もしかしてX脚?X脚のチェック方法と簡単にできる治し方

もしかしてX脚?X脚のチェック方法と簡単にできる治し方

O脚と同じくらい現代女性に増えているX脚。「いつも靴の内側がすり減ってしまう」というあなた!もしかするとX脚かもしれません。
X脚は見た目でなく、血行不良や腰痛を引き起こすなど身体にも悪影響を及ぼすので、早めに矯正するのがおすすめです。
今回は、X脚のチェック方法と簡単にできる治し方について紹介します。

日本人女性にも増加中!X脚とは?

X脚とは
X脚とは、脚をそろえて立った時に両ひざ同士がぶつかってかかとがつかない、ひざから下が「ハ」の字のようになっている状態です。「X脚が気になってスカートやスキニーパンツを履けない」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?
X脚は欧米女性に多く、O脚は日本人女性に多いと言われていましたが、最近は日本でもライフスタイルの変化により、X脚になる女性が増えています。X脚やO脚は、普段の生活で間違った身体の使い方により、骨盤の歪みや筋肉のバランスが崩れたりすることが原因となっています。つまり、これまでの悪い癖を改善し、正しい姿勢で生活をすることで、まっすぐな脚に近づくことが可能ということなのです。

なぜX脚になるの?

日常生活の癖が原因のX脚

日常生活の習慣が原因
X脚は普段の生活での歩き方や座り方、立ち方などの悪いくせが原因です。次のような原因が考えられるので、心あたりがないかチェックしてみてください。

  • ヒールの高い靴や自分の足に合っていない靴をよく履いている
  • 足座る時に、足を組む癖がある
  • 正座やお姉さん座りをよくする
  • よくあぐらをかく
  • 運動不足
  • バッグを持つ時、同じ方の肩にばかりかける
  • 片足重心または足をクロスさせて立つことが多い

このような癖を続けていると、体の片側ばかりに重心がかかり、骨盤が歪んだりしてしまいます。X脚を改善するには、エクササイズやストレッチといった方法が一般的ですが、同時に悪い癖を改善して正しい姿勢で生活できるように心がけることが重要です

X脚を放っておくと健康面にも影響が!

X脚は健康にも悪影響
X脚に悩んでいる人の中には、見た目の悪さが気になって「どうにかしたい」と思っている人も多いでしょう。しかし、X脚は骨盤の歪みなどが原因となっているので、見た目が悪いだけでなく、健康面にも悪影響を及ぼします

冷えやむくみ

X脚は、骨盤の歪みや筋力低下で血流が滞ってしまいます。そのため、体内にある余分な水分が外へ排出されにくくなり、冷えや足のむくみを引き起こすのです。他にも、生理不順につながる可能性もあります。

腰痛

X脚は骨盤が歪み、位置がずれているので、正しく筋肉が使えていない状態です。そのため、腰痛を引き起こしやすくなります。

肥満やひざ痛

X脚になると、体のバランスが悪くなることで太ももの筋肉が弱まり、脂肪の代謝が低下し、肥満になりやすくなります。他にも、体重が増えることでひざへ負担がかかるので、ひざ痛を引き起こす可能性も。

自分でできるX脚チェック方法

簡単にできるX脚のチェック方法

簡単にできるX脚のチェック法

  1. 左右のかかとの間をこぶし一つ開けた状態で立ち、足の指を15度外側に開く。
  2. 視線を正面まっすぐにし、背筋を伸ばしたら、ひざを曲げる。

このようにして、ひざを曲げた時にひざが内側に向かっている場合はX脚です。他にも、いつも靴の内側の減りが早いという人も、X脚の可能性が高いと考えられます

自宅でも簡単にできるX脚の治し方

簡単で気軽にできる!バスタオルを使ったX脚改善ジャンプ

用意するもの

バスタオル

やり方

  1. ロール状に巻いたバスタオルを内ももの一番上に挟み、両足をとじる。
  2. 両手を胸の前でクロスし、内ももにギュッと力を入れて、バスタオルを抑える。お尻の穴をしめることを意識するのがポイント。
  3. 2の状態のまま、膝を曲げずに小さくジャンプする。ジャンプしている途中で足が開かないようにすること。10~30秒を2セットするのがおすすめです。

1日1分と短時間で簡単なので、お風呂あがりに脱衣所で身体を拭くついででもできそうですよね。最初、「つらい」と感じる人は、10秒からはじめてください。慣れてから徐々に時間を延ばしてやってみましょう。

隙間時間にできるX脚改善エクササイズ

  1. 両かかとをくっつけて、つま先を開き、手を腰においたら、ひざを開きながら曲げる。
  2. 1の状態からひざ同士をくっつけて、ひざを閉じたまま脚を伸ばし、ひざを伸ばし切らないとこまできたら、息を吐きながらお尻をしめて3秒キープする。
  3. 1~2までをもう一度繰り返す。これを5セット行ってください。
  4. 5セット目の最後は、ひざをつけたままかかとを少し上げて5秒キープしてから終わる。

X脚だけでなく、O脚にも効果が期待できます。このエクササイズなら、デスクワークなどで長時間座りっぱなしになる時もこまめに立ち上がって取り入れやすいですね。

寝ながらX脚改善!赤ちゃんポーズストレッチ

赤ちゃんポーズストレッチ

やり方

  1. あおむけに寝転がり、ひざを立て、両手をおなかの上で組む。
  2. 1の状態から息を吐きながら、太ももを胸に近づけていき、両手でひざを抱え、また息を吐きながら両手でさらにひざとおなかへ近づける。

このストレッチはリラックスタイムにテレビを見ながら、寝る前にベッドで寝転がりながらでもできます。赤ちゃんがお母さんのおなかにいる時のようなポーズをイメージして、リラックスしながらしてみましょう。

内側に歪んだ足を外側に押して脱X脚!あぐらストレッチ

やり方

  1. 床に骨盤を立てて座り、両足を開き、足の裏をくっつけてあぐらのようなポーズを作る。
  2. 手で足のすねの骨を押す。30秒を3セット行ってください。

X脚はひざが内側に向いた状態なので、ストレッチで外方向へ押すことで、徐々にまっすぐした正しい脚の状態に近づけることができます。X脚の人は、座る時に骨盤が前に倒れがちなので、骨盤を立てることをしっかり意識しながらやってみてください。
このストレッチは、X脚改善はもちろん、凝り固まった股関節を柔らかくすることができるので、お風呂あがりで体が温まった状態の時にぜひ取り入れてみてください。

普段の生活で気を付けたいこと

普段の生活の改善点
X脚は普段の生活のささいな癖が原因です。改善するためには、座る時に足を組んだり、立つ時に片足重心をしたりせずに、背筋を伸ばし、胸を張った正しい姿勢を意識するようにしましょう。また、なるべくハイヒールの靴ではない歩きやすいスニーカーを履く、荷物を持つ時はこまめに持ち手を変えるなど、身体の片方だけに重心がかからないようにするのもポイント。
慣れるまでは大変ですが、毎日続けることで自然に正しい姿勢を作れるようになりますよ。

おわりに

X脚になる原因は、普段の生活での癖や姿勢、歩き方などが影響していることがほとんど。
今回紹介したX脚の治し方は1日1分でできる簡単なエクササイズやストレッチなので、憧れの美脚に近づくためにも、毎日コツコツと続けてみましょう。

ユマム
1児(女の子)を持つママライターです。不器用でヘアアレンジが苦手でしたが、練習を重ねて色んなヘアアレンジを楽しめるまでになりました。美容やおしゃれに興味のある女性と同じ目線に立った情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう