日焼けのシミで悩んでいる方必見!日焼けによるシミを消す方法教えます!

肌を気にする女性
多くの女性が悩んでいる肌トラブルと言えば、日焼けによるシミでしょう。どんなにきれいな肌でもシミがあると見た目年齢は上がってしまいます。ここでは日焼けによってできたシミを消す3つの方法を紹介していきます。

とにかく紫外線を防止する!

一度、できてしまったシミを消すのは長期戦となります。今すぐにできるのは「シミを濃くしないこと」と「新しいシミができないようにすること」の2つ。そのためには紫外線を防止することが大切です。

日焼け止めと物理的な紫外線カットを併用して!

本来、シミの元となるメラニンは紫外線から肌を守るために作られるもの。肌のターンオーバーが正常に機能していれば、古い角質と一緒に自然に排出されるか、肌の表面にあがってくるまでの間に分解されてシミになることはありません。

シミができている状態でさらに紫外線に当たると紫外線のダメージによってターンオーバーが低下し、シミができやすくなります。シミが濃くなるばかりか新しいシミが増えてしまうので紫外線対策を強化するようにしましょう。

SPF値の高い日焼け止めでも、紫外線を100%カットすることはできないということを知っていますか?日焼け止めはあくまでも紫外線の影響を少なくするもの。日傘や帽子などで紫外線をカットする、日中はできるだけ日陰を歩くといった物理的に紫外線に当たらないようにする工夫も欠かせません。
また、最近は体の中から紫外線のダメージを防ぐ、「飲む日焼け止め」も登場しています。夏のレジャーや日焼け止めを塗り直す機会が取れないときなどは積極的に利用してみてください。ただし、飲む日焼け止めは塗る日焼け止めと必ず併用することが前提です。

ヘリオケア ウルトラDカプセル

「ヘリオケアウルトラDカプセル」は、飲む日焼け止め。屋外イベント、ゴルフ、海、プール、テニスなどをされる方には最適な日焼け止めです。
世界50ヵ国の病院に製品を提供されている皮膚科推奨の飲む日焼け止めです。塗るだけでは防ぎきれなかった紫外線による害を内側から防げます。

2つの美白成分を使いこなす

肌ケアをする女性

大きく3種類に分けられる美容成分

美白美容液を日ごろのケアに取り入れているという方は多いと思いますが、皆さんはどんな美白成分を使っていますか?美白成分は大きく分けて以下の3つの成分があります。

  • シミを薄くする還元効果のある成分…ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、コウジ酸
  • メラニン生成を抑える成分…ビタミンC誘導体、アルブチン、エラグ酸、プラセンタエキス、トラネキサム酸など
  • メラニンを排出しやすくする成分…ビタミンC誘導体、L-システイン、リノール酸など

すでにできてしまったシミをなんとかしたい!というときはシミを薄くする還元作用のある成分とできてしまったメラニンを排出しやすくする成分が使用されている美白化粧品を選ぶようにしましょう。

一番、効く美白成分はどれ?

もっとも強力に美白してくれる成分といえば、なんといっても「ハイドロキノン」でしょう。肌の漂白剤とも言われているハイドロキノンは効果が高いだけに白斑(はくはん)などのトラブルも起こりやすいため、皮膚科医の指導の下、使用する必要があります。
ハイドロキノンは化粧水にも含まれていますが、化粧品に配合できる量はごくわずか。あまり高い効果は期待できません。
これに対して、ビタミンC誘導体は安全性が高く、美白に必要な3つの作用をすべてカバーしている優秀な成分。シミに積極的にアプローチしたいなら、浸透度の高いビタミンC誘導体であるAPPS(アプレシエ)がオススメ。原液を使って家庭用美顔器でイオン導入するとより高い美白効果が期待できます。

新世代ビタミンC誘導体 「アプレシエ(APPS)」1%化粧水

化粧水として使用するほか、イオン導入にも使用できる原液タイプ。1,400円という価格も魅力です。

体の中から美白を考える

できしまったシミを消すためには体の中からのケアも重要。また、シミができやすい生活習慣を繰り返していては紫外線防止ケアや美白ケアの効果も実感しづらくなってしまいます。体の中から美白する方法について考えてみましょう。

食事でビタミンCをとる

透明感のある肌を取り戻すためには、美白作用のあるビタミンCを体の中から補うのがコツ。キウイや赤いパプリカ、いちご、柿などくだものや野菜で積極的にビタミンCをとるようにしましょう。旬のものを選ぶとより高い美白効果が期待できます。
ストレスの多い方や喫煙する習慣のある方は体内のビタミンCが減りやすい傾向にあります。ビタミンCは不要な分は体外に排出されてしまうので、こまめに補給して体内に常にビタミンCがある状態にしておくのがポイントです。

ビタミンCやメラニン抑制成分のサプリ、内服薬も

食事からビタミンCを補いきれない場合はサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか。最近はより自然な形に近い天然ビタミンCを使用したものや持続性の高いビタミンCのサプリメントも登場しています。

DHC持続型ビタミンC

タイムリリース処方でゆっくり放出! ビタミンCを効率よくとることができます。

DHC 天然ビタミンC[刺梨](とげなし)

DHCの「天然ビタミンC[刺梨]」は、“ビタミンCの王様”と呼ばれるバラ科の植物・刺梨の果汁からエキスを抽出・濃縮したサプリメントです。

トランシーノII

メラニンを作る色素細胞、メラノサイトの働きを抑えるトラネキサム酸を配合。肝斑の改善にも。

POLA ホワイトショット インナーロック

朝食後に飲むことで、日中に活性化されるメラノサイトの働きをブロックする効果が期待できます。

おわりに

一度、できてしまったシミを完全に消すのは難しいと言われていますが、紫外線防止、美白ケア、体の中からのケアを並行して続けていれば、シミを薄くすることは不可能ではありません。
地道なケアを続けて透明感のある肌を取り戻しましょう!

清水まき
ヨーロッパ在住歴アリの美容オタク。ドラックストアのコスメから美容皮膚科のコスメまでなんでもトライしなければ気がすまない性格。20代のころからアンチエイジング&美白の鬼と呼ばれていただけあって30代後半になってもシミ・シワはほとんどありません!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

No tags for this post.
error: コンテンツは保護されています!