年齢は手にでる!手の老化を防ぐケア方法について

手の老化を感じる女性
「キレイだな」と思った女性が、差し出した手を見たらガサガサしていてびっくり…そんな経験はありませんか?
常に露出しているにも関わらず、お手入れがおろそかになりがちな手は、年齢がでやすいパーツ。逆に手肌にシミやシワがなく、白くしっとりとしていれば、清潔感のある、きちんとした女性という印象を与えることもできます。

手は意外に目につきやすく、チェックしている男性も多いので、きちんとケアしてあげましょう!ここでは今すぐに始められる、簡単な手の老化防止ケアについて詳しくお話していきます。

まずは紫外線を防ぐために日焼け止めを塗る

常に露出している手は、紫外線や乾燥など、外部からの刺激をダイレクトに受けるパーツ。本来なら、手も顔の肌と同じようにお手入れをしてあげるべきとも言えるのです。まずは紫外線が手の肌に与える影響について考えてみましょう。

紫外線は手のくすみやシミ、シワを招く!

肌は紫外線に当たるとダメージから自らを守るために、メラニン色素を増やす性質があります。これが、くすみやシミの原因に。また、紫外線によって肌が乾燥すれば、シワやざらつきの原因にもなります。紫外線による光老化のダメージを受けるのは、顔だけではないのです。

うっかり日焼け止めを塗り忘れがちな手の甲は、ダメージを受けやすいパーツ。洗濯物を干すときや自動車を運転するとき、犬の散歩に出掛けるときなどもしっかり日焼け止めを塗るか、手袋をして紫外線に当たらないようにしましょう。また、日焼け止めは夏の日差しが強い時期だけではなく、年間を通して使用することを忘れないでくださいね!

近江兄弟社メンターム サンベアーズ センシティブS

乾燥の原因となりやすい紫外線吸収剤をカプセルでコート。そのため、乾燥しにくく、手の日焼け止めにぴったり。

プチプラ化粧水とクリームでの保湿を習慣に

手の老化を防ぐケア方法
手肌のケアとして、ハンドクリームを使用している方は多いですよね。手肌の老化を効果的に防ぐなら、ハンドクリームの前に化粧水での保湿ケアをプラスしてみましょう。使うアイテムはプチプラのものでOK。大切なのは化粧水で水分を与え、クリームで潤いの蒸発を防ぐという二つのステップです。

プチプラ美白化粧水で色黒さんも白魚のような手に!

お風呂上がりや手を洗ったあと、手肌に化粧水をつけてからクリームを塗るようにしてみましょう。クリームがぐんぐん浸透して、べたつきが軽減されることに驚くかもしれません。
紫外線防止ケア&このワンステップを追加したケアで、色黒がコンプレックスだった女性の手肌が、見る見るうちに白く透き通ってきた…という例もあるほど。筆者は以下で紹介する2つのアイテムでネイリストさんからいつも「肌がもっちもちですね!」と言われています。

肌ラボ 白潤プレミアム薬用浸透美白化粧水

シミやそばかす、炎症を防ぐ作用があるホワイトトラネキサム酸とビタミンCでクリアな手肌に導く化粧水。ナノ化ヒアルロン酸と通常のヒアルロン酸で潤いを逃さずしっとりとした肌をキープしてくれます。べたつくと感じるときはスプレーボトルに入れて精製水で薄めて使ってもOK。

ニベアクリーム

ハンドクリームよりもオススメなのがこちら。テクスチャーが硬めですが、化粧水のあとにつけると少量でもよく伸び、ぐんぐん浸透していきます。

乾燥がひどい、手がガサガサ…そんなときのスペシャルケア

保湿しようとしても、肌がカサカサで水分が浸透していかない…。そんなときは、まず硬くなった古い角質を柔らかくしてあげるのがベスト。最後に週1で取り入れたいスペシャルケアをご紹介していきます。

忙しい方でもOK!手袋を使った「ながらケア」

ハンドクリームを塗ってから100均で売られているビニールの手袋をはめ、お皿洗いや掃除、片づけものなどの家事をしてみましょう。もちろん、のんびりテレビを見ているだけでもOKです。

また、薄手のビニール手袋や100均で売られているコットンの手袋をした上に、ゴム手袋をして、熱めのお湯でお皿洗いをすれば手荒れの元凶とも言われる作業がハンドケアに早変わり!このような「ながらケア」なら、無理なく取り入れることができますよね。

ハンドクリームを塗って手袋をはめて寝るというケアをしたことがある方は多いと思いますが、手袋の違和感で眠れなくなったり、外れてしまったりすることもあります。睡眠を妨げる恐れもあるので、手袋を使ったケアは起きているときにした方が無難でしょう。

ただし、手袋を使ったケアを毎日のようにしていると肌がふやけたような状態になって、バリア機能が減退し、刺激に弱い肌になってしまうことも。手袋&クリームのケアは週1~2回にとどめておいてくださいね。

おわりに

いかがでしたか?
年齢を感じさせない手をキープするためには、紫外線ケアと保湿がなにより大切。ここではいくつかオススメのアイテムを紹介しましたが、もちろん家にあるものでも構いません。普段、顔につける日焼け止めや化粧水、クリームを使うとき残った分を手に塗ってあげるだけでもOK。手は顔よりもお手入れの効果がでやすいので、1週間くらいで「あれ?」と思うほど、若々しいツヤのある手肌になってくるはずですよ!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう