もし日焼けしてしまったら?シミになりにくいアフターケアの方法

日焼けをした女性

うっかり日焼け止めを塗り忘れて外出して日焼けしちゃった!という経験ありませんか?紫外線を浴びた肌はダメージを受けてさまざまな影響が現れ始めますので、早めのケアが欠かせません。今日は日焼けしたお肌が受けるダメージのメカニズムと、できるだけダメージを軽くするためのアフターケア方法について紹介していきます。

日焼けをした肌の状態

アメリカの皮膚科学会によると紫外線は肌が老化する原因の80%を占めると言われており、その影響は多岐にわたります。
では、肌内部ではどんなことが起こっているのか、早速解説していきましょう。

日焼けした肌は軽いやけど状態

日焼けした肌は紫外線によるダメージで赤く腫れて熱を持ってしまい、ひどいときは水泡ができてしまいます。
これはやけどをしているのと同じ状態。紫外線を浴びてから半日ほどでピークを迎え、炎症は数日間続くこともあります。

メラニン色素の生成量が一気に増加

紫外線といえばシミをイメージする方も多いかと思いますが、まさにその通り。紫外線の刺激によって、シミの元となるメラニン色素を生成するメラノサイトと呼ばれる細胞の数が増加し、さらに生成に関わっている酵素も活性化するため、一気にメラニン色素の量が増加します。これは表皮内にたくさんのメラニン色素を作り出すことで、真皮などの肌内部まで紫外線を届かせないための防御反応であり、誰の肌でも起こることです。
生成されたメラニン色素はターンオーバーによって徐々に体の外へと排出されていきますが、繰り返し紫外線を浴び続けると、元々のメラノサイトの数自体が増えてより肌が黒くなってしまいます。さらにターンオーバーも乱れてメラニン色素が長く肌にとどまることになり、シミとなって肌表面へ現れてしまうのです。

紫外線は肌の乾燥やシワの原因にも

紫外線は皮膚を乾燥させたり、皮膚の中にコラーゲンを破壊する酵素を生み出したりすることでシワの原因を作ってしまうことも。年齢を重ねてからは特に影響が大きいので注意が必要です。

日焼けしたらオススメのケア7選

クリームを塗る女性
日焼けした肌はさまざまな問題を抱えていることがお分かりいただけたと思います。続いてはオススメのアフターケア方法7つをご紹介しますね。

すぐに冷やして肌を沈静化

炎症を起こしてほてった肌は、すぐに冷やして炎症を沈静化させましょう。ぬれタオルでも十分ですが、ひんやりタイプのミスト化粧水などを利用しても良いですね。お手元に抗炎症作用のあるハーブやビタミンCなどの成分が入ったスキンケア化粧品があれば沈静にピッタリです。

保湿ケアは念入りに

紫外線による肌の乾燥は、回復するまでにはかなりある程度時間が必要になります。また肌の乾燥状態が続くとターンオーバーの乱れにもつながりますので、日焼け後の保湿ケアはとても重要です。セラミドやヒアルロン酸など保湿効果の高い成分を配合した化粧品を利用して、毎日念入りに保湿ケアを行いましょう。

睡眠を十分にとる

傷んだ肌細胞を修復して、メラニン色素ができてしまった肌細胞をスムーズに体外に排出させるためには、新陳代謝を高めて肌の生まれ変わりを促す必要があります。肌の修復やターンオーバーは睡眠中に分泌される成長ホルモンによって行われますので、肌の修復を早めるためにも普段以上に睡眠をしっかりととることを心がけてください。

ビタミンCを積極的にとる

皮膚の修復や再生が行われる際には、たくさんのビタミンCが必要になります。かんきつ類やいちご、ジャガイモ、ブロッコリーといった、ビタミンCを多く含む食べ物を積極的に食べたり、サプリメントを利用したり、必要なビタミンCを補ってあげましょう。

リンパや血の巡りをよくして肌の代謝を高める

肌のターンオーバーを高めるために、リンパマッサージやツボ押しでリンパの流れをよくしてあげましょう。炭酸入りの化粧品などを利用して血流を促進するのも良いですね。

これ以上日焼けをしないように徹底ガード!

一度日焼けした肌が何度も日焼けするとさらにシミができやすくなってしまいます。日焼けした部分はこれ以上日焼けをしないように、紫外線対策もしっかりと行いましょう。

早めに美白ケアも開始しよう

肌の炎症が落ち着いてきたら美白ケアも始めていきましょう。日焼けがひどく水泡などができている場合は、刺激になる恐れもありますので控えたほうが良いでしょう。

おわりに

紫外線による肌のダメージって皆さんが想像されている以上に深刻なんです。美白化粧品は夏だけ使うという方もいらっしゃいますが、紫外線は一年中降り注いでいますので、年間を通じて使用しておくとシミ予防の効果もアップしますよ。ぜひ取り入れてみてください。

さくら
化粧品関連メーカーにて、化粧品に配合されるエキスの開発や薬事申請業務に従事しました。現在はフリーライターとして、美容関係の記事を執筆しています。
得意分野は肌トラブルの原因と対策方法の解説、化粧品に配合される成分の解説です。2016年に日本化粧品検定1級を取得。
大の広島カープファンで趣味は野球観戦です♪”