人には聞きにくい!お尻ニキビの原因と対処法

人には聞きにくい!お尻ニキビの原因と対処法

夏に向けてボディケアを頑張りたい今の時期。そんな矢先、自分のお尻にニキビを発見してしまったら、ショックですよね。
普段、目にすることが少ない自分のお尻。ケアを怠っているとニキビができてしまうかもしれません。顔だけでなくお尻もニキビ対策を万全にして、露出が増える時期に向けた準備をしましょう!

お尻ニキビができるのはなぜ?原因をご説明

お尻にニキビが!あなたは大丈夫?

お尻ニキビは大丈夫

お尻ニキビと聞いてドキッとした人はいませんか?普段の生活ではお尻は、洋服に隠れて見えないパーツ。人目に触れないからと思って、ついついケアを怠ってしまいがちですよね。
だからといって気を抜いていると、いつの間にかお尻ニキビができてしまうかもしれません!薄着になるこれからの季節、お尻ニキビができるのは困りもの。「ここしばらく自分のお尻を鏡で見ていない」という人は、ぜひこれを機にチェックしてみましょう!

お尻にニキビができる原因は脂と菌!

原因は脂と菌

ニキビができる原因といえば、皮脂とアクネ菌の存在が欠かせません。毛穴に余分な皮脂がたまると、毛穴の中でアクネ菌が増えやすくなります。このアクネ菌がお肌に炎症を引き起こし、ニキビを作ります。
日本皮膚科学会(※)によると、ニキビができるメカニズムは次のように説明されています。
「アクネ菌はどんな毛穴にもいる常在菌ですが、数が増えると炎症を起こして赤いぶつぶつしたにきびや膿がたまったにきびを引き起こします。」
お尻は汗をかきやすく、下着と洋服で長時間覆われているため、蒸れやすいのが特徴。皮脂がたまりやすく、菌が繁殖しやすい条件が整っているので、ニキビができやすいのです。
さらに、皮脂量のバランスが崩れる背景として、月経や体調不良、ストレスなどよる、ホルモンバランスの乱れが影響していることもあります。お尻にニキビができてしまったら、疲れがたまっていないかなど、身体と心の調子にも気を配ってみましょう。

ウイルスへの感染が原因の可能性も

ウイルスが原因の可能性も?
お尻できたブツブツは、ニキビではなくウイルス性の湿疹であることもあります。代表的なのがヘルペス症です。ヘルペス症とはヘルペスウイルスへの感染によって引き起こされ、赤くプツプツとした水泡をもたらします。水泡は口元や背中など、身体のさまざまなところに現れ、お尻にできることもあります。
ヘルペスウイルスは多くの人が感染するウイルスで、感染者との接触やくしゃみなどの飛沫感染でうつります。日本では20歳の人の46.5%がヘルペスウイルスの抗体を持っており(※2)、いったん治まっても、免疫力が下がったタイミングで再発して、たびたび水泡ができることがあります。知らない間に感染して、ある日突然ブツブツが現れる…ということもあるため、最初は驚いてしまうかもしれませんね。
このようなこともあるため、ニキビ対策をしてもお尻のブツブツが改善されないときは、皮膚科を受診してくださいね。

お尻ニキビへの対処法!スキンケアのコツ

お尻もしっかり肌ケアしてニキビに対策!

お尻ケアを欠かさずに

お尻の悩みは人に相談しづらい問題です。できることなら、セルフケアで対策したいですよね。
炎症がひどい場合や、ニキビかどうか判断がつかない場合は皮膚科医に相談するおすすめです。ごく軽度なものであれば、ケアすることで自然解消することもあります。予防のためにも、毎日きちんとお尻のケアをしていきましょう。

入浴中は“やわ洗い”と“しっかりすすぎ”

やわ洗いとしっかりすすぎ
お尻ニキビの対策はお風呂での洗い方が重要となります。洗い方のポイントは2つ。1つはゴシゴシと洗うのは避けて、やわらかいタッチでお肌にボディソープをなじませること。そして、成分がお肌に残らないよう、しっかりお湯ですすぐことです。
ゴシゴシと洗うとお肌が傷つき、肌荒れの原因になることがあります。また、目が届きにくいお尻はすすぎ残しが起こりやすいパーツです。お風呂ではソフトタッチの“やわ洗い”と“しっかりすすぎ”で、お尻ニキビを予防していきましょう。

保湿ケアは油分と水分のバランスが命

保湿ケアはバランスが大切
お風呂上りに、しっかり保湿ケアを行うことも大切です。保湿は油分と水分のバランスがポイント。
ボディ用の保湿剤は、乾燥しがちな肘やかかとを潤すために、油分をたくさん含んだ商品が少なくありませんが、皮脂がたまりがちなお尻に油分たっぷりのクリームを塗ると、ニキビが悪化する可能性もあります。
お尻周辺のケアは、適度に水分を含んだ保湿剤を塗り、ふっくらすべすべの状態をキープしてくださいね。

お尻ニキビ対策に!お役立ちアイテム

ボディソープは植物オイルがベースの物を

ボディソープは植物由来のもの
まず毎日使うボディソープ。ボディソープに含まれる成分はさまざまな種類がありますが、おすすめは植物オイルが使用されているものです。植物オイルは肌当たりが優しく、洗いあがりのお肌がしっとりします。
また、自然な優しい香りも楽しむことができ、リラックス効果も期待できます。

LEAF&BOTANICS ボディソープラベンダー

LEAF&BOTANICS ボディソープラベンダー

松山油脂
LEAF&BOTANICS ボディソープラベンダー

  • 内容量|300ml
  • 価 格|750円(税抜)
  • 発売日|2018年1月30日
おすすめ度 ★★★★

4.0

きゃりー

ラベンダーの優しい香りが特徴のこちら。ラベンダーオイルやアロエベラ葉エキスがお肌をしっとりさせてくれます。泡切れがよく、べたつかないのも魅力。さらに、シンプルながらオシャレなパッケージデザインもすてきですね。

するする系ローションで塗り漏れ防止!

するするローションで塗り漏れを防ぐ
お尻周辺の保湿にピッタリなのは、するすると伸びのいいボディローション。お風呂上りにサッと手に取って、広い範囲にスッとなじませられる「するする系ローション」は、1本準備しておくと便利ですよ。

サボン ボディミルク

サボン ボディミルク

AUX PARADIS(オゥパラディ)
サボン ボディミルク

  • 内容量|200ml
  • 価 格|3024円
  • 発売日|-
おすすめ度 ★★★★

4.0

きゃりー

かわいいロバのプリントがほどこされたこちらは、するするとした軽めのテクスチャーが特徴。1プッシュでサッと広範囲になじませることができます。
塗った瞬間はサラッとしているので、冬場に濃厚なクリームを使っていた人にはやや物足りないかもしれませんが、ロバミルクの力でなじませた後のお肌は驚くほどモチモチ!べたつきすぎず、お肌をふっくらとさせてくれます。

快適インナーでお尻の蒸れ対策!

インナーで蒸れ対策
お尻の汗対策として、インナーにこだわってはいかがでしょうか?通気性のよいショーツを履けば、日中もお尻が蒸れにくく、ニキビ予防に役立ちます。

ワコール オーガニックコットン ハイレッグショーツ

ワコール オーガニックコットン ハイレッグショーツ

ワコール
ワコール オーガニックコットン ハイレッグショーツ

  • 内容量|1枚
  • 価 格|1800円(税抜)
  • 発売日|-
おすすめ度 ★★★☆☆

3.0

きゃりー

快適な着け心地に定評がある、ワコールの「スゴ衣(SUGOI)」シリーズ。しなやかで軽い生地で、着けているのを忘れそうになるほどです。
オーガニックコットンを使用した独自の生地・縫製で、吸水性に優れているのが特徴。お尻がベタつきがちな真夏もサラッと快適に過ごせるでしょう。

おわりに

普段人の目にふれないお尻も、女性の美に欠かせないパーツです。毎日しっかりお手入れして、お尻ニキビを予防しましょう。
お尻ニキビの対策には、洗い方とスキンケアが肝心です。今回ご紹介した内容を参考にして、すべすべのお尻を手に入れてくださいね!

引用元:
※1にきび・公益社団法人日本皮膚科学会
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa3/q03.html
※2ヘルペスと帯状疱疹・公益社団法人日本皮膚科学会
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa5/q06.html

きゃりー
都内で営業として勤務した後、現在では美容・医療系ライターとして活動中。コスメの成分情報などマニアックなネタを好む。プライベートでは1男1女の子育てに追われ、コスメと洋服の購買欲が止まらない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう