ブルーベースの人に似合うメイクのポイントは?

色白の女性

肌には人それぞれ色味やキメの細かさ、肌質などさまざまな違いがあり、大きくブルーベースとイエローベースに分けられます。
今回は、ブルーベースの人にどんなメイクが合うのか、ポイントを押さえながらご紹介していきます。

ブルーベースとは?

さまざまなメイク道具

そもそもブルーベースとは、ベースカラーの中でも青みがかった白い肌を指します。「色白だね」と言われる方に多く、日焼けをすると赤色くなるもののすぐ戻るのも特徴です。

ブルーベースの人に合うメイクは?

ブルーベースの人は肌の色が白く色が映えやすいので、薄い色から濃い色まで、幅広く使えるのが特徴。青みピンクや赤色など、鮮やかな色も似合うのが特徴です。

ブルーベースのメイクのポイント

ブルーベースのメイクのポイント

ここからは、リップとチーク、アイシャドウと、アイテムごとにメイクのポイントをご紹介していきます。

カラーに気を付けたいリップ

ブルーベースの人のリップのポイントとなるのは、カラーです。アイメイクやチークは控えめにしてリップで鮮やかなカラーをプラスする引き算メイクがポイント。今期は透明感がトレンドなので、透け感のある明るいリップはハズレがないです。

色の濃さに注目したいチーク

チークのポイントは色の濃さにあります。肌が白くピンクやコーラル・オレンジ・赤色までハッキリと見えやすく、しっかり色を出そうとするとチークが悪目立ちしてしまいます。ブルーベースの人は自分が思っているよりも控えめに付けるだけで、血色感がでます。

知的でクールな寒色系が似合うアイシャドウ

ブルーベースの人の「アイシャドウ」のポイントは「寒色系」がポイントです。知的でクールな印象を与える寒色系のアイシャドウは、ベースカラーによっては浮いてしまいますが、寒色系も浮かずに使いこなせるのはブルーベースの強み。
あまりブルーは使いたくないという人は「ダークブラウン」を使う事で白目とのコントラストが生まれてハッキリとした顔立ちに仕上がるので合わせてオススメです。

ブルーベースのメイクはカラーが映える!

カラーが映えるブルーベース

ブルーベースの人の強みはどんなカラーでも肌に合い、色が映えるというところにあります。淡いパステルカラーから濃い赤色やピンク、モノトーンまで肌と調和してあなたを魅力的に見せてくれます。

メイクのときには引き算メイクを意識する

カラーを生かそうとするあまり、欲張るとかえってバランスの取れないメイクに仕上がってしまいます。どこに重点を置いてメイクするのか決めてから、引き算メイクで仕上げることでバランスを取りましょう。

おわりに

今回は「ブルーベース」の人に似合うメイクのポイントをご紹介しました。とにかく肌に透明感のあるブルーベースの肌の人はその肌を生かしてカラーとのバランスをとることでグッと魅力的な顔に仕上がります。ぜひ今までのメイクを見直して似合うメイクを楽しんでください。

misia(みーしゃ)
美容ライターmisiaと申します。大手化粧品メーカーで美容部員を経験し、日本化粧品検定1級・2級の知識を活かしてをwebを中心に活動しております。新作コスメやメイク方法、美容など幅広い分野の執筆が得意です。有益な情報提供ができるよう心がけております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう