アメリカで話題のゴージャスメイク!カットクリースアイって何?

目元が派手な女性の画像
今、アメリカで話題の「カットクリースアイ」というメイク方法を知っていますか?とてもきれいで魅力的に見えるメイク方法なのでチャレンジしてみてください。

カットクリースとは?

クリースは「二重の線」の目がくぼんでいる箇所のことです。カットクリースとはダブルラインのことを指しますが、日本人と外国人の目はそもそもの作りが違うので、日本人なら目のくぼんだところ全体と考えます。
カットクリースを強調することでより目の幅を大きく、でか目効果が期待できます。濃いアイメイクを想像する人も多いかもしれませんが、色味やメイクの仕方によっては自然な仕上がりにすることができるのです。

カットクリースアイ メイクの方法

  1. 眼球を頂点とするくぼみにそって弧を描きながら影を作る
  2. 1で作った影の下にコンシーラーで線を引く
  3. 2の線より下に明るいシャドウを乗せる
  4. アイライナー、マスカラで仕上げ

アイシャドウの使い方

まずはカットクリースアイのポイントとなる「影」を作っていきます。外国人は堀が深く分かりやすいですが、日本人は眼球の頂点あたりです。その部分に影を作るために、少し濃いめの「アイシャドウ」を使います。あまり目立つメイクにしたくないときには「マット」のラメが入っていない「ブラウン系」のものを使います。パーティーメイクであれば、ラメが入っているものもオススメです。
影の作り方は眼球の円形に沿って弧を描くように引くことです。目頭から目じりまできれいな半円を作りましょう。

コンシーラーの使い方

続いては「コンシーラー」を使って今作った影を際立たせていきます。コンシーラーがないときには、明るいシルバーやホワイトのアイシャドウも使えます。1で作った影の真下に光が当たったような線を描きます。上からアイシャドウを重ねてしまうのであまり細かいところは気にせずに目じりの少し手前まで1のラインにそって書きます。

最後に好きなカラーの明るいアイシャドウを目の際からコンシーラーの下まで塗っていきます。コンシーラーにも少しかかるようにアイシャドウを付けますが、全てかぶってしまうと最初に描いた影が際立たないので、きれいな状態のコンシーラーも残しておきます。

仕上げのアイメイクのやり方

化粧品のかわいい画像
最後はお好みでアイライナー・マスカラなどを使って仕上げます。カットクリースアイはクリースの部分の線が良く目立つので、アイラインを太めに引くとダブルのきれいなラインができてオススメです。目の幅が狭くなることでより眉毛との間隔が狭まり、美人度がアップします。

カットクリースアイのバリエーション

カットクリースアイはとてもバリエーションが豊富でメイクの仕方によって印象も大きく変わります。自分にあったメイクの方法を探してみてください。

グラデーション強調メイク

カットクリースアイのカラ―のアイシャドウの部分をグラデーションにすると、目の縦幅強調とゴージャスさのアップにつながります。特にブラウン系のアイシャドウや深みのあるカラ―は目元のゴージャスさを強調します。

シンプルダブルライン

シンプルなメイクに仕上げたいときには、目の際のアイラインと説明①の影の部分になるアイシャドウだけでもきれいなダブルラインが描けて魅力的です。
影の部分になるアイシャドウには、マットなアイシャドウや濃いめのアイシャドウを使うと締まってきれいです。

普段使い用カットクリースアイ

普段のメイクでカットクリースアイをするときには、影の部分のアイシャドウを比較的自然な濃さで付けることがポイントです。いつも使っているアイシャドウで十分ですし、目の際のアイラインも控えめに引けばバランスが取れます。

おわりに

今回はアメリカで話題のカットクリースアイについてご紹介しました。簡単にゴージャスな印象に仕上げることができ、目元もグッと力強くなるのでオススメのメイク方法です。

misia(みーしゃ)
美容ライターmisiaと申します。大手化粧品メーカーで美容部員を経験し、日本化粧品検定1級・2級の知識を活かしてをwebを中心に活動しております。新作コスメやメイク方法、美容など幅広い分野の執筆が得意です。有益な情報提供ができるよう心がけております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう