簡単に美肌になれる!ヒートショックプロテインの効果とやり方

ヒートショックプロテインの効果について
美しい肌や疲れにくい体が手に入る、ヒートショックプロテインのことを耳にした人は多いのですが、その仕組みや方法については知らないという人が多いようです。
今回は、そんなヒートショックプロテインについて、効果と実践方法をご紹介します!

ヒートショックプロテインとは?

ヒートショックプロテインとは、体内に存在するたんぱく質の名前です。傷んだ細胞を修復する効果が認められています。
もともと、ヒートショックプロテインは私たちの体内に存在していますが、年齢とともに減少し、自然に増加することがありません。そのため、意識的に増やしていく必要があります。
増加させる方法は、熱によるストレスを与えることです。

ヒートショックプロテイン増加のメリット

細胞を修復するヒートショックプロテインですが、具体的に私たちの体にどのような変化が起こるのでしょうか。

肌のツヤがよくなる

肌細胞が傷つくと、肌に弾力がなくなり、水分を十分抱え込む機能も破壊されてしまいます。それにより、乾燥が進行して肌のキメが乱れ、弾力を失い、シワも目立ちやすくなります。
ヒートショックプロテインが、そのような傷ついた肌細胞を修復してくれるため、うるおいに満ちた肌に変化し、キメの整った弾力とツヤのある肌へと導いてくれます

体の免疫力が上がる

ヒートショックプロテインを増加させるのにおすすめなのが、体を温めることです。体を温めると、全身の血行が改善され、血流がよくなり、臓器や細胞が活性化することで免疫力が上昇するのです。

疲れにくい体になる

ヒートショックプロテインは、体の疲労によって発生する乳酸の発生を遅らせることができます。そのため、疲労を感じることが少なくなり、疲れにくい体へと変化できるのです。

簡単にできる、ヒートショックプロテインの増加方法

ヒートショックプロテインやり方
ここからは、今日からでも取り入れられるヒートショックプロテインの増加方法についてご紹介します!

一番簡単なのは入浴!

ヒートショックプロテインは、体に熱ストレスが加わることで増加します。
その方法には、

  • 紫外線を浴びる
  • 激しい運動を行う
  • 加圧トレーニング

などがありますが、最も簡単で、誰にでもできるのが入浴です。
また、湯船につかって体温を上昇させるのが、最も効果を得られる方法でもあるのです。体の表面だけではなく、内側からしっかり温めることができるのが、入浴のうれしいポイントです!

ヒートショックプロテインを増加させる入浴方法

体温上昇は平熱のプラス1.5度を目安に

ヒートショックプロテインを増加させるための入浴では、体温を普段よりも1.5度上げることを目安に行いましょう。
入浴前に呼吸を整えた状態で体温を測り、入浴後は体温計を舌の下に挟んで再度測定したときの温度で判断しましょう。

お湯の温度は40~42度、約20分間の入浴が理想

入浴の際のお湯の温度は、40~42度が最適です。自身の平熱の体温や、温度上昇のしやすさで最適な温度を知るようにしましょう。
この温度で湯船につかると、約10分で体温が約1度上昇すると言われています。10分程度経過したら一度体温を測り、体温の上昇が確認できたら、さらに10分入浴しましょう。

入浴は週に1、2回でOK!

ヒートショックプロテインを増加させるための入浴は、週に1、2回で十分です。これ以上の回数になると、入浴時に体が熱ストレスを感じにくくなってしまいます。
温度の上げすぎや長時間、複数回の入浴は必要ありません。

ヒートショックプロテインの効果はいつからいつまで?

入浴によりヒートショックプロテインを増やしたいと考えた場合、体内で最もヒートショックプロテインが増加するのは入浴から2日後と言われています。その後、1週間程度体内にヒートショックプロテインが残るので、「ここぞ!」という日の2日前に入浴するのがおすすめです。

おわりに

体の中に、何億と存在する細胞。それらの細胞を元気に保つために有効なヒートショックプロテインは、いつもの入浴に取り入れてくださいね。
健康的でハリやツヤのある、イキイキとした体と肌を手に入れましょう!

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.