これであなたも小顔になれる!正しいかっさマッサージのやり方

かっさマッサージ 
「かっさ」を使った美容法を試したことはありますか?中国で古くから伝わる美容器具、かっさ。かっさマッサージではデトックス効果や、リフトアップ効果が期待できます。こちらでは、小顔になりたい人必見!正しいかっさマッサージの手順をご紹介します。

「かっさ」とは?基本情報と効果

かっさのルーツは中国の民間療法

「かっさ」とは、独特の丸みを帯びた形が特徴的な「かっさプレート」を使用した美容法です。日本かっさ協会によると、その起源は中国にあります。なんと2500年も前から中国で行われてきた「刮痧(かっさ)療法」がかっさの原点。その歴史の長さから、多くの人に支持されてきたことが伺えますね。

かっさプレートで手軽にデトックス!

かっさプレートで皮膚を擦ると、血液中の毒素を押し出し、滞っていた経路の流れを改善する効果が期待できます。特に、顔周辺にたまった毒素を肌表面に押し出すことで、コリが改善され、美容にも効果的。つまりかっさマッサージとは、自分できるデトックス法でもあるのです。

かっさマッサージの主な美容効果

かっさマッサージによる代表的な美容効果には次のようなものがあります。

  • リフトアップ効果、小顔効果
  • ほうれい線・シワの改善効果
  • 血行促進、代謝アップ

さらに、血行がよくなることでお肌の色がワントーンほど明るくなったり、冷え性改善につながったり、かっさにはうれしい効果が多数あります。

小顔になる!かっさマッサージのやり方

かっさマッサージのやり方

まずは「かっさプレート」を準備

かっさプレートは雑貨店やバラエティーショップなどで販売されています。ネット通販でも取り扱いがあり、さまざまな素材や色のものが入手できます。
すぐにかっさマッサージを試したい人は陶器のレンゲで代用する方法も。身近なものでかっさ体験ができるため、おすすめです。とはいえ、かっさ特有のカーブを使ったマッサージをするためには、ぜひ、かっさプレートを入手してくださいね。

かっさを使った準備のマッサージ

まずは頭皮と首をほぐし、下準備。これを行うことで小顔マッサージの効果アップにつながります。

頭皮を緩めるマッサージ

かっさを髪の生え際部分にあて、ジグザグに動かしながら下ろします。位置を変えながらこの動きを繰り返し、頭皮全体を緩めていきます。

首の経路マッサージ

耳の後ろにかっさをあて、首、首の付け根へと下ろします。少しずつスタート位置をずらし、反対側の耳の後ろまで行います。

かっさを使った、小顔マッサージ

小顔マッサージのやり方です。

ほほのマッサージ

かっさの縦の線をほほあてます。ちょうど、かっさのカーブ部分が頬ほほ密着する形です。目頭と小鼻、口の上をかっさでつなぎ、そのまま目尻の方へと滑らせます。この動作を左右5回ずつ繰り返します。

フェイスラインのマッサージ

かっさを口元にあてます。フェイスラインを通るようにかっさを滑らせ、耳の方へと持ち上げます。この動作を左右5回ずつ繰り返します。

かっさを楽しむために注意したいこと

かっさマッサージをするタイミング

かっさマッサージをするタイミングは、入浴後がおすすめ。湯船につかって血行がよくなっている時に行うと、かっさのデトックス効果を高めることができます。
反対に、避けた方が良よタイミングは食後。満腹の状態で急に血の巡りが良よなると、気分がわ悪なる恐れがあります。食後20~30分ほど開けてから行いましょう。

力の入れ過ぎに要注意!

かっさでマッサージすると、コリがほぐれて「痛気持ちいい‥‥」。ついつい、力が入ってしまうかもしれませんが、擦りす過ぎNGです。特に顔は皮膚が薄くて敏感な部分。最初はソフトタッチで行い、慣れてきてからも痛くない範囲で行いましょう。お肌の滑りが悪い場合は、美容オイルを使うのがおすすめです。

マッサージ後はクールダウン

かっさマッサージ後は、血行が一気によくなるため、身体がほてったり動悸(どうき)がする場合もあります。マッサージをした後は、10~20分程度クールダウンし、激しい動作を避けましょう。深呼吸してリラックス。水分補給も忘れずに行いましょう。

おわりに

手軽にできて小顔につながる、かっさマッサージ。一度試したらその気持ちよさが癖になってしまうかも。かっさの使い方に慣れてきたら短時間でマッサージすることができます。かっさマッサージを取り入れて、スッキリとしたフェイスラインを目指しましょう!

きゃりー
都内で営業として勤務した後、現在では美容・医療系ライターとして活動中。コスメの成分情報などマニアックなネタを好む。プライベートでは1男1女の子育てに追われ、コスメと洋服の購買欲が止まらない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう