乾燥肌におすすめブースターオイルの効果とやり方

ブースターオイルの効果
冷たい風が吹き荒れる冬。防寒対策をしっかりして、保温効果のある下着を着こんでいる方も多いでしょう。1日の終わりに下着を脱ぐと、脚や腕が粉ふき状態になってカサカサ…。乾燥が気になるこの季節、ボディーケアに取り入れたいのが、ブースターオイルです。ここでは、「ブースターってなに?」という方のために、ヘルシーなツヤ肌ボディーになれる、ブースターオイルの効果と使い方を分かりやすく伝授します!

ブースターオイルの効果

「ブースター」とは体や顔を洗った後、一番先に使うことで、肌を柔らかくし、その後のスキンケアの浸透性を高めるアイテム。水分だけではなく、美容成分を効率的に肌に取り込むはたらきがあります。ブースターにはローションやオイルタイプがあり、その中でもボディーケアには、肌をしっとり柔らかくしてくれるオイルタイプがぴったりです。

ブースターオイルの選び方

「オイルを塗った後に、化粧水をつけたら水分をはじいてしまった」という経験はありませんか?ブースターとしてオイルを使用するときは、その後使うアイテムの浸透を妨げない、テクスチャーが軽いサラっとしたタイプのオイルを選ぶのがポイント。ベタつくタイプも避けるようにしましょう。

乾燥した肌はゴワゴワしているもの。この状態で、いきなりボディークリームやローションを塗っても成分が浸透しないばかりか、すぐにカサカサ肌に逆戻りしてしまいます。まずはブースターオイルで肌を柔らかくしてあげましょう!

ブースターオイルの使い方

ブースターオイルの使い方
オイルと聞くと「肌にいきなりオイルを塗って浸透するの?」「なんだかベタベタしそう…」といった疑問をもつ方もいるのでは?ブースターオイルは正しい方法で行えば、ベタつきません。ボディーケア効果を、最大限に高める使用方法をマスターしましょう。

ベストタイミングはお風呂上り!

ブースターオイルがもつ柔肌効果を最大限にするコツは、肌が温まり、体に水分が残っているお風呂上りに使用することです。お風呂上りは肌が柔らかくなっているので、ブースターオイルも浸透してくれます。

ブースターオイルは、適量を手のひらにとってなじませ、温めてから肌に伸ばします。乾燥が気になるパーツを中心に、マッサージをするように、優しくていねいに塗りこみましょう。ひざやひじ、かかとなど、ガサガサ感が強いパーツには重ね塗りを。

ブースターオイルの後は、すぐにボディー用ローションやクリームで保湿します。続けているうちに肌が乾燥しにくくなるので、毎日使わなくてもよくなるはずです。週に3から4回を目安に、お手入れしましょう。ブースターオイルと保湿ケアを習慣にすれば、ハリのある肌を実感できるようになるでしょう。

肌タイプごとに選びたいブースターオイル

ブースターとして使用するオイルは、ブースターオイルとして作られたものはもちろん、オールマイティーに使える美容オイルで代用してみてもOK。あなたの肌に合ったオイルを選びましょう!

ブースターに使うオイルならこれ!おすすめ3選

NOCOR ノコア ヒートブースター ボディーマッサージ VCオイル

人間の皮脂に近いホホバオイルをベースに、2種類のビタミンC誘導体を配合しています。サラサラとしたテクスチャーなので、たっぷり使ってもベタつきがありません。合成界面活性剤・パラベン・アルコール・鉱物油・合成香料・着色料不使用で、敏感肌の方におすすめ。リラックス効果のあるオレンジジンジャーの香りで、幸福感が得られます。妊娠線や肉割れの改善にも、効果があるそうです。

草花木果 ゆずの恵み美容オイル

高知県産有機栽培のゆずの種からとったオイル。肌表面のゴワつきを柔らかくし、次に使うスキンケアの浸透をサポートしてくれます。ゆずのさわやかな香りに癒やされる極上オイルです。顔や髪にも使えます。

ソンバーユ

超ロングセラーアイテムであるソンバーユも、ブースターに適したオイル。人間の皮脂に近い馬油は肌なじみがよく、アンチエイジング効果も期待されています。テクスチャーが硬そうな見た目ですが、手の伸ばすとサラサラのオイルに変化するため、少量でもよく伸びるので、コストパフォーマンスもいいといえるでしょう。ソンバーユの後は、ミルクタイプのローションで保湿するとマシュマロのようなふわふわ肌になるでしょう。

おわりに

ゴワゴワ・ガサガサのボディーに、ローションやクリームを塗っても焼け石に水。乾燥がひどくなる冬の間だけでも、ブースターオイルを使用してみてはいかかでしょうか。美容オイルの中には、体や顔、髪など、全身に使えるものもあるので、こうしたアイテムをボディー用ブースターオイルにしてみてもいいでしょう。オイルの力でツヤめく柔肌を手に入れましょう!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!