明るすぎず暗すぎない!透明感のあるグレージュカラーについて知りたい!

 明るすぎず暗すぎない!透明感のあるグレージュカラーについて知りたい!
グレージュカラーは美容室でオーダーが増えている人気のヘアカラー。 明るすぎず暗すぎない色なので、どんな人でも似合います。今回はグレージュカラーのメリットやオーダーするときの注意点をまとめてみました。

グレージュカラーってどんな色?

グレージュカラーってどんな色?
グレージュカラーはグレーとベージュの中間くらいの色味で、くすんだ色味なので大人っぽい印象に仕上がります。その色味から、外国人のような透明感のある髪色になれるのが人気の理由です。

グレージュカラーの3つのメリット

ブリーチなしで外国人風の髪色に

ブリーチなしで外国人風
赤みが強い人が外国人風のヘアカラーにするには、一度ブリーチをして赤みを取ることが必要です。しかしグレージュカラーはブリーチなしで外国人風の髪色になれるのです。ただしブリーチした方が理想に近い仕上がりになる場合もあるので、美容師さんに相談してみてください。

元の髪質によって仕上がりが変わる

髪質で仕上がりが変わる
グレージュカラーは、同じカラー剤で染めても髪質の違いで仕上がりの色も違います。日本人に多い赤みが強い髪色の人は、ベージュに近い温かみのある色に。赤みが弱いとグレージュカラーらしいくすんだ色に仕上がります。

グレージュカラーはトーンで楽しめる

トーンを楽しめる
グレージュカラーは、トーンを変えることで印象が変わります。暗めのトーンは暗髪でもおしゃれ。仕事柄、「派手な色はできないけど黒すぎて重たく見えるのが嫌」という人もいるのではないでしょうか?グレージュカラーは暗髪でも光が当たると透明感のある髪に見えるので、軽さが出ておしゃれに見えます。

くすんだ色味で暗めのヘアカラーという印象を持たれがちなグレージュカラーですが、トーンを上げると明るい髪色にもできます。髪の赤みが消え、透明感のある明るい髪色は春夏のファッションやメイクにもぴったり。このように、好みや気分で違った仕上がりを楽しめて、肌が白く見えるのがグレージュカラーの魅力です。

グレージュをオーダーするときのポイント

グレージュをオーダーするポイント
グレージュカラーはグレーとベージュの中間の色とざっくりしています。オーダーするときに「明るめにしてください」といっても、カラー後、思っていた仕上がりと違うことも…。雑誌の写真などで理想を伝えると、美容師さんにスムーズに伝えることができます。

グレージュカラーのおすすめ3選

アッシュグレージュ

アッシュグレージュ
グレージュカラーの中でも人気のアッシュグレージュ。日本人にもなじみやすい髪色で、肌も白く見えます。はじめてグレージュカラーにチャレンジする人にもおすすめです。

ピンクグレージュ

ピンクグレージュ
ピンクだけだと赤みが出て子供っぽい印象になりがちですが、グレージュカラーを加えることで大人かわいい髪色に仕上がります。髪がより柔らかく見えるので暖かい季節にぴったりの髪色です。

カーキグレージュ

カーキグレージュ
カーキグレージュは地毛の赤みが強い人でも、外国人風の髪色になれます。ナチュラルな色味に仕上がるので、会社で明るい髪色が禁止されているOLさんにもおすすめです。

おわりに

髪色を変えるとテンションも上がりますよね。グレージュカラーは透明感が出る、肌の色が白く見える、外国人風の髪色になれるなどメリットがたくさん。トレンドのヘアカラーなので、どんな髪色にしようか悩んでいる人は一度オーダーしてみてはいかがでしょうか?

ユマム
1児(女の子)を持つママライターです。不器用でヘアアレンジが苦手でしたが、練習を重ねて色んなヘアアレンジを楽しめるまでになりました。美容やおしゃれに興味のある女性と同じ目線に立った情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう