きれいになりたいならインナーケアをしろ!インナーケアのやり方

きれいな女性
「キレイになりたい!」そう思うなら身体の内側からのケア、インナーケアが必要です。どんなに美しい服やテクニックの効かせたメイクを施したとしても、身体の内部が老化していると、隠せているようで実際には隠しきれなくなります。
ではインナーケアはどのようにすればいいのでしょうか?

インナーケアって何だろう?

インナーケアのやり方

インナーケアとは文字通りインナー=内側のケアであり、身体の内部からケアする美容方法のことを指します。お肌のコンディションを見れば、身体の内部の状態がどうなのかがわかります。
もしお肌の調子がよくないのなら、インナーケアをしたほうがいいというサイン。身体の内部が若々しい状態になれば、それに伴って潤いやハリ感のあるお肌に生まれ変わってきます。
「美しさを手にいれたい…」その思いが強いのなら、「身体の中のキレイ」を保つインナーケアに力を注いでいきましょう。

インナーケアのやり方

インナーケアの方法

インナーケアと聞くと難しいのでは…と思われがちですが、実際のところ普段の生活を見直すだけなので実にシンプルですが、人によっては難しいことがあるかもしれません。

食生活の見直しをする

今の体形や身体の内部の状況は、これまでに食べてきたもので作られています。お米やパンなどの炭水化物の食べ過ぎは、血糖値の急激な上昇を招くだけではなく、体内にある酵素を余分に使うため、身体が疲労しやすくなります。
炭水化物はできれば1日で握りこぶし程度にとどめ、生野菜や果物、そして肉、魚、大豆、卵などのタンパク質を多くとり、 バランスのよい食生活に切り替えることが大切です。

良質な睡眠を十分とる

お肌のゴールデンタイム、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?眠りについてからの3時間がゴールデンタイムで、この間にどれだけ良質な睡眠がとれるかがポイント。
睡眠には深い睡眠のノンレム睡眠と、浅い睡眠のレム睡眠の2種類あります。眠りに入ってからの3時間内に訪れるノンレム睡眠時には、成長ホルモンの分泌量が最大になります。成長期には身長を伸ばすことで知られている成長ホルモンですが、大人になってからも分泌され、その働きには身体の組織の再生や修復、新陳代謝を促すなど多岐にわたります。

成長ホルモンの分泌をうながす睡眠方法

  • 寝る3時間前までには食事を済ませておく
  • スマートフォンやTV、PCなどのブルーライトや強いライトの光は、最低でも寝る1時間前になったら浴びない
  • 寝室の照明は蛍光灯でなく、白熱灯の柔らかい光にして眠りモードに入りやすくする
  • 寝る前には身体を冷やさない

美しさを手にするのに欠かすことのできない睡眠。眠っている時間にいかにクオリティーの高い睡眠をとるかが大切です。あなたのこれまでの睡眠を今一度振り返ってみてください。

適度な運動やエクササイズを取り入れる

ウオーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を取り入れることで、脂肪燃焼と血糖値を下げる効果があります。ヨガや筋トレなどのメニューもプラスすれば、インナーマッスルや筋肉そのものを鍛えることができ、適度な身体の疲労感が良質な睡眠へとつなげてくれます。

インナーケアの注意点とは

インナーケアの注意点

せっかく日常生活の中でインナーケアをしていったとしてもそれを阻害する習慣があることを知っていますか?タバコや過度な飲酒、この2つの習慣は身体の内部に影響を及ぼすので控えた方が良いでしょう。また、お肌の敵となる睡眠不足やストレスにも注意しましょう。

おわりに

「キレイを手に入れたい!」その願望を実現するならあなたの努力は欠かせません。外からのアプローチはそれなりに必要ですが、それ以上に必要なのは身体の内側からのインナーケア。日常生活の中で改善できることが多いですので、ぜひトライしてみてくださいね。インナービューティーで憧れの「美」をGETしましょう。

唯恋
美意識が高く、常に「美」を追求しています。ただし極力お金をかけずに、自分でできるだけの努力をするのが私のポリシーです。「美」を追い求めて日常生活を改善していくと、3ヶ月を過ぎた頃から肌や身体に何かしらの変化が現れてくるので、チャレンジしていて楽しいな…と感じます。「美」に関する分野でこれまでにリサーチしたことや、実際に試してみたことなど、自身の経験も踏まえて色々と発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!