肝斑の原因とすぐにはじめられるケア方法3選

肝斑の原因
年齢を重ねると、肌にまつわる悩みは増えるもの。その中でも深刻で改善が難しいとされているのが、肝斑です。言葉では聞いたことがあっても、肝斑ができる原因や改善方法について、正しく知らない人が多いのではないでしょうか。
今回は、深刻な肌の悩みである肝斑の原因とケア方法について見てみましょう。

肝斑ってなに?

肝斑のケア方法

肝斑とは、目や顔の頰骨(きょうこつ)のまわりにできる、もやっとしたシミ、色素沈着のことを指します。肝斑は一般的に30代~40代の人に多くみられ、左右対称に発症してその範囲が広いのが特徴です。

肝斑は女性ホルモンが大いに関係している

肝斑は、妊娠や出産をきっかけに目立つようになったり、悪化したりする症状のため、女性ホルモンの乱れが肝斑の発生に大きく関係していると言われています。
それ以外にも、経口避妊薬(ピル)の使用や、更年期に差し掛かる時期にも発生したり、悪化したりするケースが多いのです。

シミとの違いは?

紫外線によりメラニン色素が形成され、肌に色が着色するシミは点でできるので、シミの部分をピンポイントで指すことができます。これに対して肝斑は、目元や頬骨全体に薄い色素沈着を起こしている場合が多く、シミと比較するとその範囲が広範囲になります。
黒くて濃い点ができるというよりは、広範囲に小さくて薄いシミができ、もやがかかったようになっているという場合は、シミではなくて肝斑を疑うべきかもしれません。

肝斑対策に効く!今すぐはじめたいケア

肝斑に効くケア

肝斑は体の内側に原因があるため、一般的なシミよりも改善しにくく、スキンケアなどによる外側からのケアと、サプリメントなどによる内側からのケアが重要になります。

サプリメントなどで内側からのケア

肝斑の原因はホルモンバランスの乱れにあるので、内側からのケアが非常に重要です。ビタミンCやトラネキサム酸といった、肌の色素沈着を抑えるはたらきがある成分を積極的に摂取しましょう。皮膚科を受診すれば、サプリメントも処方してもらえます。

摩擦による色素沈着を防ぐ

肝斑は、肌をこすることにより色素が黒っぽく肌に残る色素沈着も原因の一つと考えられます。特に目元はほほの皮膚に比べて3分の1程度の厚みしかないので、少しの摩擦で色素沈着を起こしやすいのです。

紫外線対策は1年中必要

サプリメントやスキンケアをして内部からケアしていても、外部からの刺激に無防備ではその効果は半減してしまいます。外部からのダメージは、摩擦だけではなく紫外線由来のものも無視できません。
UVカット成分を配合した日焼け止めは、日差しの強い夏だけではなく1年を通して使うことで、肌への負担を減らすことができます。

おわりに

肝斑は、その原因が女性ホルモンの影響を受けるため、通常のシミとは異なった内側からのケアが有効です。しかし、それだけではなく、紫外線対策などの基本的なシミ対策も必要です。
肝斑に特化したケアに加え、シミをこれ以上増やさないための紫外線対策も行うようにしましょうね。

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう