本当はオイリー肌じゃないかも!インナードライ肌の特徴とケア方法

洗顔する女性
「インナードライ肌」って聞いたことありますか?パッと見ではわからないトラブルを抱えているインナードライ肌は、これからやって来る夏の季節に特に注意したいものなんです。今回はインナードライ肌について、その特徴や原因、ケア方法をお伝えしていきます!

インナードライ肌って?その特徴と原因

インナードライ肌とは、肌の表面は皮脂でテカテカしているのに、肌の内側は水分が足りず乾燥している肌のことです。オイリー肌に見えて実は乾燥肌、ということですね。

インナードライ肌の原因は、肌の内側の乾燥。夏は、紫外線やエアコンの影響で肌表面の角質層がダメージを受けやすくなっています。角質層には肌の内側の水分量を保つ働きがありますが、夏のダメージによって角質層の働きが鈍ると、肌の内側の水分が少なくなってしまいます。また、夏は汗をかきやすく体全体の水分量が少なくなりがちなので、さらに肌の内側が乾燥しやすくなります。
肌の内側の乾燥が進むと、肌の表面では乾燥を防ごうと皮脂がたくさん分泌されて、肌の表面はテカテカします。こうしてインナードライ肌ができあがっていくのです。

インナードライ肌はターンオーバー機能が鈍く、くすみやニキビといった肌トラブルが起きやすくなります。また、肌の乾燥が進むとシワの原因にもなります。

次の項目に多く当てはまる人はインナードライ肌の疑いがあるので、ケアが必要です。

  • 屋外ですごすことが多く、日常的に日焼けしている
  • 紫外線対策をあまりしていない
  • エアコンがきいた部屋に長時間いる
  • 昼間は肌のベタつきが気になるのに、洗顔後は肌のツッパリ感が気になる
  • 化粧水や乳液などのスキンケアをしていないor適当になりがち
  • 肌のくすみ、キメ、ごわつきが気になる

インナードライ肌のケア方法

頬を手で押さえる女性
インナードライ肌を改善するためには、洗顔と保湿、紫外線対策が重要です。どれも基本的なことですが、夏の間には雑になりがちだったり特に注意が必要だったりすることばかりです。

洗顔は朝と夜のみ、やさしく行う

夏は汗をたくさんかくので朝と夜以外にも顔を洗いたくなりますが、洗顔のしすぎは皮脂の過剰分泌につながります。洗顔料を使っての洗顔は朝と夜の2回のみにしましょう。スクラブが入っていたり洗浄力が強すぎたりする洗顔料は避けて、刺激の少ない洗顔料でやさしく丁寧に洗います。

保湿

夏は肌表面がベタつきがちなので、化粧水のあとの乳液やクリームを省略する人が多くいます。しかし、化粧水だけでは蒸発しやすいため肌内部の乾燥がひどくなります。夏でも、化粧水のあとには乳液やクリームが必須です。肌の表面まで乾燥しがちな秋冬ほどたっぷりと塗る必要はないので、気持ち少なめに薄く塗り広げましょう。日焼けやエアコンによる乾燥が気になるときは、パックやシートマスクでの集中ケアがおすすめです。また、エアコンが強いオフィスには、小型の加湿器やミストスプレーを常備しておきたいですね。

紫外線対策

紫外線は日焼けやシミの原因になるだけでなく、肌のターンオーバーの乱れや肌内部の乾燥にもつながります。外出前には露出部分に日焼け止めを塗り、長時間屋外にいる場合には日中に塗り直しましょう。外出先では、手を汚さず塗れるスプレータイプの日焼け止めが便利です。また、日なたを歩く際には日傘をさすとより紫外線をシャットアウトできます。

おわりに

夏は肌の表面がうるおっているからと言って、ケアを怠ってはいけません。インナードライ肌になりやすい夏の間に、丁寧な洗顔や保湿、紫外線対策を心がけることで、肌の内側も表面も乾燥しやすい秋冬にもぷるぷるの美肌を保つことができます。

さきこ
地方都市に住む20代女子です。体の内側からきれいになることを目指していて、栄養学や東洋医学を勉強中。最近は整体に通って、体のメンテナンスをしています。ぽっちゃり体型&童顔なことが悩みで、すっきり大人っぽく見えるファッションやメイクを日々研究しています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう