きれいなお肌の第一歩!肌質別の洗顔方法

洗顔をしている女性

きれいな肌を目指して高価なスキンケアでお手入れしても、間違った洗顔方法だとメイク汚れや皮脂汚れが残り、美容成分の浸透しにくくなり、美容成分の効果を実感しにくくなってしまいます。
今回は、肌質別にきれいな肌になるための正しい洗顔方法をご紹介していきます。

泡立て&ぬるま湯での洗顔は全肌質共通

肌質別の洗顔

洗顔に使用する石けんや洗顔フォームは、必ず泡立てネットを使用してキメ細かい泡を作って顔を洗うようにしましょう。キメ細かい泡は毛穴の奥の汚れまでしっかり落とすので、黒ずみ改善には毛穴パックよりもキメ細かい泡が効果的です。
また、弾力のある泡を転がすように肌に滑らせると肌の摩擦が少なくなるため、不安をかけずに洗顔をすることが可能となります。肌の摩擦は色素沈着やくすみの原因となるため注意が必要です。

洗顔はぬるま湯が理想

もう1点が、洗顔の際のお湯の温度です。洗顔の際に使用するお湯は32~33度程度のぬるま湯が理想です。お風呂で洗顔をするときには、体にかけるお湯と同程度の40度前後で洗顔をしていると思います。熱湯での洗顔は、肌を乾燥から守るために必要な肌の油分も落とし、乾燥肌を促進させて脂性肌の皮脂分泌を過剰にしてしまうのです。洗顔に使うお湯の温度は、ぬるま湯を徹底しましょう。

乾燥肌の洗顔

乾燥肌

乾燥肌であれば、お湯の温度にはさらに注意が必要です。肌の水分蒸散を防いでくれる役割のある皮脂を洗い流さないためにも、ぬるま湯での洗顔を心がけましょう。また、洗顔フォームに保湿成分の配合されたものを意識して選ぶこともおすすめです。

皮脂を取り除きすぎないことがポイント

乾燥肌は肌内部の水分量が少なく、外部からの刺激から肌を守る力が弱く、赤みや吹き出物、化粧品でのトラブルを起こしやすいので、乾燥肌なら洗顔から保湿を意識することは重要です。洗顔フォームでの洗顔で突っ張る感じがあれば、ぬるま湯のみの洗顔でも構いません。肌の守る皮脂を落としすぎないようにしましょう。

敏感肌の洗顔

敏感肌

敏感肌は乾燥肌と同様に、肌の水分量が低下することで肌を守る機能が低下している状態です。スキンケアで保湿をすることはもちろんですが、洗顔フォームに含まれる成分の中に、肌に刺激となる成分が入っていないか注意しましょう。

パッチテストで肌トラブルの見極めが欠かせない

敏感肌は乾燥肌よりも刺激に弱い肌環境のため、購入前にサンプルでパッチテストをして、肌トラブルの有無を見極めてから使用するようにしましょう。

脂性肌の洗顔

脂性肌

脂性肌は皮脂分泌が過剰なことが目立つあまり、洗浄力の強い洗顔料を使いがちですが、過剰な皮脂分泌の原因は実は乾燥にあります。肌が水分の蒸散を防ごうとするあまり、過剰に皮脂を分泌している状態が脂性肌なのです。

余分な皮脂をしっかり落とすことが肝心

脂性肌なら、汚れをしっかり落としてからスキンケアで保湿をすることが重要です。洗顔料自体を見直し、弱酸性などの肌に負担のない洗顔料に変更するのもおすすめ。毛穴に皮脂汚れが詰まりやすいため、キメ細かい泡での洗顔を心がけましょう。

おわりに

泡立て、ぬるま湯での洗顔に加え、肌質に合わせて洗顔料を変えたり、洗顔の回数を見直したりすることが効果的です。
季節によっても変化する肌をしっかりと見つめ、きれいな肌を保つためにも基本の洗顔はおろそかにしないようにしましょう。

元百貨店美容部員。スキンケアを重視した国内ブランドに勤務していたため、ニキビやアトピーなどの敏感肌のお客様に多くアドバイスを行ってまいりました。現在ではライターとして肌を健康に美しく保つ方法についてお伝えしております。趣味は旅行とおいしいお酒を飲むこと。一眼レフでの写真撮影にもはまっています♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう