簡単なのに保湿力が抜群!クリームパックのやり方

クリームパックをする女性
プチプラでトライできて方法も簡単!と話題の「クリームパック」。でも、クリームと一口に言ってもどんなクリームが良いのでしょうか?
今回は、初めてクリームパックをしようと考えている方に向けて、クリームパックの選び方や使い方、期待できる効果などを徹底解説します。

クリームパックって?

クリームパックは、顔に美容クリームを塗ってお肌を保湿するパック。保湿成分が多く含まれたクリームを使うことで、お肌の乾燥を防ぎ、乾燥が原因のお肌のトラブルを防ぐことができます。

どんなクリームを使えば良いの?

使用するクリームは、「ニベアクリーム」や「ユースキンクリーム」といった、ドラッグストアに必ず置いてあるようなお手頃価格のクリームでOK。
身の回りで簡単に手に入るクリームなので、「トライしやすい!」「お金がかからない!」というお手軽さからも人気なのが、クリームパックの魅力です。
ボディーの保湿にも使えるクリームなので、持っているだけでスキンケア・ボディーケアもかない、節約効果も期待できそうですね。

期待できる効果は「保湿」!

クリームパックのやり方

乾燥小ジワやくすみの解消

ニベアに代表されるクリームには水分を補う機能はありませんが、クリームを塗ることでお肌を乾燥から守る「フタ」のような役割を果たしてくれます。
素肌にフタをすることでお肌の水分蒸発を防げるだけでなく、同時に乾燥小ジワやくすみを解消させることができるのです。

「大人ニキビ」の予防・改善にも

思春期にできるニキビと違い、大人になってからできるニキビ(吹き出物)は生活習慣などによる「ターンオーバーの乱れ」によるものが大半。ターンオーバーが正常でないと、お肌がくすんだりニキビができやすくなったりとトラブルが多くなります。
生活習慣をすぐに変えるのが難しければ、保湿からスキンケアを見直すのがおすすめ。クリームパックでお肌の潤いを補うことで、お肌のターンオーバーが促進され、大人ニキビの予防・乾燥対策も可能になります。

お肌のテカリ・化粧崩れ対策も可能に

これからの季節、お肌が乾燥して困る…。という方も多いのではないでしょうか。お肌が乾燥しすぎると、お肌を潤すべく、お肌から多くの皮脂が分泌されてしまいます。皮脂の過剰分泌はお肌のテカリや、テカリによる化粧崩れを引き起こしがち。
クリームパックでお肌内部が潤うと、お肌のテカリ・化粧崩れはある程度予防できます。筆者も、乾燥で化粧ノリが悪いときはクリームパックをしていますが、パック後はお肌がふっくらもちもちになり、化粧ノリ・モチも良くなりました!

クリームパックの手順

基本のクリームパックの手順

  1. いつも通りメイクを落とし、洗顔、化粧水、美容液などでお肌を整えます。
  2. クリームをぶどう粒3つ分程度手に取り、たっぷりと顔に塗りましょう。
    (乾燥が気になるパーツは厚めに)
  3. 塗ったら、そのまま20分程度放置します。
  4. 20分後、軽く絞ったタオルで優しく拭き取ります。
  5. 顔に残ったクリームを顔全体に広げて完成です!

クリームパックのポイント

クリームパックをするときには、お風呂でするのがおすすめ。お風呂の蒸気で毛穴が開き、クリームの有効成分がお肌内部に浸透しやすくなります。
また、お風呂でクリームパックをするときには、クリームを塗ったお顔の上からラップをかぶせると、より毛穴が開きやすくなります。
お風呂でのパックが難しければ、クリームを拭き取るときの「蒸しタオル」がおすすめ。クリームもお肌も温められ、クリームがより浸透しやすくなります。

おわりに

お金も手間もかからないクリームパックの方法とパックすることで期待できる効果をご紹介しました。
これから乾燥する季節がやってきますが、身近なクリームでお肌の乾燥対策ができるのはうれしいところ。「お肌が乾燥しているな……」と感じるときに、ぜひ使ってみてください。

モチヅキアヤノ
美肌づくりと海外旅行が大好きなフリーライター。
普段は、おもにパックやオイル、お肌に優しい食材やお茶を使ったスキンケア方法でトラブルレスな肌づくりを実践しています。
旅_先では現地のコスメや美容トレンドをサーチしたり、現地のローカルフードを楽しむのが大好き!最近はコスメを身近なものでDIYするのにはまり中。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!