憧れのうるおい肌になろう!保水力を高める方法とは

しっかり保湿されている肌
水分をたっぷり抱え込んだ、うるおいのある肌は永遠の憧れ…
プルンと弾んだ、思わず触りたくなるようなもっちり肌になりたい人はきっと多いはず!
さらに、肌がうるおうことで、小じわや毛穴の開き、シミ、くすみ、たるみなどのあらゆる肌トラブルも改善が可能です。
今回は、そんなうるおい肌にかかせない肌の保水力を高める方法についてご紹介します!

洗顔をおろそかにしない!

スキンケアの基本は洗顔から

肌をうるおわせようと思うと、化粧水やクリームをたっぷりつけることを考える人が多いかもしれませんが、スキンケアにおいて重要なのは洗顔です。
メイクや汗で汚れた肌から、きちんと汚れを取り除くことで、スキンケアに含まれる保湿成分が肌に浸透します。
どんなにいい化粧品を使っていても、洗顔をおろそかにしていては、肌に残った汚れが邪魔をして、保湿成分が肌の内部に浸透していかないのです。

クレンジングと洗顔のダブル洗顔が基本

メイク落としは、メイクアイテムのファンデーションなどに含まれる、油性の汚れを落とすことが目的としており、洗顔は汗やほこり、ちりなどの水性の汚れを落とすことが目的です。
メイク落としと洗顔は、落とす汚れが違えば、種類も違うので、どちらか一つでいいということはありません。ダブル洗顔が基本ですよ!

角質ケアでやわらかい肌に

スキンケアの浸透を妨げる、古い角質

きちんと丁寧にスキンケアをしているのに、肌が全然うるおわない…
それは、肌に蓄積された古い角質が原因かもしれません。
角質は、肌の表面に層となってできるもの。乾燥や紫外線、摩擦などの刺激から肌を守ります。しかし、そのまま放っておくと、どんどん蓄積してしまうため、化粧品の保湿成分が肌内部に届きにくくなってしまいます。

保湿成分の浸透力を高める角質ケア

保湿成分を浸透させて保水力を高めるには、週に1回程度、古い角質を除去するのがおすすめ。
除去の方法は肌の表面をすべらせ、ポロポロと角質を絡め取って落とすピーリングジェルや、角質をやわらかくする成分が配合された角質ケア用のローションで、拭き取るのが一般的です。
角質ケアを行うと、保湿成分の浸透力が高くなるだけではなく、肌表面がなめらかになり、ツルツルの手触りになります!ファンデーションもきれいに密着するので、メイクのノリも格段にアップしますよ!

化粧水だけはNG!油分で肌にフタをして

保湿力を高める方法
保水力を上げるために化粧水をたっぷりつけても、クリームはベタベタするから使わない、という人もいるようですが、それはとってももったいない!
せっかく化粧水で肌に入れ込んだ水分も、時間が経過すればどんどん蒸散して乾燥してしまいます。それを防ぐには、化粧水のあとに油分を含んだクリームで閉じ込めてあげなければなりません。
油分が入ったクリームを塗布することで、肌の表面に薄い膜が張られます。そのため、ラップと同じように、水分を逃がさずぴったり肌に保湿成分を包むので、うるおった状態が持続します。
べたつきが嫌いな方は、クリームではなくジェルタイプのものを使用するといいでしょう。
スキンケアの仕上げは、肌の表面にうるおいを逃がさない膜を作るのがポイントです!

テクスチャーではなく成分で選んで

保湿力のある化粧品といえば、テクスチャーにとろみがあり、重ためのものの方がよさそうな印象です。しかし、実際の保湿力にテクスチャーは関係ありません。
肌にしっかりうるおいを届けたいなら、成分で選ぶのがポイント
セラミドなどの浸透力の高い保湿成分を選んで、確実に肌にうるおいを届けましょう!

おわりに

肌の保水力を高めるためには、まず保湿成分をしっかりと浸透できる肌を作ることが大切。
肌表面の汚れや角質を取り除き、浸透力の高い保湿成分を与えることで、あなたの肌もきっとうるおいで満たされ、やわらかくなるはず!
うるおったもっちり肌を、ぜひ自分で体験してみてくださいね!

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう