朝、通勤途中に手軽にできる運動で効率的にダイエット!

腰を気にする女性
ボーっと過ごしがちな通勤時間ですが、この時間はダイエットに絶好のチャンス。ダイエットを意識してちょっとした動作に気を付けるだけで、その効果は大きく変わります。
今回は、通勤中に実践できる効率的なダイエット方法を紹介しちゃいます。

通勤の方法を変える

顎に手を当てて悩む女性

いつもより多く歩く

通勤方法はバスですか?電車ですか?どちらにしても数駅手前で下りて、会社まで余分に歩いてみましょう。有酸素運動であるウォーキングは、20分以上続けることでカロリー消費が期待できます。姿勢良く歩くことを心がけると、より効率的なカロリー消費が期待できます。
また、ウォーキングをサポートしてくれる専用シューズの購入もおすすめ。ハイヒールや普通のスニーカーで歩くよりもカロリーが消費しやすいので、履き替えるだけで効果が倍増。会社で履き替えれば仕事にも支障はありません。

自転車

自転車は歩くよりも消費カロリーが高く、簡単にできて続けやすい運動です。自宅から最寄り駅ではなく、少し先の駅まで自転車通勤というのも良い方法です。職場が遠くないのであれば、職場に直接自転車通勤も良いかもしれません。
仮に片道15分、1日に往復30分自転車をこいだとすると、約350kcalのカロリー消費をする計算になり、鶏もも肉の唐揚げ100gと同程度のカロリーを消費したことに相当します。
しかも、自転車は体力作りにもつながり、筋肉量のアップも期待できます。筋肉量が増えれば自然と基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすく痩せやすい身体へと変化するのです。

通勤中に意識したいダイエット4選

風を切って歩く女性

「階段」を意識して

駅でついついエスカレーターやエレベーターを使っていませんか?階段を使うことを心がけるだけで日々の消費カロリーはずいぶんと上がります。
階段での昇り降りは太ももの筋肉を使うので、足腰が鍛えられるだけではなく、美脚効果や脚痩せ効果が期待できます。

「立つ」を意識して

電車やバスで、席が空いていると取りあえず座る、という方は多いはず。こんなときこそ、少し我慢。立っているだけで座るよりも倍近くのカロリーを消費すると言われています。こんな手軽な痩せチャンス、あなたは逃してしまってもいいのですか?

「呼吸」を意識して

立つことを意識しても、ボーっと立っているのはNG。立っているときはおなかをへこませることを意識しましょう。足を肩幅に開いて息を大きく吸い込み、おなかはへこませたまま、呼吸は深くゆっくりしましょう。
呼吸によるダイエットは、どんな姿勢でもできるダイエット方法の一つ。気づいたときは常に腹筋を意識しておきましょう。ダイエット中は、少しの時間も見逃してはいけません。

「ヒップ」を意識して

電車やバスで席が空いている。今日はどうしても座りたい。そんなときだってありますよね。座ったときは、座ったなりのダイエットをすれば良いのです。
座っているときは、おしりの両側に力を入れたりゆるめたりしてみてください。これを繰り返すことで、おしりの筋肉を鍛えてヒップアップが期待できます。周囲に気づかれないようにひっそりやりましょう。

おわりに

このように、通勤中にできるダイエットは少なくありません。ちょっとした心がけ次第で、あなたも通勤するたびにキレイになる。そんなすてきな毎日をすごしてみてください。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう