授乳で痩せる?母乳でする産後ダイエットのポイントとは

おっぱいを吸う乳児
授乳は多くのカロリーを消費するため、近年では赤ちゃんを母乳で育てることで産後無理なくできるダイエット方法の一つとして注目を集めています。
ただ授乳するだけではなく、いくつかのポイントを踏まえることでダイエット効果をさらに高めることができます。
今回は、母乳育児でおこなう産後ダイエットと、より効果を高めるためのポイントを見てみましょう。

授乳するだけ?産後ダイエットのやり方とタイミング

ベビーカーを押す女性のイメージ

授乳するだけでなぜ痩せる?

赤ちゃんが生まれると、プロラクチンというホルモンが脳の下垂体から分泌され、乳腺が活発化して血液を成分として母乳がつくられるようになります。同時にオキシトシンというホルモンが分泌され、乳腺でつくられた母乳は乳頭へと押し出されます。
授乳すると痩せるのは、これら一連の働きによって1日に約600〜800カロリーを消費するためです。これはランニングで1時間半〜2時間分、速めのウォーキングでは2時間〜2時間半分の消費エネルギーに匹敵します。
また、オキシトシンの分泌は子宮の収縮を促進する働きもあり、産後の肥立ちも良くすることが期待できます。

産後ダイエットを始める時期

授乳をはじめるとそれに便乗して早くダイエット効果を実感したいと思いがちですが、これには注意が必要です。
出産後の体力的にも精神的にも疲労し切っている状態でダイエットをはじめると、体の機能が十分に回復しなかったり、回復を遅らせてしまったりすることになります。
特に産後の約6〜8週間は産褥期(さんじょくき)と言われ、体が妊娠前の状態に回復しようとするための大切な期間です。
この期間は無理をせず、なるべく安静にして過ごすことが大切です。産後の1ヶ月検診で体の回復が順調であることを確認してから、徐々にダイエットを始めていくと良いでしょう。

授乳中の食欲との付き合い方

体調不良で横たわる女性
授乳を続けると体内の栄養素が不足するので、自然と食欲旺盛になります。
授乳でカロリーを消費するからといって、好きなだけ食べていると、痩せるどころか太ることになります。反対にダイエットを意識しすぎれば、無理な食事制限で倒れる可能性もあります。極端なカロリーコントロールをしないよう、授乳中の食欲との付き合い方には十分に注意しましょう。

食事の栄養バランスを考える

赤ちゃんを抱える女性
母乳育児がはじまると赤ちゃん中心の生活になるため、時間的な余裕がなくなり、気づけば手間がかからず気軽に食べられる加工食品や調理パンなどが食事の中心となります。
手軽に食べられるものには、栄養の偏った高カロリーのものが多く、手軽な食事が中心となると、母乳への影響はもちろん、ダイエット効果が大きく削がれることになります。
また味の濃いものを食べ続けていると、乳腺炎になりやすいといわれています。授乳中は、バランスの取れた食事を取ることを心がけることが大切です。

では、バランスの取れた食事とはどのようなものでしょうか。一般的には、

  • 主食…ごはん、パン、めん類などの炭水化物
  • 主菜…魚、肉、卵などのたんぱく質や脂質
  • 副菜…野菜を使った料理など、ビタミンやミネラル

この3つが揃っているものが、栄養バランスの取れた食事とされています。
栄養バランスの取れた食事を取ることは、母乳の質を良くするだけではなく、ダイエットの効果を最大限に高めることにもつながります。

育児ストレスの発散方法

美味しそうに食事をする女性
子育てがはじまると、授乳をはじめオムツを替えたり入浴をさせたりと四六時中赤ちゃんの世話で忙しくなり、生活リズムが大きく変わります。そのため、ストレスを感じることも多くなりがち。
ストレスをうまく発散できずにいると暴飲暴食につながり、体重増加にもつながりかねません。ストレス発散が食べることや飲むことに向かないよう、十分な注意が必要です。
産後、体が十分に回復したあとは適度な運動もできるようになります。育児の合間に時間を見つけて軽く体を動かすと気分転換にもなります。ベビーカーで赤ちゃんと少し散歩するのも良いでしょう。
適度な運動は授乳中のダイエットと共に良い効果をもたらします。

おわりに

ここでは、授乳すると痩せることのしくみや、母乳育児で行う産後ダイエットの落とし穴をいくつか紹介してきました。
授乳によるカロリー消費は、条件により個人差があります。何よりも赤ちゃんとお母さんの体が一番大切です。無理をせず少しずつ実践していきましょう。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう