ファスティングダイエットの効果とは?断食の効果的なやり方と注意点

野菜・果物スムージー
女性なら誰しもが憧れる、細くてしなやかなボディライン。誰でも人生で一度くらいは「ダイエットをしてみよう!」と思ったことがあるのではないでしょうか?
世の中にはさまざまなダイエット方法がありますが、ただ痩せるだけでなく、健康的に美しい身体作りを目指している、という方にぴったりなダイエット方法が「ファスティングダイット」です。
今回は、「健康的に美しく」という言葉にピンときたあなたに向けて、「ファスティングダイエット」のすべてを、説明していこうと思います。

そもそも「ファスティングダイエット」ってなに?

果物とケーキを比べる女性

ファスティングダイエットとは、一定期間食事を取らないことで、身体を空っぽにする期間を作ることで体内の毒素を排出し、身体の免疫力を上げて身体が自然と痩せるというダイエット方法です。
これだけ聞いて「え?何も食べられないの?」と思っているそこのあなた、安心してください。ここでいう「食事を取らない」とは、無駄なものは摂取しないということ。ファスティング中は酵素ドリンクやスムージー、野菜ジュース、野菜スープなどを食べることで、体内環境の正常化も狙います。
ファスティングダイエットの中で最もポピュラーなのが、野菜や果物、ハーブなどを発酵させた酵素ドリンクと、水だけで断食する方法です。

ファスティングダイエットのやり方

ウエストをメジャーで測る女性

準備期

まず、必ず準備期間を設けてください。これは身体に対してこれから断食するということを知らせる、大切な期間です。
準備期間では負担を抑えるため、揚げ物やお肉、加工食品などは避けて、和食中心の食事を心がけます。分量も普段の3分の2程度に抑えて、アルコールやお菓子も控えましょう。

断食期間(ファスティング)

3日前後を目安に本格的な断食期間に入ります。朝・昼・版すべてにおいて、市販されているファスティングドリンクや酵素ドリンク、野菜ジュースなどを飲みます。
普段の飲みものは市販の野菜ジュース、甘いものが欲しいときは100%果物ジュースを飲むようにしましょう。決まったものだけを摂取するように心がけていれば、基本的にはドリンクの量に制限はありません。
酵素ドリンクやスムージーのレシピ本なども出ていますので、さまざまな飲み方で楽しみながら実践することをオススメします。

復食期間(回復期)

断食期間が終了したら、まずはおかゆなど消化器官に負担の少ない食べ物から徐々に普通食に戻していきます。いきなりステーキやハンバーグなどを食べると、体に負担をかけることになるので、体調と相談しながら慎重に食事を調整します。

ファスティングダイエットのメリット

おなか周りを測る女性

体重が減る

まずは一番の目的であるダイエット効果です。摂取カロリーが減るだけではなく脂質を控えるメニューになるので、自然と無駄な脂肪も減り、わずかな期間のファスティングダイエットでも目に見えるダイエット効果が出る人もいます。

デトックス効果

ファスティングダイエットのダイエット以外の特徴として、デトックス効果も期待できます。断食期間で身体の中を空っぽにすることにより、大腸の動きが活発になり、体内環境、特に腸内環境の改善が期待できます。
また、余計な脂質を摂取しないので、コレステロール値が下がり、肝機能の回復が期待できます。

肌がキレイになる

消化器官が活性化されることにより、体は摂取した栄養素を最大限にいかそうとします。細胞の隅々まで栄養が行き届き、肌のターンオーバーが正常化され、美しい健康な肌を生成します。

免疫力が上がる

内臓がきちんと休まると、白血球が活性化して免疫力が高まります。これにより病原菌やがん細胞など、さまざまな病気に対して抵抗力がつくことが期待できます。
また、断食により腸がキレイになることで善玉菌が増え、腸内環境も整いやすくなります。

ファスティングダイエットのデメリット

コップの水を飲む女性

リバウンドを起こしやすい

短期間で体重の減少が起きると、脳が飢餓状態だと勘違いしてしまい、摂取したエネルギーを脂肪としてためこむ性質があります。
この状態で食事量を通常の状態に戻すと、短期間の体重減少のあとにリバウンドするリスクがあります。

集中力の低下

脳に最も大切な栄養素は糖分です。ファスティングダイエットで糖分が足りない状態が続くと、集中力を維持するのが難しくなることがあります。

筋肉の減少

断食をすると、身体は生命維持に欠かせない脂肪を守るため、筋肉を分解してエネルギーとして使用します。ファスティングダイエットと並行して軽い筋トレをする人もいますが、「断食しながら運動」という初心者にはつらい選択肢になります。
ただ、ある程度の負荷をかける必要はあるので、余裕があるのであれば筋トレを導入するのは効果的です。

ファスティングダイエットの注意点

ファスティングダイエットの注意点

生活習慣

断食を含むファスティングダイエットでは、体調が急変しやすいため、体調の良いときに実行するようにします。また、体に負担がかかるサウナや暑いお風呂などは控えましょう。
体への負担を軽くするためにも、メリハリをつけた生活を送ることが欠かせません。

運動

よりダイエット効果を高めるためには、余裕がある人は軽い筋トレとあわせると効果的です。ただし、急な負荷を避けるためにも激しい運動は避けてください。

食生活・嗜好品

体にかかる負担を最小限に抑えるためにも、1日の水分の摂取量の目安である1リットルを上回る水分を摂取するように心がけましょう。ファスティングダイエット中の水分量の目安は、2リットル前後と言われています。
また、過度な負担をかけないためにも、アルコールやタバコ、カフェインなどの刺激物の摂取は控えましょう。

おわりに

いかがでしょうか。ファスティングダイエットについての理解は深まりましたか?何事にも向き不向きがあるので、ファスティングダイエットについてよく理解した上で、無理をしない範囲で挑戦してみてはいかがでしょうか。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう