やりすぎ注意!ピーリングジェルの効果的な使い方とは?

ピーリングジェルで肌がきれいになった女性
空気が乾燥する季節になると、気になるひじやひざ、かかとなどのゴワつき。二の腕やすねにボディークリームを塗っても、なかなか乾燥が改善しないとしたら、古い角質がたまってるのかもしれません。角質を除去するのに便利な、ピーリングジェルを使っている人も多いと思いますが、使いすぎはかえって角質を厚くしてしまいます。ここでは、正しいピーリングジェルの使い方について説明します。ぜひ、参考にしてください。

ピーリングジェルとは?

角質を除去するアイテムには、「ピーリング」「ゴマージュ」「スクラブ」などがあります。どれも古い角質を除去して、新しい肌への生まれ変わりをサポートするのが目的なので、市販されているものはどれも同じような扱いですが、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?

ピーリングジェルの効果。ゴマージュとの違いって?

ピーリングとは、「皮をむく、皮膚をはがす」という意味の言葉。ピーリングジェルは、肌表面の古い角質を柔らかくし、落としやすくすることで、くすみやゴワつきのない新しい肌に生まれ変わらせるのが目的です。使用されている成分は、フルーツ酸と呼ばれるAHAやサリチル酸と呼ばれるBHAなどがあります。

これに対して、ゴマージュやスクラブは天然、または化学的に合成した、小さな粒状の成分を肌にのせてこすることで、古い角質や汚れをからめとっていくもの。粒状の成分は、細かくくだいたクルミの殻やこんにゃくスクラブなどがありますが、それ自体に角質をはがす作用はありません。

ポロポロと落ちてくるのは角質ではない!

筆者は以前、エステサロンでピーリングジェルを使ったケアをしてもらい、エステティシャンから「これ、全部あかなんですよ!」と言われたことがあります。でも、これはウソ。ポロポロと落ちてくるのは、カルボマーと呼ばれるゲル化剤の成分です。ピーリングジェルにも、ポロポロとカスが出てくるものがありますが、これ自体が古い角質というわけではないので、びっくりしないでください。

ピーリングジェルをやりすぎてはいけない理由

使った後、肌がツルツル、すべすべになるピーリングジェル。デートの前などに集中的に使って、「肌をキレイにしたい!」という人もいるかもしれませんが、やりすぎはNG。では、どうしてピーリングのやりすぎはいけないのでしょうか。

ビニール肌や敏感肌の原因に!

本来、古い角質というのは新陳代謝によって、自然にはがれ落ちていくもの。ボディーのゴワつきやくすみは、何らかの理由で新陳代謝がスムーズにいかなくなった状態。ピーリングジェルは、新陳代謝の作用を人工的に引き起こして、肌の生まれ変わらせているようなものなんです。

ピーリングによって肌表面に現れたツルツルの肌は、急いで作られた未完成の細胞でできています。そのため、紫外線やアレルギー物質といった、外からの刺激に弱いのです。ピーリングジェルを何度も使うと、敏感肌になってしまうことがあるので注意しましょう。

また、何度もピーリングすることで、肌そのものが薄くなります。最近よく言われる、「ビニール肌」がこの状態。薄いビニール肌は、キレイに見えても刺激に弱く、老化しやすいという大きな欠点があります。そのままにしておくと、シワシワな肌になってしまう恐れもあるので、ピーリングのやりすぎは厳禁です!

ピーリングジェルの効果的な使い方

ピーリングジェルの効果的な使い方
「ピーリングって怖い!」「やらないほうがいいってこと?」と、思った方もいるかもしれませんが、使い方を間違えなければ、ピーリングジェルはツヤピカボディを作る強い味方になってくれます。最後に、ピーリングジェルの効果的な使い方を一緒にマスターしていきましょう。

ピーリングジェルの使い方とアフターケア

ピーリングジェルを使うときは、はじめに体を洗っておきます。その後、水分をふき取って乾いた状態の肌に、ピーリングジェルを伸ばして、力を入れずにクルクルと円を描くように軽くマッサージして洗い流しましょう。

洗い流した後は、なるべく早く化粧水やボディークリームなどで保湿をしましょう。いつもより、水分や美容成分の浸透もアップした状態なので、ツヤのあるなめらかな肌になれます。

ピーリング後の新しい肌は、外部からの刺激に弱いので、保湿や紫外線対策を忘れないことが大切です。また、使用するペースは週に一度が目安。肌がキレイだなと思ったら、あえて使う必要はありません。肌が極端に乾燥しているときや、生理前などで敏感になっているときは、使用を避けるようにしてくださいね。

クレパシー クリアピーリングジェル

地中海産のクレイと天然のスクラブを配合したピーリングジェル。顔にも使える低刺激タイプです。「背中やデコルテのニキビ跡が気にならなくなった」という声もあります。すっきり落とせるのに、使用後のつっぱり感がなく、洗い上がりはツルツルモチモチ。合成香料・合成着色料・シリコーン・パラベン・鉱物油・防腐剤不使用で、敏感肌の人でも使いやすい処方です。

おわりに

ひじやひざといったボディーパーツは、意外に他人からチェックされているもの。顔はばっちりメイクをしていても、ひじやひざが真っ黒…。そんなボディーでは、恥ずかしいですよね。乾燥する季節こそ、ピーリングジェルを正しく使って、うるおいのあるツルピカボディを目指しましょう!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.