黒クマの原因って何?黒クマの対策を教えます!

目を指さす人
目元にあらわれる黒クマはメイクでもなかなか隠れない厄介な存在。これまでいろんな対策を行ってきたけど効果が見えず、改善されないという方、本当の黒クマの原因を理解していないかもしれません。今回はそんな厄介な黒クマの原因と、正しい改善方法についてご紹介します。

黒クマの原因

膨らみで影ができることによる黒クマ

まぶたのすぐ下には涙袋がありますが、その下にさらに膨らみができていませんか?そのふくらみの下が影となって黒く見えるのが黒クマの原因です。
涙袋の下が膨れてあらわれるふくらみを目袋といいます。この目袋は眼輪筋という下まぶたの筋肉と皮膚が衰え、下まぶたについている脂肪を支えきれなくなり、垂れ下がることであらわれます。
皮膚のたるみはコラーゲンの減少で起こります。肌の張りが保てている理由は、肌の奥でコラーゲンとエラスチンという成分が柱のようにして肌表面を支えているからです。しかし、加齢やストレス、乱れた生活環境によりコラーゲンたちは破壊され、肌表面の張りを保てなくなり、しわやたるみにつながります。また、コラーゲンは紫外線によっても破壊されます。UV対策を怠っていると、シミだけではなくしわやたるみまでも引き起こすのです。

くぼむことによる黒クマ

黒クマには先ほどご紹介したふくらみによる影が黒クマになるタイプの他に、目の下のボリュームがなくなり、くぼみとしてあらわれることによる黒クマも存在します。
これは、まぶたの下にあった皮膚の中で、真皮のヒアルロン酸が減少し、中身がスカスカになってくぼんでしまったことが原因です。コラーゲンやヒアルロン酸は真皮で肌の弾力を保つ柱の役割をしますが、ヒアルロン酸はそのまわりにあり、水分の保持が役割です。そのため、ヒアルロン酸が減少すると肌が水分を抱えこむことができなくなり、全体的にボリュームがなくなります。そのため、目の下がくぼみ、影を作るのです。
くぼみによる黒クマはヒアルロン酸の減少も原因ですが、生まれつき目の下の眼窩脂肪が少ないケースや、骨格で目の下がくぼみやすいケースもあります。

黒クマの改善方法

目を指さす人

目元のボリュームを取り戻す

目の下の目袋が影になった黒クマも、目の下がくぼんでしまった黒クマも、目の下にボリュームを取り戻すことで症状の改善につながります。肌の真皮でハリと弾力を保つコラーゲン、エラスチン、繊維芽細胞、ヒアルロン酸はそれぞれがはたらいて肌の弾力を保っているので、どれか1つではなくすべてを平等に補う必要があります。スキンケアではコラーゲンやヒアルロン酸に着目した成分のものを選ぶようにしましょう。外からの与えるケア以外にも、内側からサプリメントで補うこともおすすめです。

眼輪筋を鍛える

目の下の眼輪筋が衰えることで眼窩脂肪が膨らんだり、目の下にくぼみができる原因となります。そんな時はジムでトレーニングをして筋肉をつけるのと同じように、目の下の筋肉も強くしましょう。目を思いっきりつむったり、大きく開けたりを繰り返すことで眼輪筋を鍛えます。様々な方法が動画サイトでもアップされているので、やりやすいものを探して実践してみましょう。眼輪筋のトレーニングは激しくやりすぎると目元のしわの原因ともなりますので注意しましょう。

美容手術で解決

目の下が膨らんでしまい、影になった黒クマの場合は膨らんだ部分の脂肪を除去することで黒クマが改善します。また、目の下がくぼんで影ができた黒クマにはヒアルロン酸を注入してふくらみをもたせることで黒クマが改善されます。黒クマの程度や骨格によって施術内容が変化しますので、担当医によく相談して行いましょう。

おわりに

影によってできる黒クマはなかなか改善が難しいですが原因を知ることでピンポイントなアプローチが可能です。自分のクマのタイプをよく理解し、それに合った対策を取りましょう!

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう