無理なく痩せたい!食事制限なしでもできるダイエット方法

サンドイッチを食べる女性
「ダイエットしたいけど、おいしいものは食べたい」「ダイエットしたいけど、食事制限は無理」そんな考える人はたくさんいると思います。ダイエットに食事制限は不可分ですが、ダイエットの仕組みを理解すれば食事制限は必ずしも必要ではありません。
今回は、ダイエットの原理と食事を制限しなくてもできるダイエット方法についてご紹介しましょう。

痩せるメカニズムを理解する

壁のクエスチョンマークを眺める女性
人が痩せるためには、消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。消費カロリーが摂取カロリーを上回るためには、消費カロリーを増やすか摂取カロリーを減らすかしかありません。
多くの方はダイエットというとすぐに後者を選択し、「ダイエット=食事制限」という発想になりがち。確かに短期間で一定の効果を出すためには食事制限は効果的ですが、極端な食事制限はダイエットにマイナスになるどころか、健康を損ねるリスクがあります。また、食事制限はストレスの原因にもなり、リバウンドの原因になることも。消費カロリーを増やすほうが健康的に痩せられるのです。

運動をして消費カロリーを増やせば確実に痩せる

トレーナーと運動をする女性

消費カロリーを増やすためには正しい運動を学ぶ

消費カロリーを増やすためには運動が効果的ですが、やみくもに体を動かせば良いというわけではありません。効率的に痩せるためには、正しい方法を学ぶ必要があるのです。
運動をすることで筋肉量が増えると、基礎代謝が向上して、太りにくく痩せやすい身体になります。基礎代謝を増やすためには、特に筋肉が占める部分の大きい、太ももやインナーマッスルを鍛えて、無酸素運動の強度を上げることが効果的です。

基礎代謝の向上がカロリー消費を増やす

効率的に筋トレをするためにはジム通いは効果的ですが、毎日ジムに通うのはNG。筋トレで損傷した筋肉は回復すると損傷前よりも太く・強くなる「超回復」と呼ばれる回復をしますが、超回復にはある程度の時間がかかります。
また、無酸素運動である筋トレと有酸素運動を組み合わせることで、さらに効率的に痩せることができます。無酸素運動後は成長ホルモンが分泌されて、脂肪が燃えやすい状態になるからです。

運動もしたくないという方はどうすれば良い?

自宅の椅子でくつろぐ女性
「筋トレやジョギングもきついからしたくない」という方は雑誌やテレビでも紹介された「腹ペコ歩きダイエット」を試してみてはいかがでしょうか。原理的には、これも消費カロリーを摂取カロリーよりも増やす方法です。
「腹ペコ歩き」といっても空腹状態で歩くのではなく、腹式呼吸でおなかをペコペコ動かしながら歩くダイエット方法です。1歩目を踏み出すときに息を吸いながら、横隔膜を上に上げるようにしておなかをへこませ、2歩目を踏み出しながらおなかを膨らませるという方法です。
意外と難しいこの「腹ペコ歩き」は、単純に歩くよりも消費カロリーを3割増しにすると言われています。腹ペコ歩きではおなかの中から鍛えるため、内臓脂肪を減らすだけではなく、血行促進や血圧や血糖値の改善、悪玉コレステロールの減少といった効果も期待できます。

おわりに

ここまで、ダイエットの仕組みとその方法についておさらいをしてきました。今回取り上げた方法以外にも、食事制限が不要なダイエット方法はいくつかあります。
さまざまなダイエット方法がある昨今、美しく痩せることを考えると極端な方法は避けて、栄養のバランスをたもって美しく痩せる方法を選ぶようにしましょう。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう