くるんとデコ出しかわいいポンパドールのやり方

ポンパドールのイメージ1
おしゃれな女子がヘアアレンジで取り入れているポンパドール。デコ出しがとてもかわいいですよね!上手にポンパドールを作る方法がいまいち分からず、「してみたいけど、何だか難しそう」という声も。ポンパドールはコツさえつかめばとても簡単にできます。そこでポンパドールのやり方について解説していきます。

ポンパドールってどんなヘアスタイル?

ポンパドールは、前髪をくるんとアップさせたヘアスタイルです。おでこを出して顔全体が見えるので元気で明るい印象になります。伸びかけのうっとうしい前髪もポンパドールですっきりさせることができます。でも、ちょっと間違うとダサくなったり、盛りすぎるとこわい印象になったりするデメリットも。

コツをつかめば簡単!ポンパドールのやり方

難しそうなポンパドールは、やり方のポイントを押さえれば意外と簡単にできます。ポンパドールに必要な道具も、ピンとくし、ヘアスプレー、ワックスがあれば大丈夫です。早速やり方を解説していきます。

ポンパドールの基本のやり方

ポンパドールの基本となる巻き方がどのようなものかを見てみましょう。

  1. 両目幅くらいに前髪をとってください。三角形を作るイメージです。前髪の幅を広く取りすぎると、おでこが広く見えたり、顔が大きく見えたりするので注意が必要です。
  2. 三角形を作っている毛束を垂直にして、後ろからくしで逆毛を立ててください。あまり立てすぎると盛りすぎになってしまうので、程ほどがいいででしょう。
  3. 倒しながら半回転させるようにねじってください。ボリュームを出すために少し前に出しましょう。ぺたっと倒してしまうとダサい印象になってしまいます。
  4. ねじったところをピンでとめれば完成です。

ポンパドールは、時間がたつと崩れやすいので、最初にワックスをもみ込んでおくと崩れにくくなります。

ピンで決まる!ポンパドールのピンの留め方

ポンパドールはピンをしっかり留めておかないと崩れやすいのでピンの留め方も重要です。

  1. 利き手でピンが持てるようにねじった方がやりやすいです。利き手が右手であれば右にねじるのがおすすめです。
  2. ねじったら少しスプレーをかけておくとやりやすくなります。
  3. ねじった毛束の後ろから前に向かってピンを留めてください。ピンは、毛束の髪と土台の髪をはさみ込むように留めてください。
  4. 最後にもう一度全体にスプレーをかけましょう。

ピンを留めるのに慣れていない人は、何度か練習をすることでコツをつかみ上達することができます。

こなれ感UP!ポンパドール×ヘアアレンジ

ポンパドールのイメージ2
ポンパドールを使ったヘアアレンジは、とてもおしゃれさんに見えます。いくつかポンパドールを使ったヘアアレンジを紹介します。

ポンパドール×お団子

ポンパドールを使ったお団子ヘアは、元気いっぱいでキュートに見えたり、おくれ毛を無造作に残せばちょっとセクシーさを演出したりすることもできます。

ポンパドール×フィッシュボーン

前髪をポンパドールにして、残りの髪をサイドでフィッシュボーン(三つ編みよりも細かい編み込みの方法)にすると、アメリカ西海岸のビーチにいる女の子のようなスタイルに。水着にも合う夏にピッタリのヘアアレンジです。

ポンパドール×アップスタイル

ポンパドールをして、後ろの髪を編み込みやシニョンでヘアアレンジしたアップスタイルにすれば、華やかな雰囲気になります。浴衣や結婚式のお呼ばれの時にもぴったりのおすすめヘアアレンジです。

ポンパドール×ショートヘア

ショートヘアのポンパドールもとてもキュートです。前髪をポンパドールにして、サイドや後ろの髪をラフに巻けばあっという間に完成します。ヘアアクセサリーをつけると華やかになるのでおすすめです。

おわりに

難しそうと思っていたポンパドールも意外とできそうな気がしませんか?マンネリしていた前髪もポンパドールだけでイメチェンすることができます。デートなど大事な日にぶっつけ本番でしてしまうと思ったようにならないかもしれないので、時間がある時に何回か練習するのがおすすめです!

ユマム
1児(女の子)を持つママライターです。不器用でヘアアレンジが苦手でしたが、練習を重ねて色んなヘアアレンジを楽しめるまでになりました。美容やおしゃれに興味のある女性と同じ目線に立った情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう