暑い夏は気になる汗!制汗ケアをしっかりしよう

汗をかく女性
暑い夏、一日中炎天下での作業やレジャーで気になるのが、汗の問題。気になるにおいも、出掛ける前にしっかりケアしておけば恐れることはありません。
今回は、夏場に知っておきたい制汗ケアの方法についてご紹介します。

知っておきたい汗の仕組み

エクリン腺とアポクリン腺

エクリン腺とアポクリン腺
人の体には汗をかく「汗腺」が存在しており、汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類が存在します。エクリン腺は体の体温調節のために存在し、アポクリン腺はもともと哺乳類がフェロモンを出すために存在しています。エクリン腺から分泌される汗はほとんど水分ですが、アポクリン腺から分泌される汗は、たんぱく質やアンモニアといったにおい成分で構成されています。アポクリン腺は脇に多く存在するため、特に脇汗はにおいが気になるのです。

汗に雑菌が混ざり、においを発する

雑菌がにおいの原因
エクリン腺からの汗はほとんど水分で、アポクリン腺からのアンモニアを含んだ汗も、発汗直後はそんなににおいは感じられないとされています。汗のにおいは汗をかいたままにしておくことで繁殖する雑菌が原因。汗をそのままにしていたり、通気性の悪い服を着ていると雑菌が繁殖しやすく、においの原因になるのです。

正しい制汗ケアの方法

汗をそのままにしない

汗はキチンとふく
制汗ケアの基本は汗をそのままにしないこと。汗をかいたらこまめに拭き取り、肌に汗を残したままにしないようにしましょう。これで雑菌の繁殖を防ぐことができます。また、着ている洋服に汗が染み込むと、時間が経過すれば洋服からにおいが発生することになります。スポーツやレジャーでは必ず着替えを持参しするようにしましょう。

制汗グッズを利用する

制汗グッズの活用

パウダースプレータイプ

スプレータイプの制汗剤は、噴射の勢いがあるので、脇だけではなく背中などの一人でケアしにくい部分にもアプローチすることができます。清涼感があるので暑さを感じているときに使用しても良いでしょう。
香りにもバリエーションがあるので、気分に合わせて好みのものを選ぶことができます。デオドラントタイプは、お茶に含まれる成分で消臭したり、微粒子化した銀イオンを患部に付着したりすることで汗腺をふさぎ、汗をケアするものもあります。

肌に直接塗布するタイプ

肌に直接塗布するタイプは、ロールオンタイプ、クリームタイプなどのものがあり、肌にピタッと密着させて塗布することで、においをしっかりガードします。汗をかきやすい脇の下や足の指などにも使用できて、パウダースプレータイプの清涼感が苦手な方におすすめです。

シートタイプ

汗をかいてべたついた後の肌の表面を拭き取ることで、汗によるにおいを抑えると同時にさらっとした肌触りにすることができるのがシートタイプです。清涼感があるものはアルコールを使用していることが多いため、敏感肌な方や、目元や口元などの皮膚の薄い部分に使用するときには注意が必要です。

消臭機能のある衣類

衣類の消臭
最近では、繊維に消臭機能を兼ね備えたものを使用し作られた衣類が販売されています。キャミソールや靴下などの肌着で着用すれば、着替えることのできないときでも汗のケアができるのが魅力です。

おわりに

制汗ケアの基本は汗をそのままにせず、においを発生させないためのケアをすること。
ライフスタイルに合わせて使用できる制汗アイテムを選ぶことが重要です。万全のケアで夏の暑い時期も乗り切りましょう!

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.