50代からダイエットする人へ、注意するべきポイントとおすすめの方法

50代のイメージ
40代頃からから急激に太りはじめ、50代になってますますふくよかになってしまった。こんな風に歳を重ねるにつれて太り続けることは、健康にも良くありません。
若い頃のように見た目の美しさやスタイルの良さを追求するためではなく、体のことを考えてダイエットをしたい、という方も少なくないはずです。
今回はそんな50代に向けて、これからすぐに実践できるおすすめのダイエット方法と注意点をご紹介いたします。

50代の痩せにくい理由

つまめるおなかの肉のイメージ

女性ホルモン

50代、いわゆる更年期になると女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が減少します。エストロゲンは脂肪を燃焼するために必要なホルモンであり、加齢によってその分泌量が減ることで、燃焼しきれなくなった脂肪が体内に蓄積されるのです。

筋力

誰もが感じているであろう体力の低下。年々疲れやすくなってきているのは誰もが同じ。普段から運動する習慣が無ければなおさらです。年齢を重ねるとどうしても筋力が低下することで体の基礎代謝が落ち、消費されるエネルギーが減少することで、太りやすい体になっているのです。

内蔵脂肪

最近出てきたおなかがぽっこり出てきた…。そんな人は、もしかしなくても内臓脂肪がたっぷりついた、メタボリック症候群の疑いがあります。
女性は男性と比べて内蔵脂肪よりも皮下脂肪がつきやすいといわれていますが、更年期で女性ホルモンが減少すると、内蔵脂肪がつきやすくなります。また、閉経するとホルモンバランスが崩れることで更年期障害になりやすく、さらに内臓脂肪もつきやすくなります。

50代におすすめのダイエット方法

自転車に乗って運動するイメージ

食事でダイエット

ダイエットの基本は、まずは食事内容を見直すこと。若いときよりも代謝が落ちているのに食事内容を見直さなければ、摂取カロリーが消費カロリーを上回るのは当たり前。一汁三菜を基本に、低カロリーで低脂質な、バランスの良い食事を心がけてください。
おやつや間食はできる限り控えたいものですが、どうしても食べたいときは、食べ応えがあり手軽に満腹感を得られるナッツ類や、低カロリーな食べ物を選んでください。

運動でダイエット

食生活を見直したら、次は消費カロリーを増やすための運動です。そうはいっても筋力・体力ともに衰え気味の50代。無理をせず続けるためにも、足腰に負担がかかり過ぎない程度の運動が好ましいでしょう。
散歩を兼ねた軽いウォーキングや近くにジムや公共施設があるなら水泳も良いですね。張り切って本格的な運動をはじめるのではなく、日常生活の中で体を動かすことを心がけましょう。

サプリメントでダイエット

少しくらいならお金をかけても良いかな、と考える方におすすめなのが、ダイエットサプリメントです。
不足する女性ホルモンの分泌をうながしたりサポートする成分のサプリメントを摂取することで、加齢によるホルモンバランスの崩れをサポートすることが期待できます。

ダイエットの注意点

ヘルシーな食事のイメージ
50代からのダイエットで注意しておきたいのが、無理のしすぎです。
痩せたいからといって「少しくらい食べなくても平気。」といった考えはNG。栄養バランスが崩れると病気のリスクを高めることにつながります。また、運動も関節部分に負担がかかるような運動では長続きしませんし、無理な運動が原因で腰痛や関節痛になってしまえば大変です。
食事にしても運動にしても、適度におこなうことがポイントと言えます。

おわりに

50代からダイエットをはじめるときのポイントについて見てきました。健康のためにも、これからダイエットをはじめてみようと思っている方の参考に少しでもなれば幸いです。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう