本当は効果あるの?納豆ダイエットの方法と効果

更に盛り付けられた納豆
あるテレビ番組がきっかけで一時期ブームになった「納豆ダイエット」。その後さまざまな問題が明らかになったことから、そのブームはすぐに下火となり、今では忘れ去られたダイエット方法です。
しかし、納豆ダイエット効果があること自体は、決して誤りではありません。ブームの前から、ブームが過ぎても、納豆は優秀なダイエット食品です。
今回は、優れたダイエット食品である納豆の効果についてご説明します。

大豆に含まれる有力な栄養成分

大豆

納豆で良質なタンパク質を吸収できる

ダイエットにおいて重要な1つのポイントは、筋肉を落とさないこと。タンパク質には動物性・植物性とありますが、動物性タンパク質の摂取はどうしても高カロリー・高脂肪になりがち。しかし植物性タンパク質なら低カロリー・低脂肪で良質なタンパク質を摂取することができます。
納豆は植物性タンパク質の代表格であり、「畑の肉」と呼ばれる大豆を原料とするため、筋肉を作るためには欠かせない食材の1つ。

納豆の大豆タンパクが脂肪の燃焼を促進する

大豆タンパクの中には、脂肪燃焼促進効果のある「アディネポネクチン」が含まれています。
また、大豆に含まれているアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促進する効果もあり、この成長ホルモンの分泌も脂肪の燃焼を促進します。成長ホルモンは特に寝ている間、夜22時から午前3時までに時間帯に多く分泌されるので、朝納豆を食べるより夕食時に納豆を食べたほうが効果的。寝ている間に脂肪が燃焼されると言われます。

納豆の大豆サポニンが肥満を防ぐ

大豆に含まれている大豆サポニンには、小腸の絨毛を縮小する作用があります。
小腸の絨毛が大きくなればなるほど、脂質や糖質が吸収しやすくなり、肥満が促進されることになります。逆に絨毛が縮小すれば、小腸から過剰に脂肪や糖質が吸収されることを防ぐことができます。

大豆イソフラボンでコレステロール値をコントロール

大豆イソフラボンには、血中コレステロール値を下げる効果があります。
コレステロールが高くなると、身体は脂肪を蓄えやすくなりますが、大豆イソフラボンはこれを防ぐので、ダイエットに大きな効果が期待できます。イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きもしてくれるので、ホルモンバランスを整えたり、アンチエイジング作用も期待したりすることができます。

納豆ダイエットの効果的な方法

わらづとの中の納豆

何かの食べ物がダイエットに効果的と聞くと、ついついその食べ物を食べ過ぎてしまう傾向があります。1日3食、納豆ばかり食べる人がいますが、これは逆効果。大豆イソフラボンには女性ホルモンと似た働きがあり、女性の身体のホルモンバランスを崩してしまう可能性があるからです。
ダイエットするための適切な量は、1日1パック程度となります。納豆には多くの食物繊維も含まれているため、たくさん食べなくても腹持ちが良いはずです。基本的にどのタイミングで食べても良いですが、もし成長ホルモンによる脂肪燃焼効果を狙うなら、夜に食べるのが良いでしょう。
また、買った納豆はすぐ食べずに、しばらく冷蔵庫に置いて、賞味期限ギリギリまで待ちましょう。その間にも納豆の発酵は進み、納豆に含まれている栄養素がさらに増えるからです。

食べ合わせで効果アップ

皿に盛り付けられたキムチと納豆
納豆は単体で食べても十分なダイエット効果がありますが、他の食材と食べ合わせるとさらに効果が期待できます。
ダイエットに最強の食べ合わせが、キムチです。キムチに含まれている唐辛子のカプサイシンが血行を促進し、糖の代謝を促す効果があると言われています。
また、納豆とめかぶの組み合わせもオススメです。どちらもネバネバしているため、満足感がありますし、めかぶは低カロリーでダイエットにピッタリの食品です。
納豆だけ毎日食べているとどうしても飽きてしまうため、トッピングを工夫するのもOK。ねぎやかつお節などはメジャーですが、刻んだ玉ねぎや大根おろしを混ぜるもよし、納豆を具にしたおかずもGOOD。

おわりに

納豆は確かにダイエットに効果的な食品ですが、それだけではなく、さまざまな栄養素が含まれています。
より強い身体を作り、より美しくなるためにも毎日の食卓に納豆を取り入れ続けましょう。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。
この記事をお届けした
マシュマロの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

よければシェアをお願いします!