小顔になりたい人必見!家でできるフェイスマッサージのやり方

家でできるフェイスマッサージ
キュッと引き締まった小顔美人は、女性の永遠の憧れ。とはいえ、エステやマッサージに通うのは時間もお金もかかるのでなかなか難しいですよね。
そこで今回は、自宅で簡単&手軽にできるフェイスマッサージのやり方を、コツや注意点とともにご紹介します!

フェイスマッサージ前の準備

肌をしっかり保温・保湿する

マッサージ効果を得やすい状態の肌にするために、まずは保温と保湿をしっかりとします。

手や指を清潔にしておく

手や指には多くの雑菌が付着しているので、手指を洗わずにフェイスマッサージをしてしまうと、小顔に近づいたはいいけれどニキビができてしまった!なんてことになりかねません。マッサージ前には手や指を清潔にしましょう。

マッサージオイルやマッサージクリームを塗る

手指をきれいにしたあとは、マッサージによる摩擦を和らげて肌への負担を減らすために、顔全体にマッサージオイルやマッサージクリームを塗ります。

フェイスマッサージ

フェイスマッサージのやり方
準備が整ったら、フェイスマッサージ本番!小顔を目指すフェイスマッサージは基本的に、顔の下から上に向かってします。1~6の各動作は両手を使って左右同時にし、一つの動作を5~7回ほど繰り返しましょう。

あご

人さし指と中指でチョキのような形を作ってあごを挟み、5~7回に分けて耳の下まで軽く押す。指の第二関節に少し力を入れながら。

口の周り

中指と薬指で、口の下→口角→口の上の順で押し、口の上→口角→口の下と戻りながら押す。

小鼻

小鼻の横のくぼみに人さし指もしくは中指を置き、くぼみに沿ってやさしくなでる。

ほほ

親指以外の4本の指をあごに置き、あごから目の下に向かって、顔全体の筋肉を持ち上げるイメージでさする。親指以外の3~4本の指を鼻の横に置き、鼻の横からこめかみに向かって、ほほの筋肉を持ち上げるイメージでさする。

目の周り

人さし指もしくは中指を目尻に置き、目の周りをやさしくさする。人さし指と中指を眉間の上に置き、こめかみに向かってさする。こめかみを軽く押す。

人さし指、中指、薬指を額の中央に置き、額の中央からこめかみにかけて5~7回に分けて押す。

フェイスマッサージの前とあとに!

時間と気力があれば、フェイスマッサージの前とあとに首~脇のマッサージをするとより効果的です。1~5の各動作を、5~10回ほど繰り返してください。

  1. 親指以外の4本の指を襟足の下に置き、襟足から鎖骨に向かって斜め下に向かってさする。首筋の凝りをほぐすように、少し指先に力を入れてさする。
  2. 耳の下を、人さし指もしくは中指でやさしく押す。
  3. 親指以外の4本の指を耳の下に置き、耳の下から鎖骨に向かって首の両側を上から下にさする。
  4. 親指以外の4本の指を鎖骨の上のくぼみに置き、内側から外側に向かってさする。
  5. 親指以外の2~4本の指を脇の下のくぼみに置き、リンパを刺激するイメージで軽く押す。

フェイスマッサージのポイント

姿勢を正して、顔全体はリラックス

フェイスマッサージをするときは、集中するあまりに顔に余計な力が入ったり呼吸がしばらく止まったりしがちです。フェイスマッサージ初心者さんは鏡を見ながらし、姿勢が崩れていないか、顔に変な力が入っていないかを確認しながら進めるのがおすすめです。

呼吸を止めない

呼吸が止まるとマッサージ効果が半減するので、各動作を終えたら大きく息を吐いて呼吸をリセットしましょう。

おわりに

自宅で簡単&手軽にできるフェイスマッサージ。入浴後や寝る前に好きな音楽やアロマに囲まれながら試してみてください。きっとすてきなリラックスタイムになるはずです。
リラックスしながらフェイスマッサージをして、小顔を手に入れちゃいましょう!

さきこ
地方都市に住む20代女子です。体の内側からきれいになることを目指していて、栄養学や東洋医学を勉強中。最近は整体に通って、体のメンテナンスをしています。ぽっちゃり体型&童顔なことが悩みで、すっきり大人っぽく見えるファッションやメイクを日々研究しています!