指先がガサガサ!指先が荒れているときのケアを教えます

指先がガサガサ!指先が荒れているときのケアを教えます

寒い季節は指先がガサガサしやすく、洋服に引っかかったりネイルが楽しめなかったりと困りものです。「水仕事をするから仕方ない」と諦めずに、根気よくケアして治しましょう。
今回は、指先が荒れているときのケア法をご紹介します!

指先がガサガサ!指先が荒れるのはなぜ?

指先は目立つパーツ。自分の目によく入る場所なだけに、ガサガサしていると気になりますよね。指先が荒れているとネイルアートもうまくきまりません。しっかりケアしていきたいところですが、まずは指先が荒れる原因を見てみましょう。

指先がガサガサする3つの原因とは?

指先がガサガサする3つの原因とは?

指先がガサガサになる主な原因として、乾燥と水仕事、摩擦による刺激の3つが挙げられます。それぞれ指先の皮膚へのダメージが大きく、手荒れの原因となるのです。

特定の指だけならスマホ荒れかも

特定の指だけならスマホ荒れかも

摩擦による刺激として注目されているのが、スマートフォンやタブレット端末のタッチパネル操作することで指先の肌が荒れる、いわば“スマホ指荒れ”です。これまでの指荒れは冬場がピークでしたが、スマホ指荒れの登場により夏場でも皮膚科を受診する人が増加傾向にあります。

いつものケアじゃダメ?指先ケアのNG例

しっかりケアしているつもりなのに、なぜか指先がガサガサに…。そんな人は普段のケア法を見直してみましょう。

ハンドクリームを手の甲にしか塗っていない

ハンドクリームを手の甲にしか塗っていない

まず考えられるのが、しっかり保湿できていないパターン。ハンドクリームを手の甲と手のひらだけにつけていませんか? ハンドクリームでの保湿は、指先までしっかりクリームを塗り広げましょう。

重たいクリームで指先に浸透していない

重たいクリームで指先に浸透していない

手指の乾燥が酷いときは、ハンドクリームも保湿性が高いものを選びたいですよね。しっとり感を重視するあまり、濃厚なテクスチャーのハンドクリームを選んでいませんか?ハンドクリームは保湿力だけではなく、伸びのよさと浸透力も重視して選びましょう。

水仕事はゴム手袋をつければ安心!?

水仕事はゴム手袋をつければ安心!?

水仕事をする際の手荒れ対策といえば、ゴム手袋が思い浮かぶ人も多いですよね。洗剤の成分でお肌にダメージを与えないためにも、ゴム手袋の着用は有効です。しかし、ゴム手袋によるかぶれや摩擦が引き起こされることもあります。体質にもよりますが、「ゴム手袋をつけていれば安心!」とはいかないようです。

丁寧な指先ケアでガサガサ指を改善!

ケアに気を付けていても手指が荒れてしまったら、丁寧な指先ケアで改善するしかありません。指先ケアのポイントを見てみましょう。

指先専用の保湿剤・オイルで乾燥対策

おすすめの指先ケアでガサガサ指を改善!

指先が荒れてしまったら、まずは保湿剤の見直しをしましょう。指先専用の保湿剤やネイルオイルの使用がおすすめです。通常のハンドクリームより伸びがよく、スッと浸透してくれます。ポイントは、爪と指の境目をなぞるように、指1本1本に塗ることです。

柔らかな綿手袋で指先をしっかりガード

柔らかな綿手袋で指先をしっかりガード

特にガサガサがひどい場合は綿手袋をつけましょう。綿手袋は天然素材なので肌当たりが優しく、肌へのダメージを軽減してくれます。水仕事や寝る直前に綿手袋を装着することで、ダメージの軽減を保湿の両方が期待できます。

できる範囲で生活の見直しを

できる範囲で生活の見直しを

指先の手荒れには保湿ケアや綿手袋で指先を保護するのと同時に、ガサガサの原因となる行動を減らすことも重要です。あまりにガサガサがひどいようであれば、食洗器を導入したり水仕事だけ家族に代わってもらったりして乗り切りましょう。

おわりに

指先は毎日忙しく家事をしている人や仕事で指先を酷使している人など、頑張っている人ほどガサガサしがちです。忙しい合間でも時間をとってしっかり保湿ケアをしましょう。ガサガサを緩和してきれいな指先をキープしましょう!

きゃりー
都内で営業として勤務した後、現在では美容・医療系ライターとして活動中。コスメの成分情報などマニアックなネタを好む。プライベートでは1男1女の子育てに追われ、コスメと洋服の購買欲が止まらない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう