米ぬかで肌がもっちもち!米ぬかを使った美容方法

稲と精米

現代では活用のシーンが減った「米ぬか」ですが、実は古くから女性の美肌を支えてきました。普段のスキンケアでは物足りない人や、お肌が乾燥しがちな人には「米ぬか美容法」がおすすめ!今回は、米ぬかを活用した美容法の効果や実践法をご紹介します。

もちもち肌になれると話題の米ぬか美容法

無添加化粧品のイメージ

米ぬかには栄養分が豊富に含まれることで知られ、古くから女性たちの身近なスキンケアアイテムとして親しまれてきました。その魅力が今、再注目されています。

栄養豊富な米ぬかを使った美容法が話題に

米ぬかにはビタミン、ミネラルをはじめとするさまざまな栄養素が含まれていて、特に植物性セラミドやy-オリザノールには、潤いを与えて乾燥を防ぐ作用があることが知られています。
近年では米ぬかを原料にしたコスメも多数発売されています。市販のコスメを取り入れるのも良いですが、十分な効果を期待するならやはり新鮮な米ぬかを取り入れたいところです。

米ぬかはどこで手に入る?入手法について

本来なら捨てる物を活用するので、比較的安価に入手できるのが米ぬかの魅力の一つ。最近ではネット通販でも購入できるのもポイント。米ぬかを買うときには、よりスキンケアに適した「生ぬか」あるいは「炒りぬか」を選びましょう。

いざ実践!米ぬか美容法にチャレンジ

米ぬか美容にチャレンジ

ぬか袋は、石鹸が普及する以前から活用されてきた日本古来のスキンケアアイテムです。ぬかに含まれる成分が作用して、シミやくすみの予防が期待できます。

濃厚な「米ぬかパック」でもち肌に

米ぬかでつくる濃厚なテクスチャーのパックで、米ぬかの美肌成分をお肌に届けます。

ぬか袋の作り方と使い方

  1. まず「ぬか袋」を作ります。米ぬかと小麦粉を2:1の割合で混ぜて、大さじ3杯程度を清潔なガーゼか布巾で包めば、ぬか袋は完成です
  2. ぬるま湯でぬか袋を湿らせ、顔をそっと撫でるようにマッサージしていきます
  3. 最後にぬるま湯ですすぎます

おすすめの米ぬか活用法

入浴剤として使えば、「ぬか袋」を使った米ぬか洗顔と同じ効果が全身で得られてすべすべの美肌を実現できます。また、ヨーグルトのトッピングやスムージー、お菓子の生地などにちょい足しすれば、米ぬかに豊富に含まれる食物繊維やビタミン類を摂取できるので、内側から美肌を実現できます。

米ぬか美容法を安全に楽しむための注意点

安全に楽しむための注意点

敏感肌の人でも安心して使用できるといわれている米ぬかですが、中には肌質に合わず肌トラブルの原因となることも。米ぬか美容を安全に楽しむためのポイントを見てみましょう。

米ぬかコスメは鮮度が命!一度で使い切って

ぬか袋やパックは足が早いので、翌日以降に使ったり、大量に作り置いたりするのはNG。作ったぬか袋やパックはその日のうちに使い切りましょう。米ぬかそのものは比較的日持ちしますが、使用期限の目安は1カ月から2カ月程度。これを超えないように注意が必要です。

パッチテストは欠かせない

スキンケアに米ぬかを取り入れるときには、少量のぬか袋や米ぬかパックでお肌に異常がないかを確認するパッチテストが欠かせません。してから使うようにしましょう。お肌に赤みが出たり痛みを感じる、違和感がある場合は、使用を中断してすみやかに病院を受診してください。

おわりに

古くから日本の女性たちに愛されてきた米ぬか。米ぬかを使用したスキンケアは、シンプルながら栄養豊富で、お肌に嬉しいさまざまな効果ができます。ぜひ、米ぬかパワーでもちもちの素肌美人を目指しましょう!

きゃりー
都内で営業として勤務した後、現在では美容・医療系ライターとして活動中。コスメの成分情報などマニアックなネタを好む。プライベートでは1男1女の子育てに追われ、コスメと洋服の購買欲が止まらない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう