中学生のための短期間で痩せられるダイエット方法

中学生のイメージ
中学生になるとまわりの環境が大きく変わると同時に思春期に入るため、身近な友達や家族、先生などの評価が気になります。評価の中でも外見は特に大きなポイント。人気アイドルやモデルと自分を比較してみたり、まわりの友人と比べて太り気味かもしれないと思ったりして、ダイエットをはじめるのもこのころです。
今回は、成長期の中学生でも無理をせずに短期間で成果が実感できるダイエット方法をいくつか紹介していきます。

知っておきたい!ダイエットの基本

ケーキを食べようとする子ども

一日三食しっかり食べて、お菓子やジュースは減らす

エネルギーや栄養素を最も多く必要とする時期が成長期です。成長期に必要な栄養素が足りないと、体の成長が遅れるだけではなく、重篤な病気にかかる可能性もあります。
成長期のダイエットでは、ついつい食べてしまうお菓子やジュースを減らして、一日三食をきちんと食べることが重要です。

ジョギングやウォーキングなどの「有酸素運動」をする

中学生なら学校の体育の時間があるため、大人と比べると運動する機会は少なくありませんが、学校の行き帰りで少し遠回りをして歩く距離を増やしたり、通学路にある階段を昇り降りするなどの「有酸素運動」を取り入れることで、より大きなダイエット効果が期待できます。
授業中はもちろん、行き帰りの時間もできるだけ有効活用することがダイエットには欠かせません。

学校でもできるエクササイズ

学校での授業風景

太ももの内側を鍛えるエクササイズ

椅子に座りながら、膝とくるぶし、かかとをくっつけて座ります。内転筋とよばれる太ももの内側を鍛えて、足を細くする効果があります。

おなかに効果のあるエクササイズ

椅子に座り両膝をぴったりとつけた状態を保ちながら、膝を腰よりほんの少し高く持ち上げます。下腹が鍛えられて、痩せる効果があります。

腕を鍛えるエクササイズ

机の下に両手を入れ、実際には持ち上げないが机を持ち上げるような感じで力を入れます。二の腕などを細くするときに有効です。

ダイエット効果のあるお風呂の入り方

泡風呂に入っている子ども
ダイエット効果のあるお風呂の入り方としてもっとも有名なのが「半身浴」ですが、短い時間でより効果があるのは「高温反復法」と呼ばれる入浴方法です。

  1. 熱めのお湯(40〜42度が最適)に5分間肩までしっかりとつかります。
  2. 湯船から出て、まず体を洗います。
  3. 再びお湯に入り、3分間肩までしっかりとつかります。
  4. 湯船から出て、つぎはシャンプーをします。
  5. 再びお湯に入り、3分間肩までしっかりとつかります。
  6. 湯船から出て、リンスやトリートメントをします。
  7. 最後に再びお湯に入り、3分間肩までしっかりとつかります。

高温反復方法での入浴は普通の入浴よりも汗をかくため、入浴前後には十分な水分補給が欠かせません。また、汗をかくので水分補給には普通の水よりもスポーツドリンクなどのほうが向いています。

十分な睡眠時間をとる

すやすやと眠る子ども
成長期には十分な睡眠が欠かせませんが、睡眠はダイエットにも大きな効果があります。短時間睡眠では食欲増進ホルモンのグレリンの分泌が増加して、長時間睡眠では食欲抑制ホルモンのレプチンの分泌が増えたという研究結果はよく知られているところ。
睡眠時間を十分にとることで体の成長が期待できるだけではなく、食欲を抑えて食べ過ぎを防ぐ効果が期待できるのです。

おわりに

成長期の中学生には、しっかり食べてしっかり運動して、しっかり寝る、3つの「しっかり原則」を守ることが、理想的で効果が実感できるダイエット方法です。
ここまで見てきたポイントを踏まえて、理想的で効果が実感できるダイエットに挑戦してみてください。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう