングリフトって何?どんな効果があるの?

スプリングリフトとは、「スプリングスレッド」という特殊な糸を顔の皮膚に挿入して、たるみを引き上げる美容施術のことです。簡単に言うと、糸を皮膚に入れてリフトアップをするということですね。スプリングスレッドは伸縮性・弾力性のある極細の糸で、先端の丸い小さな突起がたくさん付いています。この突起で皮下組織を引っかけることで肌をキュッと持ち上げ、しわやたるみのない肌へと導いてくれます。

スプリングリフトが優れているポイント

ヒアルロン酸注入や皮膚を切ってリフトアップする方法など、しわやたるみを取り除く美容施術はたくさんありますよね。その中でもスプリングリフトは、他の施術と比べて優れている点がいくつかあります。

  • 顔の正面のリフトアップができる
  • 表情が自然なまま
  • 持続性がある

スプリングリフトのメリットは、伸縮性・弾力性のある糸を使うことに起因します。糸に柔軟性があるため顔の正面にも糸を入れることができ、他の施術方法では難しい顔正面のリフトアップがかなうということが最も大きなメリットです。また、糸がよく伸び筋肉と一緒に動くため、表情が自然なままです。さらに、糸に伸縮性があるため時間がたってもあまりゆるまず、頻繁に動かす口や目の周辺まで効果を感じやすいとされています。

ダウンタイムが短い

ダウンタイムが短いことも、スプリングリフトの大きなメリットです。シャワーや入浴、洗顔やメイクも施術当日から可能という場合がほとんど。入院不要で施術当日から普段通りの生活ができるため、周りに気づかれずにリフトアップをかなえることが可能です。

スプリングリフトの施術方法

スプリングリフトの施術方法
スプリングリフトの施術方法には、大きく分けて次の2種類があります。

ストレート法

顔のしわやたるみの具合に合わせて、糸1本1本を別々に自由に入れていく方法です。しわやたるみの状態に合わせて、糸の向きや引っ張り具合を変えることができます。

エックス法(投網法、熊手法)

顔に入れた糸をまとめて頭側の糸でつるし、エックス状に入れていく方法です。顔は一方向に引っ張られることとなり、ストレート法のように、微妙な調整はできません。また、まとめた糸を固定する部分に負荷が集中するため、糸がゆるんだり片頭痛などの痛みが生じたりする可能性があります。さらに、ストレート法に比べて施術方法が煩雑になるため異物が入りやすくなり、異物反応や感染のリスクが高まるとされています。

どちらの施術方法にするかや糸を何本どこに入れるかなどは、たるみの状態や顔のつくりに合わせて医師と相談しながら決めていきます。施術時間は入れる糸の本数や皮膚の状態などによって変わりますが、2~3時間程度と短時間で終わることがほとんどです。施術後に入院する必要はありませんが、経過を観察するために後日検診を受ける必要があります。

入れる糸の本数や入れ方、糸を引っ張る力加減などは施術をする医師によって変わります。スプリングリフトをやりたいという人は、いろいろなクリニック・医師の施術方法や考え方をじっくり比較・検討してみてくださいね。丁寧にカウンセリングをしてくれる医師がおすすめです。

おわりに

しわやたるみのない肌を目指せるスプリングリフト。優れたリフトアップ技術ではありますが、クリニックや医師によって施術方法や考え方が異なるので、自分で調べることはもちろん気になることは医師に徹底的に聞き、納得したうえで施術を受けるようにしましょう。

さきこ
地方都市に住む20代女子です。体の内側からきれいになることを目指していて、栄養学や東洋医学を勉強中。最近は整体に通って、体のメンテナンスをしています。ぽっちゃり体型&童顔なことが悩みで、すっきり大人っぽく見えるファッションやメイクを日々研究しています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう