間違えると虫歯になりやすい八重歯の正しい歯磨きの仕方

歯磨きをしている女性
女性の八重歯はかわいらしい印象がありますが、歯磨きの仕方が難しく、虫歯が心配です。知らない間に虫歯の症状が進行してしまわないように、日頃から正しい歯磨きで八重歯をきれいに保つことが大切です。こちらでは、八重歯になる原因や、正しいオーラルケアの方法をご紹介します。

意外と知らない「八重歯」の基礎知識

かわいいけれど…八重歯は虫歯になりやすい!

にっこり笑ったときに、ちょこんと八重歯が見える女性はかわいらしく魅力的です。八重歯は女性にとってチャームポイントの一つですが、丁寧に歯磨きをしなければ虫歯になりやすいといわれています。八重歯が突出していると歯並びがアンバランスになりやすく、歯ブラシが届きにくいので困りもの。ぜひとも、丁寧に歯磨きをしたいものですね。

そもそも「八重歯」とは?どんな状態?

一般的に「八重歯」と言えば、犬歯と呼ばれるとがった歯が前に飛び出した状態を指します。八重歯が前に出ている歯並びでは、歯の大きさが前後と比べて不均一であったり、歯と歯の間がアンバランスだったりするケースが多く見られます。
八重歯が出て歯並びがデコボコになった状態は「乱ぐい」と呼ばれます。かわいらしい印象の八重歯ですが、歯科医療の観点からは、特別なケアが必要なのです。

八重歯になる原因はさまざま

八重歯になる原因は、顎の骨の形や歯の大きさなど、先天的な側面が大きいとされています。しかし、後天的な理由が関わっているケースもあります。小さいころから柔らかい物ばかり食べているせいで顎の骨が発達不足だと、永久歯が生える際にスペースが不足し、八重歯になる場合があります。
この他にも、乳歯が適切な時期に生え変わらない場合や、余分な歯が生えてしまう場合など、八重歯になる原因にはさまざまなものがあります。

八重歯が危険!?気になる症状とリスク

八重歯の気になる3つのリスク!

八重歯のお手入れがおろそかになると、以下の症状を引き起こす可能性があります。

虫歯

歯列の中で八重歯だけが飛び出ているため、歯ブラシが届きにくく、虫歯のリスクが。

歯肉退縮

やみくもに磨き過ぎるのも危険です。歯ブラシが強くあたりすぎると歯茎が痩せて、知覚過敏を引きおこす心配も。

歯周病

磨き残しによって細菌の塊であるプラークが残ると、八重歯そのものだけでなく、周辺の組織が破壊される恐れが…。

放置すると危険!虫歯の経過

「痛くなってから歯医者に行けばいい」と考えている人は要注意!虫歯の初期~中期段階は痛みがないケースが多いのです。初期の虫歯は、歯に付着したプラークによって歯のエナメル質が溶けてしまった状態で、やがて歯に穴が開き、内側にある象牙質にも浸食が及びます。この段階でも痛みを感じないことが多く、最終的には虫歯が神経や血管付近にまで及び、激痛をもたらします。できることなら、このような事態は避けたいものですね。

虫歯になりやすい人は生活に問題アリ!?

虫歯をもたらす細菌の種類には個人差があるものの、虫歯菌が全くいない人の方が珍しいといわれています。虫歯の危険度を左右するのは生活習慣です。規則正しい食事と、正しい歯磨き習慣が予防のポイントです。間食が多い人は、口の中にプラークがたまりやすい状況にあります。さらに、食後の歯磨きを忘れがちな人や、間違った磨き方でプラークが残りがちな人は、虫歯予備軍かも。正しい磨き方で八重歯をケアすることが大切です。

虫歯予防に効果的な歯磨きの方法とは?

大きな歯を磨く女性

正しいブラッシング法で虫歯予防!

虫歯予防・歯周病予防のために実践したい、歯磨きの手順をご説明します。

  1. かむ面に歯ブラシをあて、小刻みに前後します。
  2. 歯の表側と裏側は、歯ブラシを直角にあて、往復させます。
  3. 歯と歯茎の境目に移動し、斜め45度になるように歯ブラシをあて、細かく振動させます。表側と裏側の歯茎、両方を行います。
  4. 歯ブラシを縦方向に持ち替え、八重歯を丁寧に磨きます。
  5. 歯の間にデンタルフロスを使います。

歯と歯茎を守る!歯ブラシのポイント

ブラッシングのコツと注意点をご説明します。

古い歯ブラシを使わない

衛生的に保つためにも、1カ月に1回を目安に新しくしましょう。

力を入れ過ぎない

歯ブラシを弱い力で小刻みに振動させて磨きましょう。

歯ブラシは「ペン持ち」で

細かく動かすために、歯ブラシはペンを持つように優しく握ります。

定番コースを決めて磨き忘れを予防

奥から前、右から左、など、自分なりの磨き順を作って八重歯の磨き忘れを予防しましょう!

定期的な受診でお口のメンテナンス

八重歯の大きさや角度によっては、物理的に歯ブラシで触れることができない部分ができてしまうケースもあります。セルフケアだけでは落とせないプラークの除去や、虫歯や歯周病などを早期発見するためにも、定期的に歯医者を受診することがおすすめです。医療施設によっては、日頃の歯磨きの仕方を医師や歯科衛生士がチェックしてくれる場合もあるため、ぜひ相談してみてくださいね。

おわりに

かわいらしい印象の反面、お手入れが難しい八重歯。毎日の歯磨きは正しい手順を守って行い、しっかり汚れを取り除きましょう。八重歯がきれいだと、笑ったときの印象がアップしそうです。歯の健康のためにも、お口の中を清潔に保ちましょう!

きゃりー
都内で営業として勤務した後、現在では美容・医療系ライターとして活動中。コスメの成分情報などマニアックなネタを好む。プライベートでは1男1女の子育てに追われ、コスメと洋服の購買欲が止まらない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう