運動する順番で大きく変わる!?脂肪を燃やすメカニズムを知ろう

運動をする女性
ダイエット中、運動の順番を気にしたことはありますか?ジムに通ってダイエットをしているなら、その日の体調や気分に合わせて変えているなど、人によって運動の順番はさまざま。しかし、運動の順番はダイエット効果にも大きな違いを生みます。
ここでは、効率的なダイエットのために知っておきたい、運動の順番についてご紹介しましょう。

無酸素運動→有酸素運動がダイエットのベストマッチ

結論から言いますと、効果的なダイエットには、無酸素運動ののち有酸素運動という順番がベストマッチ。しかし、結論を知るだけでは、トレーニング中に自分の体内で何か起きているのかイメージしにくいと思います。そこで、まず脂肪が燃焼されるメカニズムを理解しておきましょう。

知っておきたい。脂肪が燃焼するメカニズム

さまざまな運動器具

最後のエネルギー源となる脂肪

日常生活でもトレーニング中でも、エネルギーが必要になったときには、筋肉に蓄えられているグリコーゲンが最初に使用されます。グリコーゲンは瞬間的なエネルギーを生み出せますが、持続性はありません。
次に使われるのは、肝臓で作られ血中にも存在するブドウ糖です。それでもエネルギーが足りないときに、ようやく脂肪が使われます。そのため、あまり運動しない人の体には脂肪が蓄積されてしまうのです。

脂肪の燃焼がはじまるのは運動開始から20分経ってから

上記のプロセスを知ることで、脂肪がエネルギーとして利用されるまでに時間がかかることを理解できます。
有酸素運動は最低20分継続するようにと言われていますが、その理由は、ここまで見てきた脂肪が燃焼されるメカニズムと関係しています。

有酸素運動だけでは不十分

有酸素運動を20分以上継続すれば脂肪の燃焼がはじまりますが、そのときに気をつけたいのが、脂肪だけがエネルギーとして使われているわけではないということ。
脂肪と同時に糖も使用されているため、1時間のジョギングをしても、糖と脂肪のエネルギーとしての利用比率は半々くらいだと言われます。
どうせきついジョギングをするなら、もっと効率的に脂肪を燃やしたい。そこで活躍するのが、無酸素運動です。

先に無酸素運動をするメリット

運動をする女性2

アドレナリンと成長ホルモンでショートカット

先に筋トレなどの無酸素運動をすると、成長ホルモンが分泌されます。もう少し詳しく見ると、交感神経が活発になり、アドレナリンが分泌されます。続いて、脳の下垂体から成長ホルモンが分泌され、これが脂肪を分解する強力なホルモンとして活躍します。そのスピードはとても速く、無酸素運動をはじめてから30秒から1分程度で分泌がはじまります。

遊離脂肪酸で効率よく脂肪燃焼

無酸素運動によって先に脂肪を分解し、血中に遊離脂肪酸として放出していれば、有酸素運動をはじめる時点で、すでにエネルギー源として脂肪を利用する準備がととのっているため、素早く脂肪をエネルギー源とすることができるのでう。
無酸素運動後に基礎代謝が上がるという点はよく指摘されますが、その代謝の過程で脂肪が比率も上がるため、有酸素運動中の脂肪利用比率もさらに高まることが知られています。

おわりに

ダイエットで重要なポイントは、そのダイエット方法での痩せるメカニズムを理解することです。
「なんでこうすべきなのか」ということをきちんと理解しておけば、継続する裏付けが得られるだけではなく、より効率的なダイエット方法を見つけることができます。

「かわいくなりたい」女性を応援中!
コスメ・美容情報を発信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう