本当はオイリー肌じゃないかも!インナードライ肌の特徴とケア方法

洗顔する女性

「インナードライ肌」って聞いたことありますか?パッと見ではわからないトラブルを抱えているインナードライ肌は、これからやって来る夏の季節に特に注意したいものなんです。今回はインナードライ肌について、その特徴や原因、ケア方法をお伝えしていきます!

インナードライ肌って?その特徴と原因

頬を手で押さえる女性

インナードライ肌とは、肌表面はべたついているのに、内側は乾燥している肌を指します。皮脂や汗で表面上はうるおっているように感じる夏場は要注意。知らぬ間に肌の内側の水分量は徐々に減少しているので、インナードライ肌になりやすい季節と言えます。

インナードライ肌が進むと肌トラブルが起きやすい

肌の乾燥が進むとシミやシワの原因になります。また、インナードライ肌はターンオーバーが鈍っているので、くすみやニキビといった肌トラブルが起きやすくなります。
外出の機会が多かったりエアコンの効いた部屋に長時間いるなど、肌への負担が大きい環境にいるのにスキンケアが不十分だと、インナードライ肌になりやすくなります。

インナードライ肌を改善するケア方法

インナードライ肌を改善するケア

インナードライ肌を改善するためには、スキンケアの基本となる洗顔と保湿、紫外線対策が欠かせません。それぞれのポイントをおさらいしておきましょう。

朝夜2回の洗顔は、やさしく丁寧に洗う

汗をたくさんかく夏場はひんぱんに顔を洗いたくなりますが、洗顔のしすぎは皮脂の過剰分泌につながります。洗顔料を使っての洗顔は朝と夜の2回のみ、刺激の少ない洗顔料でやさしく丁寧に洗うだけで十分。

保湿は夏場こそしっかりする

べたつきが気になる夏場だからこそ、しっかりした保湿は欠かせません。肌の表面まで乾燥しがちな秋冬ほどたっぷりと塗る必要はないので、気持ち少なめに薄く塗り広げるだけで十分です。
日焼けやエアコンによる乾燥が気になるときは、パックやシートマスクでの集中ケアがおすすめです。空調が効いている環境なら、小型の加湿器やミストスプレーを常備しておきたいところ。

紫外線対策

紫外線は日焼けやシミの原因になるだけでなく、肌のターンオーバーの乱れや肌内部の乾燥にもつながります。外出するときは日焼け止めを塗り、長時間屋外にいるなら塗り直しができるようにしましょう。外出先では、手を汚さず塗れるスプレータイプの日焼け止めが便利です。また、日傘をさすとより確実に紫外線をシャットアウトできます。

おわりに

汗をかきやすいのでインナードライ肌になりやすいのが夏場の恐ろしいところ。普段の洗顔や保湿、紫外線対策をもう少し丁寧にすることを心がけることで、肌の内側も表面も乾燥しやすい秋冬にもぷるぷるの美肌を保つことができます。

さきこ
地方都市に住む20代女子です。体の内側からきれいになることを目指していて、栄養学や東洋医学を勉強中。最近は整体に通って、体のメンテナンスをしています。ぽっちゃり体型&童顔なことが悩みで、すっきり大人っぽく見えるファッションやメイクを日々研究しています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう