間違ったやり方は意味がない!ホワイトニング化粧水の正しいやり方

化粧水をぬる女性

白く美しい素肌になりたい‥‥。そんな願いから、普段のスキンケアに「ホワイトニング化粧水」を使っている人も少なくありませんが、使い方次第でその効果が大きく左右されます。
今回は、ホワイトニング化粧水の正しい使用法をご紹介します。

ホワイトニング化粧水は美白ケアの強い味方

化粧水とコットン

ホワイトニング化粧水(美白化粧水)とは、美白効果に特化して処方された化粧水を指します。私たちのお肌は紫外線やストレスなど、さまざまな要因によって色素沈着を起こして、透明感が失われています。
くすみがちなお肌にお悩みの人が、明るく美しい白肌を手に入れるためには、ホワイトニング化粧水が強い味方です。

ホワイトニング化粧水に含まれる成分

ホワイトニング化粧水には、ビタミンCやアルブチンをはじめとする各種美白成分が配合されています。さらに、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分で、お肌の状態を改善して、くすみにアプローチすることを狙う商品もあります。

間違った選び方・やり方では効果が激減!?

せっかく美白成分も、いま自分のお肌に起こっている肌トラブルにアプローチできなければ、あまり意味がありません。また、間違った手順やおざなりな使い方では効果が激減してしまいます。
普段なんとなくホワイトニング化粧水を使っている人は、これを機に商品の選び方と使い方を見直してみましょう。

ホワイトニング化粧水の正しい選び方

ホワイトニング化粧水の選び方

紫外線によるダメージでお肌がくすみがちな人や、皮脂が多くて肌表面がザラザラする人には、「シミの予防効果」と「バリア機能改善効果」があるホワイトニング化粧水がおすすめ。ビタミンC誘導体やリノール酸が含まれているものが良いでしょう。

 紫外線・皮脂汚れにはバリア機能強化

バリア機能を強化するためには、メラニン生成の阻害や活性酸素の抑制が期待できるビタミンCや炎症を鎮めてバリア効果を高めるリノール酸が効果的。

血行不良・乾燥には保湿ケア重視

ストレスによる血行不良やお肌のカサつきで、お肌がトーンダウンしてしまった人には、「美白効果」と「保湿効果」に注目。自然治癒力を高めるプラセンタや。肌の再生をサポートすることで知られるアラントインを含むホワイトニング化粧水がおすすめです。

ホワイトニング化粧水の効果を高めるスキンケア

ホワイトニングの前のスキンケア

古い角質が蓄積している人が保湿ばかりを念入りにしていると、角質は分厚くなり、お肌はくすむ一方。美肌効果を得るためには、正しいお肌ケアが欠かせません。

減退しているバリア機能をサポートするスキンケア

季節の変わり目や一時的なストレスでお肌が敏感になっている人は、ホワイトニング化粧水のやり方とその前後のスキンケアに工夫が必要です。
ホワイトニング化粧水を優しく、ソフトタッチでなじませた後は、保湿成分の高い乳液やクリームでフタをしましょう。スペシャルケアとしてセラミド配合の美容液を取り入れるのもおすすめです。

生活習慣を改善して身体の中からスキンケア

疲労やストレスは自律神経の乱れを招き、お肌のターンオーバーが滞る原因になります。お肌のくすみが気になったら、生活習慣を見直すことも大切です。
お肌が荒れてきたかな?と思ったらバランスの良い食事を三食キチンと食べることを心がけて、夜更かしをせずに寝ることを心がけてください。

おわりに

お肌がくすんでいると、気分もトーンダウンしてしまうもの。美白のためには、お肌の状態とくすみの原因を知って正しいホワイトニング化粧水のやり方を実践することが大切です。
日頃から体調を整えて、お肌のバリア機能を高めることも、明るい素肌づくりに役立ちますよ。

きゃりー
都内で営業として勤務した後、現在では美容・医療系ライターとして活動中。コスメの成分情報などマニアックなネタを好む。プライベートでは1男1女の子育てに追われ、コスメと洋服の購買欲が止まらない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう