リンパマッサージで疲れ顔とおさらば!正しいやり方とは

額と頬に手をあてている人

残業や飲み会続きで、顔が疲れている…。こんなときエステに行けたらうれしいですが、時間的にも金銭的にもそう頻繁にエステには行けませんよね。そんなときには、自分でリンパマッサージをしてみましょう!

リンパの流れを改善する「リンパマッサージ」

顔のマッサージをする人

顔を含む全身にはリンパ管が張り巡らされていて、この管の中ではリンパ液が不純物を運んでいます。血流が悪くなってリンパの流れが悪くなると、老廃物や水分がたまったり酸素や栄養が行き渡らなくなったりして、顔がむくんだりくすんだりしてしまいます。

リンパマッサージ前に!事前ケア

リンパの流れに沿って顔のマッサージをすると、顔の疲れや筋肉のコリの解消、顔のくすみや目の下のクマの改善が期待できます。
マッサージ前に事前ケアをすることで、より効果的なリンパマッサージが期待できます。リンパマッサージの前には、顔周りの頭や首をほぐして、リンパを流れやすくしてあげましょう。

リンパマッサージ前のケアのやり方

  1. 指を頭に軽く押し当て、指で頭皮をもむ
  2. 両手を首の後ろに当て、首の後ろから首の前下(鎖骨あたり)に向かって、斜め下方向にさする
  3. 耳の下から鎖骨へ向かって、首の両側に沿って指でさする
  4. 鎖骨のくぼみに沿って内側から外側へ、指でさする
  5. 脇の下を手で刺激する

※各動きは、それぞれ5回ほど繰り返す。

リンパマッサージのやり方

リンパマッサージのやり方

事前ケアが終わったら、本格的なリンパマッサージのはじまりです。顔の皮膚はデリケートなので、やさしく丁寧に触るのがリンパマッサージの基本です。

パーツ別のリンパマッサージのやり方

リンパマッサージの基本は下から上、外側から内側に流すことをイメージして順番に押していくことですが、パーツによってポイントは多少異なります。

額の中央に指を4本当てて、中央からこめかみまで内側から外側へ向かって、順番に指で押します。中央部分はやや強めに、こめかみ部分は弱めに押すのがポイント。

目・眉の周り

1本の指の腹で、目の周りをやさしくなでたら、2本の指の腹を眉間の上に置き、外側へ向かってこめかみまでなでます。そのままこめかみから耳の上まで指を移動させて耳の上あたりを軽く押します。

鼻の周り

小鼻の横に指1本をそえて、小鼻に沿って上下に15回ほどさすります。

口の周り

口の下に指を当てて、ぐるりと一周するように押していきます。

あご

あごの下に指を当て、耳の下までフェイスラインに沿ってさすります。肘を外側に高くあげて、片側ずつするとやりやすいですよ。

指の腹を目頭の下に当て、目頭から目尻、目尻からアゴ、アゴから目頭の下まで、顔の輪郭をなぞるように指をすべらせます。

リンパマッサージのポイント

リンパマッサージのポイント

安全で効果的なリンパマッサージのためには、マッサージ前に肌をよく保温・保湿することが大切です。肌が十分に保温されて血行を促した状態でリンパマッサージを行うことで、更なるマッサージ効果が期待できます。

マッサージ前の保湿はしっかりと

また、肌が乾燥した状態でリンパマッサージをすると、肌荒れの原因になるので、しっかりと保湿してからマッサージをしましょう。保温も保湿も十分にできているお風呂あがりがリンパマッサージのベストタイミングと言えます。

おわりに

5分でできるリンパマッサージ。やり方を覚えて慣れてしまえば、テレビを見ながら行うこともできます。顔色が悪かったり顔がむくんだりして「疲れ顔」になってしまっているときは、ぜひ試してみてください。顔だけでなく心もすっきりとするはずです!

さきこ
地方都市に住む20代女子です。体の内側からきれいになることを目指していて、栄養学や東洋医学を勉強中。最近は整体に通って、体のメンテナンスをしています。ぽっちゃり体型&童顔なことが悩みで、すっきり大人っぽく見えるファッションやメイクを日々研究しています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう